たしろ さき

30代・女性・カウンセラー歴8年

ビデオ・電話
パートナー・プログラム
得意分野
家族・子育て支援、不登校、発達障害

cotreeからの紹介文

スクールカウンセラーとして、また適応指導教室の相談員としての経験を積まれているカウンセラーさんです。子育てについて相談したい方、、不登校や発達障害についてお悩みの方に特におすすめです。

初回セッション:5,500円/45分(2回目以降:5,500円/45分 )

先月 1月 翌月
26 27 28 29 30 31 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 1 2 3 4 5

カウンセラー詳細

得意分野
家族・子育て支援、不登校、発達障害
取得資格
臨床心理士、公認心理師
経歴
早稲田大学教育学部卒業、青山学院大学大学院文学研究科心理学専攻臨床心理コース修了。
日本心理臨床学会、日本ブリーフサイコセラピー学会所属。
不登校を支援する相談員、幼稚園・保育園・学童の巡回相談、東京都スクールカウンセラー、健康保険組合電話相談員として勤務した経験あり。
メッセージ
お読みいただき、ありがとうございます。

私のカウンセリングはブリーフサイコセラピー、中でも解決志向アプローチを用いることが多くあります。
その解決志向アプローチについて少しご紹介させていただきます。

解決志向アプローチは、臨床心理学の中でも理解がしやすいものだと言われています。そのため、臨床心理学の知識のない教育現場向けにもわかりやすい本も出版されています。
その解決志向アプローチの中に、3つの中心哲学というものがあります。

ルール1 上手くいっているなら、変えようとするな

ルール2 一度でも上手くいったなら、またそれをせよ

ルール3 上手くいかないなら、何か違うことをせよ

研修会で、「この3つを書いたメモを常にお財布に入れていつでも見られるようにして実行できれば、人生はうまくいく」と言われたことを今でも覚えています。

うまくいっていないことがあると、「問題点は何だろう?」、「もっと頑張らなければ…」、「自分は何にもできていない」と考える方も多いと思います。しかし、おつらい状況の中でそのように考えると、余計におつらくなってしまうことも少なくありません。
うまくいっていないと思われる状況でも、よくよく振り返ってみるとできていることが意外とあるものです。よろしければご一緒に、この中心哲学をベースにして、今できていることを振り返ってみることから始めてみませんか?

利用者の声(2

  • 40歳代・女性

    自分自身の問題について新たに気づくことができました。
    よく眠れるようになったし、鬱々と考えこむことも減りました。
    本当にありがとうございます。

    2021年12月6日

  • 40歳代・女性

    これまで自分だけで悩んだり努力したけど、うまく解消できませんでした。
    でも先生の働きかけにより、自分を深堀りして模索することができました。
    答えの糸口が見えたり、視座が変わったり、気が楽になったり、驚きの2週間でした。
    ありがとうございます。これからもよろしくお願いします。

    2021年10月9日