園部 純一郎

60代以上・男性・カウンセラー歴3年

音声通話
ビデオ通話
書くカウンセリング
園部 純一郎
得意分野
職場や身近な人の人間関係・低い自己肯定感・劣等感・後悔・不安・HSP・発達障害・恋愛・離婚

cotreeからの紹介文

落ち着いた雰囲気で、しっかり話を受け止めてくださるカウンセラーさんです。外資系IT企業在職中に資格を取得されています。職場の人間関係について悩まれている方、人生後半のキャリアに関する悩みを抱えている方に、特におすすめのカウンセラーさんです。

セッション 初回:5,500円/45分(2回目以降:5,500円/45分 )

先月 1月 翌月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 1 2 3 4

予約できる時間

1月30日(月)

カレンダーにご希望の日時がない場合

「スケジュールをリクエストする」ボタンをクリックしてください。会員登録・ログイン後に、カウンセラーとメッセージ(ノート)を通してスケジュールの相談ができるようになります。

スケジュールをリクエストする
(会員登録とログインが必要になります)

カウンセラー詳細

得意分野
職場や身近な人の人間関係・低い自己肯定感・劣等感・後悔・不安・HSP・発達障害・恋愛・離婚
主な資格など
産業カウンセラー、心理カウンセラー
経歴
大学卒業後、外資系IT企業で大手顧客への営業や管理部門の管理職、セールスの心理的・計数的支援業務にてパワハラ上司との摩擦や中間管理職の板挟み等を経験。その時に悩みを聴いてもらった親友が自死した際に話を聴いてあげられなかった後悔から、悩んでいる人の話を聴ける力を付けたいと考え、日本メンタルヘルス協会公認心理カウンセラー等の資格を取得。現在までに対面とSNS合わせ1000時間超のカウンセリングを実施。
メッセージ
はじめまして、心理カウンセラーで産業カウンセラーの園部純一郎です。
ここまでたどり着かれて、どんなカウンセラーがどんなカウンセリングをするのだろうと、とても不安なお気持ちだと思います。

私は共感的傾聴カウンセリングを得意としています。このカウンセリングはじっくり来談者のペースでお気持ちに寄り添ってお話しをお聴きすることで、現在の悩みの元になっている心の深いところの思い込みや心の傷に、来談者が自然と気が付き徐々に癒されていくというカウンセリング・スタイルです。

というのも、人は否定されず急かされもせず、じっくり傾聴され、相手が自分の事を理解し受け入れてくれたと心底感じることが出来ると、心の底に眠っている自覚していなかった思いや願いに気づくようになるのです。そうして自分を受け入れられるようになると、自分の気持や感覚に自信がもてるようになり、その自分の正直な気持ち・感覚を大切にするようになります。

自分のことを好きだと思えなかった人も、自分を好きだと感じられるようになり、他人から悪く思われるのではないか等の不安から解放され、他人の目や価値観に振り回されなくなり、良い人間関係が気付けるようになり、悩み事が減っていきます。物事や他人について悲観的な受け止め方をする傾向があった人も、現実を見つめ現実に即した感じ方をするようになれるのです。

この共感的傾聴カウンセリングに加え、必要に応じゲシュタルト療法やに認知行動療法、森田療法等他の様々なカウンセリング手法の良い点を取り入れて、貴方の悩みの解決に最適なカウンセリングを実施していきます。一度、小さな心の変化から体験し、人生を前向きに考えられるような経験をしてみませんか?

利用者の声(2

  • 50歳代・男性

    今、自分の考え方や行動に納得がいかないというか自分らしくないと思います。
    昔はどうだったのか?過去の人間関係も含め、色々な体験が今の悩みというか考え方に繋がっていると思います。一度、根付いてしまった価値観はなかなか変えられないと思いますが、継続的なカウンセリングをお願いしたいと思います。

    2022年12月19日

  • 30歳代・男性

    カウンセリングを行って頂きありがとうございました。ご提案頂いた日程が、カウンセリングを受けることを決めた翌日でしたので、まずすぐに話を聞いて頂けるという安心感を得ました。当日のカウンセリングも丁寧に話を聞いて頂き、自分の状況を客観的に見直すことができました。また、ロールプレイを行って頂いたことで、相手の立場を知る、というのはとても大切なことだという気付きを得ました。これらの結果、カウンセリング前にはなかった「期待するがゆえの指導」という前向きな視点が得られ、また仕事を頑張っていこうという気持ちになれました。ありがとうございました。

    2022年12月11日