カウンセリングとは?内容や効果、料金について徹底解説!

更新日 2021年10月29日 |
カテゴリ: カウンセリング
カウンセリングとは?内容や効果、料金について徹底解説!

「カウンセリングを受けてみたいけれど少し不安」という方は多いのではないでしょうか。悩みや不安があり専門家に頼りたいと思っても、初めての予約をするまでには勇気がいりますよね。

今回は、安心してカウンセリングが受けられるよう、カウンセリングの内容や効果、料金についてご紹介します。

カウンセリングとは

cotree1379_1

カウンセリング

カウンセリングとは、不安や悩みを抱える人が、専門知識を持つカウンセラーとの対話によって、自身の力で問題解決できるようにサポートすることです。

悩みの内容は人によってさまざまで、対人関係に関する悩みから仕事に関する悩み、恋愛に関する悩みなど多岐に渡ります。

カウンセリングで悩みを打ち明けることで、ストレスを和らげたり、第三者の助言により新たな気付きを得られることがあります。

カウンセラー

カウンセラーとは、専門知識やスキルを用いて、悩める人が問題解決できるようにサポートする職業です。カウンセラーの持つ資格には統一されたものはなく、臨床心理士や公認心理師、産業カウンセラーやキャリアコンサルタントなどさまざまです。

認知行動療法や来談者中心療法、精神分析的精神療法など、相談者の悩みや状態に合わせた手法で、カウンセリングを行います。

カウンセリングとセラピー、コーチングとの違い

cotree1379_2

「カウンセリング」と混同されがちな言葉に、「セラピー」と「コーチング」があります。似たような意味に感じられますが、どのように違うのでしょうか。

セラピーとは

セラピーとは、薬や外科手術を使わずに、痛みや心の苦しみを治療することです。カウンセリングはカウンセラーが行うのに対し、セラピーは「治療する人」を意味するセラピストが行います。

セラピーの特徴は、「疲れをとること」、「癒しを得ること」が大きな目的となっている点です。セラピーにはさまざまな種類があり、その目的に応じて適切な効果が得られるセラピーがなされます。

セラピーとカウンセリングの違いとしては、カウンセリングは身体的なアプローチをしないことです。カウンセリングは話を聞いて助言・指導をし、精神面への働きかけを特徴としています。

一方、セラピーとカウンセリングの共通点は、どちらも相談者の精神に焦点を当てて、医療行為をせずに相談者自身の持つ力を引き出し、健全な精神状態へ導くというところです。

コーチングとは

コーチングは、相談者の能力や可能性を最大限に引き出して、目標達成をサポートする手法のことです。人材育成や、ビジネスで結果を出すためなどに用いられます。

コーチングの最大の目的は、「相談者がもつ夢や目標に向かって行動できるようサポートすること」です。相談者が目標達成できるように、モチベーションを高めたり自己成長を促したりするなど、精神面からサポートします。

コーチングとカウンセリングの違いは、相談者の精神状態や目的が違うことです。カウンセリングが不安や悩みを解消する目的なのに対し、コーチングを受ける相談者は、精神状態は落ち着いており、より高みを目指すためなど未来志向が強くみられます。

一方、コーチングとカウンセリングの共通点は、どちらも相談者自身のやる気や自己成長を促すところです。相談者が自身の力で問題解決をできるようにサポートするところは同じです。

カウンセリングの目的

cotree1379_8

カウンセリングの目的は人によってさまざまですが、以下のような目的でカウンセリングを受ける人が多いようです。

  • ・問題解決のための気付きを得るため
  • ・ストレスを和らげるため
  • ・誰にも話せない悩みを打ち明けるため

カウンセリングを通して、心の負担を軽くし、悩みの元となる問題を解決する力を身につけていきます。

また、相談者自身が自覚している不安や悩みのほかに、自身で気づいていない本当の問題などを、引き出すこともカウンセリングの目的です。

カウンセリングは、基本的に専門知識をもった公認心理師や臨床心理士、産業カウンセラーなどが行います。上手に話せる自信のない人でも、話しやすい雰囲気作りや働きかけをしてくれるので、安心して相談できます。

カウンセラーは、常日頃さまざまな相談者の悩みに対してカウンセリングを行っています。そのため、人に相談しにくい悩みでも、カウンセラーに対しては「どう思われるかな」「嫌われるかな」などの心配はいりません。

カウンセリングの目的は相談者によりさまざまですが、カウンセラーからのカウンセリングを受けることは、悩みを抱える人にとって、問題を解決する力を身につけ、前を向くための有効な手段といえるでしょう。

カウンセリングの手法

cotree1379_4

カウンセラーは、相談者の悩みや状態によって手法を使い分けます。

認知行動療法

認知行動療法は、うつ病や不安障害、統合失調症などさまざまな精神疾患に効果があることが実証されています。そのため、カウンセリングでよく用いられるメジャーな手法です。

認知行動療法とは、「自動思考」という出来事に対して自動的に自分の中に浮かぶ考えが、どの程度現実と食い違っているかを検証し、現実的で柔軟な考え方に変えることです。

自動思考は、感情や行動に影響を与えます。自分の思考のクセに気付き、前向きな思考や行動に修正することで、ストレスを軽減や問題解決ができるようになります。

認知や行動を修正することにより、感情や身体もコントロールできるようになります。例えば、自分を責めるような認知を修正することで、落ち込みや不安などの精神的反応や、ストレスで胃が痛むというような身体的反応の予防・軽減ができるでしょう。

瞬間的に湧き上がる感情は変えられませんが、認知は修正できます。認知の修正により問題を整理し解決できるようになるのです。

来談者中心療法

来談者中心療法は、カウンセラーが相談者に対して知識の押し付けや、「こうしたほうがよい」という指示はしません。相談者の話をよく聞き、共感し無条件に肯定することで、相談者自身が気付き、問題解決できるようになるよう導きます。

相談者自身が感じていることや意識、言葉や行動が一致していることを「自己一致」といいます。来談者中心療法ではカウンセラーは、相談者自身がありのままの自分を受け入れ、心を開けるようにカウンセリングをしていくのです。

また、相談者の話や相談者に起きた出来事を、自分のことのように共感します。共感は同情とは異なりますよ。来談者中心療法では、相談者をありのままに受け入れ、相談者と同じ目線に立ち、気持ちを深く理解しようとします。

来談者中心療法では、相談者の感情や行動を評価するのではなく、無条件に受け入れ、積極的に相談者を尊重します。相談者は、カウンセラーから自分自身を尊重される体験をすることで、心を開き自分自身を尊重できるようになるとされています。

精神分析的精神療法

精神分析的精神療法とは、精神分析の考え方にもとづき、自身の理解を深める手法です。心のあり方を、無意識の部分まで理解していくことを目指します。

精神分析的精神療法では、相談者が心の葛藤や不安を自由に話していき、カウンセラーと一緒に、心の中で起きていることについて考えていきます。

精神分析的精神療法は、無意識に心の中で起きていることを継続的に考えていく治療です。 十分な時間と回数が必要とされており、通常1回45分から50分の面接を、決まった曜日の決まった時間に週に複数回行われます。

そのため、相談者の主体的な治療意欲が必要となります。継続期間については特に決まりはなく、十分な改善が得られ、治療の必要がないと考えられる状態になった時に、相談者と話し合いのうえで終結となります。

カウンセリングの効果

cotree1379_4

カウンセリングによって、効果の感じ方には個人差がありますが、期待できる効果は多岐にわたります。

自己理解が深められる

第三者であるカウンセラーからの助言・指導により、自己理解が深められます。自分のことはわかっているようで、意外とわかっていないものです。

カウンセリングを通して、自分では気付いていない思考や行動のクセなど、「新たな気付き」を得られることでより自己理解を深められるでしょう。

心が軽くなる

家族や友人には打ち明けられない悩みでも、守秘義務のあるカウンセラーなら安心して話せるのではないでしょうか。人で悩むつらさから解き放たれるため、心が軽くなります。

また、カウンセラーに自身の状況や悩みの助言、共感をしてもらえることで、自身の悩みを客観的にとらえることができ、問題解決に近づきやすくなります。

精神障害の防止・改善になる

一人で抱え込まずにプロのカウンセラーに相談することで、精神障害の防止・改善になります。

一人で問題を抱え悩み続けることで、気付かないうちに精神障害に発展してしまうことがあります。カウンセリングで専門知識を持つカウンセラーに相談することで、重症化する前に問題解決ができる可能性があります。

カウンセリングの注意点

cotree1379_5

カウンセリングにはいくつかの注意点があります。注意点をしっかり守ることで、信頼関係を築き、安心して悩みを打ち明けられるのです。

カウンセラーの守秘義務

カウンセラーには守秘義務があります。カウンセラーは、原則相談内容を他言することはありません。また、カルテも厳重に保管されます。

守秘義務のおかげで、相談者は誰にも打ち明けられないような悩みでも、安心して相談することができるのです。

カウンセラーとの公私混同は禁止

カウンセラーは、相談者と個人的な関係を持つことを禁止されています。例えば、友人関係や恋愛関係に発展してしまえば、カウンセラーと相談者という関係性が崩れ、カウンセリングを効果的におこなうことができなくなってしまいます。

カウンセラーとは、自身の心の内側の深いところまでを共有するため、近い存在に感じてしまいがちです。しかし、カウンセリングを効果的に行うためにも、本来の目的を忘れず、公私混同は避けましょう。

カウンセリングの料金

cotree1379_6

カウンセリングの料金は、病院やオンラインカウンセリングなど、どのような場所で受けるかによって異なります。

カウンセリング料金の相場

カウンセリング料金の1回当たりの相場は、1回1時間あたり5,000~10,000円ほどです。病院で保険診療内で受けるのか、自由診療で受けるのか、民間のカウンセリングルームやオンラインカウンセリングで受けるのかによって、料金設定はさまざまです。

また、相談内容や相談者の状況によって、カウンセリングの手法や回数が変わります。継続してカウンセリングを受ける必要がある人は、継続できる料金設定の病院やサービスを選びましょう。

保険適用の有無

病院で病気と診断されて治療としてカウンセリングを受ける場合は、保険適用となります。

しかし、医師によるカウンセリングを受ける場合でも、自由診療であれば保険適用外となります。カウンセリングは一般的に保険適用外なので、どこでどのような形態で受けたいかによって料金は異なるので、注意が必要です。

カウンセリングが受けられる場所

cotree1379_7

カウンセリングが受けられる場所には、以下のようなところがあります。

  • ・病院の「心療内科・精神科」
  • ・民間企業や個人が運営する「カウンセリングルーム」
  • ・民間企業が運営する「オンラインカウンセリング」
  • ・教育現場にある「医務室・保健室」
  • ・企業内にある「相談室・カウンセリングルーム」
  • ・ハローワーク(公共職業安定所)
  • ・障害者職業センター

このように、カウンセリングはさまざまな場所で受けられます。自分の悩みに専門特化したカウンセラーがいる場所で受けるか、自分が相談しやすい環境で受けるのがよいでしょう。

教育現場にある「医務室・保健室」では、スクールカウンセラーが、学校での人間関係や成績に悩む生徒や、仕事内容や人間関係に悩む教員のカウンセリングを行っています。たとえば、不登校に悩む生徒であれば、保健室登校をしながらカウンセリングを繰り返し受けることで、不登校の改善につながります。

企業内にある「相談室・カウンセリングルーム」では、企業に勤めるビジネスパーソンが、産業カウンセラーやキャリアコンサルタントに職務上の悩みを相談できます。たとえば、職場での人間関係の悩みや仕事内容の適性などを相談することで、メンタルヘルスの改善や、仕事のパフォーマンスの向上につながる可能性があります。

オンラインカウンセリングを活用しよう

cotree1379_8

オンラインカウンセリングは、思い立ったとき気軽に、経験豊富なカウンセラーからカウンセリングを受けられるのがメリットです。

選べるカウンセリング方法

カウンセリング方法は、ビデオ通話や電話、テキストメッセージなどがあります。

ビデオ通話や電話によるカウンセリングでは、カウンセラーと一対一の対話によるカウンセリングを受けられます。カウンセリングを受けたいと思ったタイミングで、対応可能なカウンセラーに相談できるので、今すぐ話したいという心のニーズに対応しているのが利点です。

テキストメッセージによるカウンセリングでは、カウンセラーとメールやチャットなどで、メッセージのやり取りをします。話すことが苦手でも、気持ちを整理しながらじっくりと相談できるので安心です。

安心の経験豊富なカウンセラー

オンラインカウンセリングにカウンセラーとして登録する人は、厳正な審査を通過した、専門知識をもつ経験豊富なカウンセラーばかりです。

オンラインカウンセリングでは、自分の悩みに関することを専門にしている人や、話しやすそうだと感じる人など、カウンセラーを自分で選べます。

事前にどのようなカウンセラーなのか、どのようなカウンセリングを受けられるのかを知れるので、不安を感じることなくカウンセリングを受けられるのが嬉しいですね。

場所や時間を選ばないため気軽に受けられる

オンラインカウンセリングは、インターネット環境があればパソコンやスマートフォンなどを用いて、いつでもどこでもカウンセリングを受けられます。

通院の必要がないため、自宅でリラックスした状態でカウンセリングを受けられることが大きなメリットでしょう。生活時間の合間の好きなタイミングで受けられるので、カウンセリングに対する心理的ハードルも下がります。

悩みを抱える人と専門家をつなぐプラットフォームcotreeでは、オンラインカウンセリングを受けることができます。悩みがあるときは一人で抱え込まずに、カウンセラーに相談してみてはいかがでしょうか。

わたしってどんな人?

「また同じことでイライラしてしまった」「こうい人とのコミュニケーション苦手…」と感じることはありませんか?

いつも同じようなことで苦しむのは、自分が変われていないように思えて、辛いですよね。

もしかしたら、まず、自分のことを知るところから始めてみたら、少し楽になるかもしれません。

cotreeでは、あなたの性格タイプとあなたにぴったりのカウンセラーを、簡単な質問に答えるだけで診断できます。

無料で性格タイプを診断(1分)

あなたにおすすめのコラム

>>> 同じカテゴリ(カウンセリング)のコラムをもっと見る