竹内 愛

40代・女性・カウンセラー歴18年

音声通話
ビデオ通話
パートナー・プログラム
得意分野
不妊カウンセリング、教育分野(不登校、発達障害など)

cotreeからの紹介文

優しい雰囲気でお話しやすいカウンセラーさんです。病院でのご経験が豊富で、病気や障害を含め、様々なご相談にのっていただけます。現在はスクールカウンセラーや不妊治療のカウンセリングをされており、小中学生のお子さんをもつ保護者の方や、妊娠を希望されている方におすすめのカウンセラーさんです。

セッション 初回:5,500円/45分(2回目以降:5,500円/45分 )

先月 12月 翌月
27 28 29 30 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31

カレンダーにご希望の日時がない場合

「スケジュールをリクエストする」ボタンをクリックしてください。会員登録・ログイン後に、カウンセラーとメッセージ(ノート)を通してスケジュールの相談ができるようになります。

スケジュールをリクエストする
(会員登録とログインが必要になります)

カウンセラー詳細

得意分野
不妊カウンセリング、教育分野(不登校、発達障害など)
主な資格など
臨床心理士、公認心理師、生殖心理カウンセラー
経歴
大学院(臨床心理学)修了後、大学病院、精神科クリニック、リハビリテーション病院、教育相談室、小・中のスクールカウンセラー、婦人科・産婦人科クリニックで勤務

臨床活動の傍ら、研究をボチボチと進め数年かけて博士号取得 

資格 臨床心理士
   公認心理師
   生殖心理カウンセラー
メッセージ
みなさま、はじめまして。竹内愛と申します。

産婦人科・婦人科にて、生殖医療・不妊・出産前後のカウンセリングに携わる一方、教育現場でスクールカウンセラーをしてまいりました。

はじめの相談は、”不妊”や”不登校”であっても、そこから家族、幼少期、キャリア、対人関係、自分の性格、などなど様々な繋がりが見えてくることがあります。

どこから相談したらいいか、、、まとまっていなくて全く構いません。まずは、気になっていること、頭から離れないこと、からお話しください。

*その方によって合うアプローチは異なるので、私自身の引き出しは多くしたいと考え、新しい技法もリサーチしています。基本的には『問題にだけ捉われるのではなく、未来にも目をむけていく解決思考アプローチ』の考えを大事にしています。

可能な限り、スケジュールリクエストにも対応いたしますので、ご連絡ください。

利用者の声(4

  • 30歳代・女性

    子どもたちの意見がない中で私が動くと、私自身に迷いや不安、焦りが募ることが、2回のカウンセリングで気づくことができました。気づいたことや学んだこと全てがすぐに実生活で行えているわけではないですが、少しずつ家の中の居心地を良くしていくために、挑戦していきたいと思います。また迷うことや不安なことが出てくると思います。先生に定期的に話を聞いてもらうことで、自分では気づけなかった振り返りができている実感があります。次回もまたよろしくお願いします。

    2022年4月2日

  • 30歳代・女性

    今日はありがとうございました。
    いろいろと考えてしまう性格がかえって子どもを苦しめていたのかもしれません。相手の気持ちを聞く。親の弱みを子どもに見せることも、子どもとの信頼関係を作っていくのに大切なことなんだと思いました。
    まずは今日、気づいたこと、学んだことを取り組んでみたいとおもいます。
    具体的にエピソードを交えて子どものいい所を見つけてみます!

    2022年3月26日

  • 30歳代・女性

    はじめてのカウンセリングでしたが、受けて良かったです。
    子育てについての悩みで予約したのですが、無理をしすぎてしまう自分がいることに気づかせていただき、頑張るパターンにはまりやすいので、定期的に見直したほうがいいとアドバイスをいただけてよかったです。
    無料の電話相談などもありますが、ただ話を聞くだけということが多かったので、プロのカウンセラーに相談するのはアドバイスの仕方が違うなと思いました。今後悩んだときの選択肢に取り入れようと思います。

    2022年1月19日

  • 40歳代・女性

    私の思いを書き(吐き出し)、それを受け取り次の提案をしてくださる。ということを繰り返すことで、自分の引っかかりや思いに気づくことができ、スッキリしました。

    自分ひとりでは、なかなか今回のような気づきには至らないので、思いを受け取って頂いた上で、客観的なご意見やご提案を頂けることが良かったと思います。

    2020年5月16日