自分のタイミングで悩み相談できる!メールカウンセリングとは?

更新日 2021年10月25日 |
カテゴリ: カウンセリング
自分のタイミングで悩み相談できる!メールカウンセリングとは?

よく分からないけれど、心がもやもやする。
人間関係で問題を抱えているが、相談相手がいない。

自分で現状を変えたいと思い、本を読んだり色々調べてみたものの、問題が解決されないとき、気になるのがカウンセリングです。でも、カウンセリングを受けるのは少しハードルが高いなと感じる人は多いのではないでしょうか。

もし家事や仕事で忙しく、スケジュール調整を億劫に感じてしまっていたり、費用がネックになっていたら、まずはメールカウンセリングを検討してみるのはいかがでしょうか。

メールカウンセリングとは?

cotree1376_1

メールカウンセリングとは、インターネットの普及により行われるようになった相談活動です。対面とメールを組み合わせてカウンセリングがなされることもありますし、メールのみでカウンセリングを行うこともあります。

メールカウンセリングの目的は、対面でのカウンセリング同様、クライアントの問題を解決するため、心理的なサポートを行うことです。

メールカウンセリングの効果は?

cotree1376_2

実際に会ってカウンセリングを行わないのに、効果はあるのだろうか?と不安な人もいるかもしれません。しかし、いくつかの研究において、メールカウンセリングにも効果があると認められています。

もともと、「書く」こと自体にセルフカウンセリング効果が見られるとされています。 まず、自分の考えを「書く」ことで自分の意見や気持ちの客観視が可能です。心理療法のひとつである認知行動療法では、自分の状況を正しく把握するために書き出す作業を行うこともあります。

時として、ライティングにより、心の奥底に隠れた感情が顔を出す場合もあります。「書く」行為そのものが、自分について理解したり、気がついていなかった問題に気づくのに有効な方法となりえるのです。

それ以外にもカタルシス効果と言って、頭の中にあることを書き出してしまうことで、心のイライラやもやもやなどが溶けだす効果も認められています。

初めてカウンセリングを受ける大学生を対象にした実験で、「対面カウンセリング」「ビデオカウンセリング」と「メールカウンセリング」を比較したものがありますが、それによると、「メールカウンセリング」において「不安の解消」が高く感じられたという結果が出ています。この実験では、通常のメールカウンセリングにおける匿名性の高さがなかったため更に検証が必要だとはされていますが、メールカウンセリングにどんな効果があるのかを知るヒントのひとつになりえるのではないでしょうか。

参照:岡本悠・松田英子『ビデオチャットカウンセリングの有用性に関する検討 ―対面カウンセリング及びEメールカウンセリングとの比較―』

メールカウンセリングのメリットとデメリット

cotree1376_3

メールカウンセリングに効果があることはいくつかの研究などから報告されていますが、デメリットもあります。利用を検討するにあたっては、メリットとデメリットを充分に考慮しましょう。

メリット

  • ・外出が難しい人でも利用できる。
  • ・対面のカウンセリングよりもスケジュール調整がしやすい。
  • ・匿名性が高く、自分のことを打ち明けやすい。
  • ・自分が書いたこと、カウンセラーからの返事が記録として残る。
  • ・不安や心配事を書き出すことにより、自分が考えていることの客観視ができる。
  • ・リアルタイムでの会話ではないので、じっくりと自分のペースで考えが整理できる。

デメリット

  • ・非言語情報(ジェスチャーや相手の表情など)がなく、カウンセラーとのあいだに誤解が生じる場合がある。
  • ・非言語情報がないため、自分の思いを表現するのが難しいことがある。
  • ・返信までに時間がかかるため、緊急性がある相談には向かない。

メールカウンセリングの料金

cotree1376_4

メールカウンセリングは、オンラインカウンセリング専門の機関、あるいはカウンセリングルームなどが対面のカウンセリングとは別にサービスを行っています。

オンラインカウンセリング専門の機関でメールカウンセリングを受ける場合、メールのやり取りは1回1,000円程度からです。また、サービスによっては、一か月間定額でメールのやり取りが何度でも行えるところもあります。1回1,000文字以内といった字数制限がある場合もあるため、ご注意ください。

オンラインカウンセリング専門の機関では、たいていお試し用のプランが用意されています。実際に数回試してみて、自分に合ったカウンセリングサービスかどうかを確認してみるといいでしょう。

また、文字を用いたカウンセリングには、LINEなどのSNSを用いたチャットカウンセリングもあります。チャットカウンセリングはリアルタイムでやりとりができるため、実際の会話に近い形でのカウンセリングが可能です。その場合には、1回50分といった時間制限がある場合もあります。

まとめ

cotree1376_5

メールカウンセリングはお互いの顔が見えないために、人に言いにくかった悩みや不安を相手に伝えやすいというメリットがあります。また、対面では、なかなか相手に自分の言いたいことが説明できない人は、じっくりと時間を使って悩みが整理できるので、緊張感がなく気が楽です。

通常、対面のカウンセリングは、1時間5,000円程度からで、1時間10,000円を超えるところもあります。カウンセリングは、治療が必要だと医師が認めた一部を除き、一般的には保険適用外です。そういった意味で、メールカウンセリングはコスト的な気安さもあるのではないでしょうか。

悩みや不安を抱え続けるのは苦しいものです。また、どのように対応すればいいのか、解決の糸口が見つからないのも心の負担です。心が疲れ切ってしまう前の対策として、メールカウンセリングという手段を覚えておくのはいかがでしょうか。

※現在、心療内科や精神科などで診療中の方は必ず主治医にご相談の上、ご検討ください。

経験豊富なカウンセラーを診断でマッチング!「cotree」

オンラインカウンセリングを受けてみたいけど、どのカウンセラーを選べばいいか分からない...
そんな時には、マッチング診断!
性格タイプ、相談内容やご希望に沿って、あなたにピッタリのカウンセラーをご紹介します。

マッチング診断を始める(無料)

利用された方の93%※が満足のオンラインカウンセリング

えらべる:2つのカウンセリング方法「話すカウンセリング」「書くカウンセリング」
みつかる:220名以上の経験豊富なカウンセラー
利用された方の多くが、カウンセリングの内容に満足、または継続したいとご回答されています。

cotreeのサービスを見る ※2021年11月時点のご利用者アンケートより算出

あなたにおすすめのコラム

>>> 同じカテゴリ(カウンセリング)のコラムをもっと見る