オンラインカウンセリングに効果はあるのか?対面カウンセリングとの違い

更新日 2022年07月01日 |
カテゴリ: オンラインカウンセリング
オンラインカウンセリングに効果はあるのか?対面カウンセリングとの違い

対面でおこなうカウンセリングと比較して、オンラインカウンセリングは効果が得づらいのではないか、と感じる方もいらっしゃるかもしれません。

実際、箱庭療法など一部の療法はオンラインでは実践しづらく、また表情の変化や細かな身体の動きに気づきにくくなることから、対面カウンセリングのほうがよいと判断する方もいます。

しかしうつ病に対するカウンセリングの効果を測定した結果、対面療法を受けた方とオンラインで治療を受けた方との効果の差はほとんど見られなかった、という研究もあります。

むしろオンラインカウンセリングには、場所や時間を問わず実施できること等、さまざまなメリットがあります。

カウンセリングの効果

オンラインカウンセリングと対面カウンセリングの違いを見る前に、まずカウンセリングの効果についてご紹介します。

1. 受容し理解してもらうことで安心感を得られる

カウンセラーは心理の専門家として相談者に向き合い、あなたの第一の理解者になります。

最初は、「こんな話をしたら笑われるのではないか」「否定されるのではないか」と不安に感じるかもしれませんが、カウンセリングでは決してそういうことは起こりません。

今まで誰にも言えずに一人で抱えていた気持ちや、深い悲しみ、葛藤を言葉として表現して、カウンセラーに受け入れてもらうことで、少しずつ安心感を得られるのではないでしょうか。

2. 自己への理解を深められる

カウンセリングでは、いま悩んでいることや現在抱えている課題だけでなく、過去の経験や当時感じていたことなど、様々なことをカウンセラーと共に深掘りしていきます。時には心理の専門家から、認知の歪みや行動パターンについてフィードバックを得ることも。

そのような体験を通して、これまで気付いていなかった、自分の性質や考え方のクセを見つけられるかもしれません。

3. 行動を起こしやすくなる

一人で考え、実行していると、うまく物事を解決できなかった時や、計画通りにいかなかった時に、挫折してしまうことも多いと思います。

しかしカウンセリングでは、カウンセラーが伴走し、あなたの行動パターンや性質に合ったやりかたを一緒に模索していきます。そのため、一人では直面できなかった課題も、カウンセリングでは根本的な対応策を考えやすくなるのです。

また、カウンセラーとの信頼関係を築き、精神的な支えを得られることで、不安や緊張が和らぎ、行動を起こしやすくなる側面もあります。

オンラインカウンセリングの特徴

カウンセリングルーム等でカウンセラーと対面しておこなうカウンセリングとは、どういった違いがあるのでしょうか。代表的なものを5つご紹介します。

1. 自宅や好きな場所でカウンセリングを受けられる

通信環境の整った場所であれば、好きなところでセッションを受けられるのは、オンラインカウンセリングの最大のメリットと言えるでしょう。カウンセリングルームまで足を運ぶ必要がないので、時間的な節約にもなりますし、外出が難しい時でも負担なく受けることができます。

またカウンセリングルームに直接行く必要がないため、「近所の人にカウンセリングを受けていることを知られたくない」という人も安心です。

2.同じカウンセラーとのセッションを続けやすい

基本的にカウンセリングは、複数回受けることで効果が得やすくなるとされています。しかし引っ越し等のタイミングで同じカウンセラーとのセッションの継続が難しくなることも。

オンラインカウンセリングは通信環境さえ整っていれば実施できるため、ライフスタイルに変化があっても継続しやすい特徴があります。急な出張や転勤があっても、オンラインなら予定通り実施できます

3. 深夜・早朝の時間帯でもセッションを受けられる

対面カウンセリングだとカウンセリングルームの開所時間により、時間の制限があります。

しかしオンラインカウンセリング、特に海外で活動しているカウンセラーとのセッションの場合は、時差の関係もあり深夜や早朝でも実施しやすいため、自分の都合に合わせて時間を選べます。

4. 複数のカウンセラーのなかから自分に合う人を選べる

都心であれば複数のカウンセリングルーム・施設から選ぶことができますが、地域によっては近くになく、また行ける範囲であっても選択肢が限られている、ということもあると思います。

また、ひとつの施設に複数名のカウンセラーが在籍していることは稀で、相談者が選ぶのではなく施設からカウンセラーを紹介されることがほとんどです。

カウンセリングは、カウンセラーや流派によってアプローチが異なります。オンラインカウンセリングであれば、複数のカウンセラーのなかから、自分の相談したい内容に合う人を選ぶことができます。

5. 匿名性が高く、率直な気持ちや事実を話しやすい

直接対面して話していると、話した時の相手のリアクションも見えやすいですし、実名での利用が一般的なため、話のテーマによっては話しづらさを感じるかもしれません。

オンラインカウンセリングの場合は、ニックネームで登録できるサービスも少なくありません。匿名性が高いぶん、「普段は人に言えないようなことまで話せた」と感じる方も多くいらっしゃいます。

特にテキストでおこなうカウンセリングの場合は、顔を見せることもないので、より率直な気持ちを伝えやすくなるのではないでしょうか。

***

オンラインカウンセリングと対面カウンセリングにはさまざまな違いがありますが、カウンセラーと二人で課題について考え、改善のための行動を起こしていくことは共通しています。

大切なのは、安全だと感じられる場所で、信頼できるカウンセラーと対話すること。ご自身の相談したい内容や大切にしたい条件等を考えながら、どこで、誰のカウンセリングを受けるか、じっくりご検討いただければ幸いです。

■参考文献
Wagner, Birgit(2014). Horn, B. Andrea and Maercker, Andreas. Internet-based versus face-to-face cognitive-behavioral intervention for depression: A randomized controlled non-inferiority trial. Volumes. 152-154. 113-121.

経験豊富なカウンセラーを診断でマッチング!「cotree」

オンラインカウンセリングを受けてみたいけど、どのカウンセラーを選べばいいか分からない...
そんな時には、マッチング診断!
性格タイプ、相談内容やご希望に沿って、あなたにピッタリのカウンセラーをご紹介します。

マッチング診断を始める(無料)

利用された方の93%※が満足のオンラインカウンセリング

えらべる:2つのカウンセリング方法「話すカウンセリング」「書くカウンセリング」
みつかる:220名以上の経験豊富なカウンセラー
利用された方の多くが、カウンセリングの内容に満足、または継続したいとご回答されています。

cotreeのサービスを見る ※2021年11月時点のご利用者アンケートより算出

あなたにおすすめのコラム

>>> 同じカテゴリ(オンラインカウンセリング)のコラムをもっと見る