hidehide
お名前(ニックネーム可)
メールアドレス
パスワード
性別
すでに会員の場合はログイン
 »  »  » カウンセリングを受けてみた : ライターYagamiの体験談

カウンセリングを受けてみた : ライターYagamiの体験談

公開日 2015年02月19日 |
カテゴリ: カウンセリングを受けたい
カウンセリングを受けてみた : ライターYagamiの体験談

なぜ、カウンセリングを受けに行ったのか?

近年、カウンセリングを受ける人が増えていますが、実は私自身も以前に受けに行ったことがありました。理由としては、人間関係の不調でしょうか。どうも私は昔から人付き合いが苦手ですし、人と対面で話すことも苦労していました。それで少しは心持が楽にならないかと、カウンセリングを受けて状況を改善しようとしたのです。

どういうところでカウンセリングを受けたのか?

私は大学を卒業してから時間が経ち、現在は社会人をやっています。私がカウンセリングを受けていたのは、大学生の2年生から4年生までの2年ほどの期間でした。カウンセリングを受けた場所は、大学内にあるカウンセリングセンターでした。このカウンセリングセンターというのは、在籍している学生たちの心の問題について対応してくれる場所です。なお、カウンセリングセンターは、在学生であれば、在籍中はいつでも無料で利用することができます。また、カウンセリングをしてくれるのもプロのカウンセラーの先生方です。

カウンセリングで実際にどういうことをしたのか?

私はこのカウンセリングセンターへ行く前に、事前に心理学の知識を少し身に着けていました。大学の授業で心理学を勉強したということもあり、また当時は心理系の本を読むのが好きでした。ですから、予備知識から予想して、「箱庭療法」や「夢分析」や「サイコドラマ」みたいなことをカウンセリングでやってもらえるのかな、と思っていました。

しかし実際にカウンセリングを受けてみたところ、私の予想とは全く違うことをやりました。私の場合、対人面での問題ですので、カウンセラーがじっくりと話を聴いた方が良い、とのことでした。当時は、2週間に1回の30分のセッションをじっくりと受けていました。

念のため、「箱庭療法」や「夢」の解釈はやらないのか質問しましたが、先生からは「やらない」あるいは「出来ない」と言われました。そもそも「箱庭療法」や「夢」の解釈はユング派心理学の先生がやるセラピー技法だそうです。そのカウンセラーの先生は、ユング派のカウンセラーではないので、その手のカウンセリング技法はやっていませんでした。

「思っていたより、派手なことをやらないな」と感じたのがカウンセリングを受けたときの第一印象でした。また、カウンセラーの先生には、先生ごとにポリシーなりやり方を持っているようで、方針の都合や技術的な限界によって、やることや出来ることは限られているようでした。

カウンセラーは何をしてくれたのか?

ともかく、私はカウンセラーの先生に対して、自分が抱えている悩みを色々と相談してみました。小さな子どもの頃から人が苦手だったことや、人と話をするのでさえも一苦労してきたことを話ました。

一方で、カウンセラーの先生はあいづちを打って、ふむふむ、と聴いていました。たまに、私の話が不明確であった場合は言葉を明確にして確認を取られたことがありました。あるいは私がそのときその物事に対処したときにどういう感情を抱いたか、などの感想を求められたりもしました。

こういった作業が2年ほど続き、私は対人面での対応の仕方や自分の振る舞い方の反省などをみっちりとやりました。しかし実際に受けた感想として、「カウンセラーの先生というのは、良くも悪くも本当に話を聴いてくれるだけだな」と思いました。

真逆の例として、弁護士に法律相談をする場合、「では裁判をしましょう」とか、あるいは「この書類を行政に手続きしましょう」とか、そういった具体的なアクションを起こしてくれるわけです。しかし、カウンセラーの場合、ひたすら話を聴いて問題を整理する、という作業を延々と繰り返していたのです。

そして、カウンセリングを受けてどうなったのか?

私は結局、2年間ほど、上記で説明したようなカウンセリングを受け続けました。卒業の時期が来たとき、カウンセリングセンターをもう使えなくなるので、その先生が経営している街のカウンセリング相談所へ移るかどうかも聞かれました。参考までに相談料を聞いたところ、どうやら30分で5,000円ほど取られるようでした。思えば、私はそんな高価なカウンセリングを学生の身分があったので、無料で受けさせてもらっていたのです。

しかし、私は大学卒業と同時に、カウンセリングを卒業しました。カウンセリングを受けていた2年間ほどの時間で、私は私の中の対人面での問題をだいぶ整理できていたからです。むしろこれからは、社会に出て、今までカウンセリングで学んだ成果を自分の人生に活かして行こうと思いました。

実際に私は現在でもカウンセリングの相談へ再び帰ることはなく、自分の心の状態の管理やケアが出来るように自立しています。

質問に答えてマイカウンセラーを見つける

あなたにおすすめのコラム

>>> 同じカテゴリ(カウンセリングを受けたい)のコラムをもっと見る
このページのトップへ