枝澤まり子

60代以上・女性・カウンセラー歴17年

音声通話
ビデオ通話
パートナー・プログラム
枝澤まり子
得意分野
慢性疼痛 不眠症 うつ病 発達障害 生きづらさ コミュニケーション障害

cotreeからの紹介文

柔らかい雰囲気のカウンセラーさんです。ご自身も慢性疼痛の当事者としての経験をお持ちで、慢性痛患者の支援を長く行われている慢性痛の専門家です。慢性痛や不眠症でお悩みの方、発達障害でお悩みの方などに特におすすめのカウンセラーさんです。

初回セッション:5,500円/45分(2回目以降:5,500円/45分 )

先月 10月 翌月
25 26 27 28 29 30 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 1 2 3 4 5

カレンダーにご希望の日時がない場合

「スケジュールをリクエストする」ボタンをクリックしてください。会員登録・ログイン後に、カウンセラーとメッセージ(ノート)を通してスケジュールの相談ができるようになります。

スケジュールをリクエストする
(会員登録とログインが必要になります)

カウンセラー詳細

得意分野
慢性疼痛 不眠症 うつ病 発達障害 生きづらさ コミュニケーション障害
主な資格など
公認心理師
経歴
大学卒業後、民放テレビ局で局アナウンサーとして勤務
フリーアナウンサーとしてテレビ東京経済番組などを担当した後、大きな交通事故で慢性疼痛患者となり、引退
家族の事情でオーストラリア居住中に、現地のペインマネジメント治療で寛解。コミュニティカレッジでCBT(認知行動療法)を学びました。日本に帰国してからは、開業医(整形外科、麻酔科など)のもとで、慢性痛患者のカウンセリングや、民間の心理相談室での心身症のクライアントさんのカウンセリングや、元局アナのキャリアを生かしてのコミュニケーショントレーニングを行ってきました。
現在は大学病院麻酔科、民間心理相談室に勤務しています。
メッセージ
はじめまして。
枝澤まり子と申します。
このページを訪れてくださってありがとうございます。

「自分がかつて患者だった」という経験が、カウンセリングをしていくうえで私の原点だと思っています。なかなか治らない痛みを抱えてうつ病も長く患い、お薬を服用したり、運動療法や心理療法を経験し、生き生きをした日常を取り戻すまでに沢山の医療者やカウンセリングのお世話になりました。その経験を、今苦しんでいる誰かにバトンをリレーして少しでも助けて差し上げられれば幸いです。

また、自分の話し方に自信が持てないという悩みを持っている方がもしいらしたら、プロミネンス話法というプロの話し方のトレーニングをしばらく受けてみてください。
話し方は才能ではなく、自転車に乗ったり料理を作ったりすることと同じく、トレーニングできるスキルです。自信を持ったコミュニケーションが出来るようになります。

よろしくお願いいたします。