hidehide
お名前(ニックネーム可)
メールアドレス
パスワード
性別
すでに会員の場合はログイン
 »  »  » 「カウンセリングが怪しい」と思う方が少なくない理由とは?|カウンセラー 鶴田 みさ

「カウンセリングが怪しい」と思う方が少なくない理由とは?|カウンセラー 鶴田 みさ

更新日 2018年01月12日 |
カテゴリ: カウンセリング
「カウンセリングが怪しい」と思う方が少なくない理由とは?|カウンセラー 鶴田 みさ

カウンセリングというと「何だかよく分からない」「得体が知れない」、さらには「なんとなく怖い」と思う方も、少なくないかも知れません。それはどうしてなのでしょうか?カウンセラーの私が考える理由をいくつか書いていこうと思います。

カウンセリングは基本、「オープン」である

カウンセリングには、今かかえている症状(不安、うつ、身体症状など)を改善する、人間関係やキャリアの悩みを解決・改善する、など、利用する上でいくつもの目的が考えられますが、それをどうやって話して行くか、どうやってその目的に到達するかは比較的オープンです。

それと言うのも、カウンセリングは来談者とカウンセラーでいっしょに築き上げていくものであり、同じ「療法」やメソッドを使っていたとしても、その人その人、来談者とカウンセラーの組み合わせで違ってくるからです。 例えば、カウンセリング事例集のようなものを読んで、「こういう会話が展開されるのかな・・・」と予測をつけたとしても、事例集とは違った組み合わせ、相談内容ですからその通り展開するとは限りません。

このように、「予測ができない」ところが「カウンセリングは得体が知れない、怖い、不安である」という気持ちを起こさせるのでしょう。 しかし、そうした未知のものに踏み込んでみる、未知のものを探索してみる、といったことも、まさしくカウンセリングでの「学び」「体験」であり、カウンセラーはできるだけ安心してそれに取り組んでもらえるよう、配慮してくれるはずです。

カウンセラーは未知の他人である

友だちや家族などに相談するのと違って、カウンセラーはまったく知らない、赤の他人です。 元々、人間関係やコミュニケーションが苦手・・・という人にとっては、赤の他人であるカウンセラーに、友だちや家族にすら言えないことを話すというのは、気の重いでしょう。

しかし、実際に相談をしてみた結果、思ったより上手く話せたら?分かってもらえたら?こころが軽くなるのではないでしょうか。 はじめての出会いや人間関係に、ある程度不安があるのはごく自然なことです。 よく、「どう話したらいいのか分からない」「とりとめがなくて・・・」「上手く話せない」と言いつつも、話される方がいます。そのままでいいのです。

話があっちこっちに飛んだり、要領を得ないとしても、それを理解するのはカウンセラー側の仕事です。理解したことを、カウンセラーはまとめてフィードバックしてくれると思います。また、必要だと感じれば、ただ聞いているだけでなく質問をしてくるかもしれません。こうしたプロセスを重ねつつ、カウンセリングは進んでいくのです。

カウンセリングを始めるということは「新しい人間関係を始めること」ではありますが、通常の人間関係と違うのはタブーと思われることでも言っていい、他の人や場所で話せないことでも話していい、といったことなのです。 タブーにはいろいろありますが、病気や障害、犯罪がらみのこと、性に関すること、お金のこと、家族内などの秘密、などが挙げられます。 まさしく、それこそカウンセラーが「他人」として存在している意味なのです。客観的な「第三者」だからこそ、置かれた状況に振り回されたりすることなく、全体像を把握したり、解決の糸口を見つけるお手伝いができるのです。

また、カウンセリングを続けているうちに、だんだんと悩みを打ち明けて理解してもらうのが上手くなったり、人に応援してもらえるようになったりもするでしょう。

どうやってカウンセリングを始めるか?

とは言え、カウンセリングを始めるというのは勇気のいることです。もし始めようと思っている、または始めてみたのであれば、それ自体素晴らしいことです。 cotreeにはいろいろなカウンセラーがおり、プロフィールやメッセージなどもそれぞれのカウンセラーのページで確認できるようになっています。なんとなくこの人が話しやすそうだな、とか、興味があるな、というちょっとしたとっかかり、直感を信用してみましょう。

また、カウンセラーとの相性もあるので、話してみて違うと思ったのなら他のカウンセラーを試してみるのも手かも知れません。それはカウンセリング全般についてそうなのですが、cotreeのシステムでは特にそれがやりやすいようにデザインされているはずです。 ただ、通常、初回は相談や生活・人生の背景を聞いたりなど、どちらかというと「事務的」なことに費やされがちでもあるので、1回で判断せず2、3回やってみた方がいいかもしれません。

まれに1回や数回で状況が好転したり、なんらかのヒントをもらって何とかなったりということもあるかもしれませんが、カウンセリングは本質的には「即効性」のものではなく、ある程度の時間をかけて問題を解決していくものです。数回、数ヶ月、場合によっては数年ということもあり得ますが、確実に人生の方向を変えていくことはできるはずです。著者も数ヶ月から数年というのも経験しています。 とは言え、あまり先のことまで考えるといろいろ心配にもなってしまうでしょうから、まずは「はじめの一歩」を踏み出してはどうでしょうか。

質問に答えてマイカウンセラーを見つける

あなたにおすすめのコラム

>>> 同じカテゴリ(カウンセリング)のコラムをもっと見る
このページのトップへ