hidehide
お名前(ニックネーム可)
メールアドレス
パスワード
性別

須田 桂吾

50代・男性・カウンセラー歴14年

須田 桂吾
音声通話 ビデオ通話

cotreeからの紹介文

離婚と子どもの問題を専門にしておられ、面会交流などについての専門的な知見を持っておられます。オンラインでの面会交流支援なども対応しておられます。離婚のこと、子どものこと、DVのことなどでお困りの方にぜひおすすめしたいカウンセラーです。

初回セッション:4,000円/45分 税別( 2回目以降:6,000円/45分 税別)

先月 11月 翌月
29 30 31 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 1 2

選択中のセッション

予約するセッションが選択されていません。
上のカレンダーから日付を選択して、「予約できる時間」にチェックを入れてください。

スケジュールをリクエストする
(カレンダーにご希望の日時が無い場合)

「スケジュールをリクエストする」ボタンをクリックすると、このカウンセラーとマッチングされ、ノート上でスケジュールの相談ができるようになります。(要会員登録)

スケジュールをリクエストする

カウンセラー詳細

得意分野
「離婚と子ども」の問題(面会交流支援等)、労働者メンタル支援、異文化カウンセリング等
取得資格
臨床心理士
経歴
1、心理臨床経験
平成13年4月~平成19年3月 宮城県内にて教育事務所専門カウンセラー、スクールカウンセラー等.
平成15年4月~ 須田心理相談室を仙台にて開業.現在は神奈川県秦野市に移転.
平成20年2月~ 児童福祉分野(社会的養護等)にて心理支援.
平成28年5月~12月 熊本地震の緊急対応スクールカウンセラーとして、熊本市内の学校現場において緊急支援(心のケア)に従事.
                                

2、主な研究業績等
(1)所属団体(職能団体および学会等)
日本臨床心理士会、神奈川県臨床心理士会、日本心理臨床学会、日本家族研究・家族療法学会、日本家族心理学会、日本家族<社会と法>学会

(2)学位
国際学修士、社会福祉学修士

(3)論文
① 修士論文「現代日本社会における労働者協同組合運動の可能性 ― 日本労働者協同組合連合会センター事業団の事例とともに」1995年
② 修士論文「アディクション関連セルフヘルプ・グループ(SHG)における回復、成長に関する研究 ― ナラティブ・セラピー的枠組みによるSHGの再構成の試み」2001年
③ 学術論文「離婚と子ども -親子の引き離し問題への施策的課題-」
家族療法研究,27(3),60-65頁 2010年

(4)著書
① 単著「離婚における父子の引き離し問題と,そのカルト化事例としてのDV冤罪 
− 社会構成主義的立場からの解決を模索して」(ムゲンブックス)デザインエッグ社、2016年

(5)報告
① 報告書(共著)「乳児院-児童養護施設における事後交流について」神奈川県児童福
祉施設協議会心理士会(調査研究委員会)、2016年

(6)その他
①  関連団体での活動等
ア.「被災地における離婚と子ども」をテーマとした相談会、勉強会等を、2011年7月9日を皮切りに2014年2月22日まで、被災地仙台にて計12回開催.

イ.神奈川県児童福祉施設協議会心理士会 
ⅰ 役員会監事(2012年4月から2014年3月までの第1期)
ⅱ 2012年4月の同会発足時以降調査研究委員会に所属した.

ウ. 東京管理職ユニオン(本部東京初台。組合員数490名)  
平成25年度~平成28年度(現在) 副執行委員長等の執行委員を歴任.
 労働組合および臨床心理士の立場から、就労継続支援および職場復帰支援等に携わる.

② 講演
ア.「漂流する子ども達 - 児童養護現場からみた子ども達を取り巻く社会の変容 -」神奈川県社会福祉士会西湘支部、2015年11月7日

③ ルポルタージュ
ア.「虐待生み出す “ブラック施設”化の実態」週刊金曜日 1075号、2016年02月12日                                 
                                                 以上
メッセージ
オンラインでの心理支援は、対象者との距離的制約の問題が軽減され、今後の可能性が見込まれる分野と考えられます。そうした特性も踏まえ、こうした支援をうまく活用してもらえたらと思います。
 また、私の場合、「離婚と子ども」の問題、労働者へのメンタル支援、異文化カウンセリング等については、特徴的な得意分野として挙げさせて頂きました。
 その他の領域に係るご相談や支援についても可能な範囲で応じさせて頂こうと思います。
 どうぞよろしくお願いします。

カウンセラー執筆コラム

他のカウンセラーを見る

質問に答えてマイカウンセラーを見つける
このページのトップへ