大草 正信(臨床心理士・学校心理士)

大草 正信

大草心理臨床・教育相談室

主宰 大草 正信

臨床心理士・学校心理士

ご挨拶

26年余、精神科医療・児童福祉・教育の3領域で心理臨床の専門職として仕事をしてまいりましたが、平成13年3月をもって公的機関を辞し、大草心理臨床・教育相談室を開設致しました。長年培ってきた臨床経験を生かし、心の問題であれば、大人から子どもまで、どんなことでも相談でき、問題が解決していける心理臨床・教育相談の活動を目指します。
心の失調で苦しんでいる人がいます。心の方向性を見失って悩んでいる人も多くいます。また、今よりもっと自分らしい生き方を探しながら迷っている人も多いようです。
混沌とした現代社会では、自分らしい生き方を見つけるために悩むことはとても大切なことです。そうして見つかる自分らしさは、とても貴重なものになるでしょう。そして、きっとみつかります。よい悩み方で自分が目指したい方向を見つけることができれば、これからのどんな苦境もきっと自力でなんとかできるようになっていけると思います。
大草心理臨床・教育相談室では、自分の望む方向性を見つけ、悩みが解決していけるようにスタッフ全員でお手伝い致します。

プロフィール

日本大学大学院心理学専攻修了後、横浜市南部児童相談所、横浜市養護教育総合センターを経て現相談室を設立。相談室代表の他に、横浜国立大学非常勤講師、県立保健福祉大学非常勤講師、青山学院大学附置相談室指導員、神奈川県教育委員会スーパーバイザーを兼務。

専門家へのインタビュー

インタビュー目次

Q1 先生は相談に来られる人の課題に対して、どんなアプローチをとっておられるのでしょうか。
Q2 利用者に合わせたアプローチをする上で、基本となる考え方について、教えて頂けますか。
Q3 利用者様に対して具体的にはどんな方法で「思い」を創り出していくのでしょうか。
Q4 心の問題にはいろいろありますが、先生の考え方でどんな課題に対応できるのでしょうか。
Q5 実際に相談に来るのはどんな方が多いのかお教えください。

施設概要

心の問題なら何でも、科学的な心理治療や教育カウンセリングで対応。

大草心理臨床・教育相談室

神奈川県横浜市緑区寺山町97田辺ビル2F1号
(最寄駅:中山駅)

相談内容・活動分野

対人関係の問題、うつ病、不安障害、不登校、引きこもり、思春期の問題、発達相談、適応障害、摂食障害(拒食症・過食症)、対人恐怖