誰に相談すれば? 仕事の愚痴を言う時の注意点と吐き出し方

更新日 2018年11月09日 |
カテゴリ: キャリア・人生・仕事の悩み
誰に相談すれば? 仕事の愚痴を言う時の注意点と吐き出し方

重労働を押し付けられた時、理不尽な扱いを受けた時、つい誰かに仕事の「愚痴」を言ってしまった。そんな経験は誰にもあるのではないでしょうか?

しかし愚痴も時と場所を選ばないと、さらなるストレスの元になる危険性もあります。今回は仕事の愚痴の発散方法についてまとめました。

仕事場で愚痴を言うのが危険な理由

仕事の愚痴をこぼしたくなる相手は、その状況をわかっている同じ職場の人であることは多いです。しかし仕事関係の人に対して愚痴を言うのは、いくつかの点で危ない点があります。

文句ばかりを言う人と思われる

客観的に見れば会社の方針や会社に勤めている人の方が常識はずれで、あなたの愚痴は正当な主張なのかもしれません。

しかし多くの場合、愚痴はただの「文句」として会社にはとられてしまいがちです。口ばかりで現状を改善しようとする努力をしない人、と思われると会社からの査定にも影響してしまいます。

他の人に伝わって立場が悪くなる

職場で愚痴をこぼしてしまうと、誰がそれを聞いているかはわかりません。たとえ口が堅く信用できる相手であっても、職場ともなると友好関係以外の利害関係も絡みます。

もし愚痴を言っていることが上司など会社の人に伝わると、少なからず良くは思われないでしょう。下手をすると陰で会社の悪口を言っている人というレッテルを貼られて、組織に居づらくなってしまう可能性もあります。

仕事の愚痴は誰にどう言うべきか

仕事とは無関係な人に吐き出す

仕事の愚痴をこぼしたくなったら学生時代の友人など、仕事ではまったく関係のない第三者に言うことをおすすめします。

世間は広いようで狭いので社内の人はもちろん、取引先や同業者の方も避けるのが無難です。やや距離がある人の方が感情的にならず、冷静に愚痴を受け止めてくれることも多いです。

穏やかに話を聞いてくれる人を選ぶ

愚痴を言う相手は、しっかりと話を聞いてくれる人を選びたいところです。人によっては善意で「こうした方が良いよ」とアドバイスをくれる人もいますが、正論をぶつけられても逆にストレスが増すこともあります。

割り切れない気持ちがあるからこそ、愚痴が出てきてしまうわけですから。落ち着いてただ聞き手にまわってくれる人が、相談相手に適しています。

相談相手に配慮する

積極的に他人の愚痴を聞きたいという人はほぼいません。気の置けない友人だからとずっと仕事の愚痴を言ってしまうと、相手のストレスになることも少なくないです。

もしどうしても聞いてもらいたくなったら「あらかじめ愚痴を聞いて欲しいと頼む」、「時間を決めて話す」、「ちゃんとお礼は言う」など相手への配慮をしましょう。話せる友人を確保するためにも、時には人の愚痴を聞いてあげることも大切です。

文字にすることで愚痴を解消する

ノートに愚痴を書き出す

愚痴を言うのでなく、ノートなどに書き出してみることは意外に効果的です。誰かが聞いているわけではないので、自分の負の感情やストレートな気持ちも吐き出すことができ、人に迷惑をかけることもありません。

文字にすると客観的に自分の気持を眺めることができ、それだけでスッキリすることもあります。愚痴を言いたくなってしまう時は頭が混乱して、視野が狭くなっていることも多いです。頭がクリアになればふっと前向きな気持ちになったりします。

ネットの掲示板を利用する

いまはネット上に匿名で仕事の愚痴を言い合うような掲示板があるので、そこに書き込んで発散するという手段もあります。

個人的なノートと違って、誰かの共感を得られることもあるのが良さです。しかしネットは依存性が高く、他社の悪意や攻撃的な意見も目に飛び込んできやすいので注意が必要です。

仕事の愚痴を言わなくても良いために

ストレスとの付き合い方を見直す

仕事の愚痴を心にため込みすぎるのは不健全です。実際に不満を抱えたまま頑張り過ぎて、うつ病になってしまったなんてケースもあります。しかし少し厳しい言い方ですが、愚痴という行為そのものは状況を根本的に解決しません。

嫌なことがあるたびに強く憤りや憎しみを感じるとそれがくせになって、ネガティブさを感じやすくなるという悪循環になる恐れもあります。そんな時は自分が仕事のどんな時に、どんなストレスを感じているのか、明確にすることが大事です。

紙に書き出すなどしながらストレスの要因を分析すると、気持ちをコントロールしやすくなります。やはり愚痴は言わないに越したことはありません。

カウンセリングを受けてみる

専門家のカウンセリングを受けることも解決につながります。心の専門家のアドバイスは参考になることも多いです。最近は自宅でもオンラインでカウンセリングを受けることもでき、cotreeであれば 1回45分、5,000円と費用も抑えられます。愚痴を言わずにはいられないようなストレスフルな毎日から抜け出せないのであれば、一度検討してみてはいかがでしょうか?

終わりに

今回は「仕事の愚痴を言いたくなったら」というテーマで愚痴を言う時の注意点や、愚痴を言いたくなる気持ちとの付き合い方についてまとめました。気持ち良く働き続けるための参考になれば幸いです。

わたしってどんな人?

「また同じことでイライラしてしまった」「こうい人とのコミュニケーション苦手…」と感じることはありませんか?

いつも同じようなことで苦しむのは、自分が変われていないように思えて、辛いですよね。

もしかしたら、まず、自分のことを知るところから始めてみたら、少し楽になるかもしれません。

cotreeでは、あなたの性格タイプとあなたにぴったりのカウンセラーを、簡単な質問に答えるだけで診断できます。

無料で性格タイプを診断(1分)

あなたにおすすめのコラム

>>> 同じカテゴリ(キャリア・人生・仕事の悩み)のコラムをもっと見る