hidehide
お名前(ニックネーム可)
メールアドレス
パスワード
性別
すでに会員の場合はログイン
 »  »  » 恋愛は本能? 勘違い? 脳科学でわかる恋愛のメカニズム

恋愛は本能? 勘違い? 脳科学でわかる恋愛のメカニズム

更新日 2018年10月01日 |
カテゴリ: 恋人との関係・夫婦関係
恋愛は本能? 勘違い? 脳科学でわかる恋愛のメカニズム

「恋は盲目」という言葉がありますが、どうして恋愛は冷静さを失わせるのでしょうか。実は恋の盲目さには脳のメカニズムが影響しているのです。今回は恋愛と脳の密接なつながりをご紹介します。

恋愛は脳の勘違い?脳科学から見る恋愛のメカニズム

恋愛の始まりは錯覚から

恋愛の始まりは錯覚から起きると言われています。

例えば、オレンジの服を着ている人と青い服を着ている人であれば、オレンジの服を着ている人の方が優しいイメージがありませんか?また、アイスコーヒーを飲んでいる人よりもホットココアを飲んでいる人の方が暖かな印象を受けませんか?

それらは単なる服や飲み物であって、その人自身の性格を表現しているものではありません。しかし、ひとめ惚れに見られるように、ぱっと捉えた情報から、その人自身の性格を推測・錯覚することで、恋愛が始まるきっかけとなることは多いのです。

恋愛は脳を活性化!脳内物質やホルモンが分泌して「恋は盲目」に

恋をすると脳が活性化して「PEA(フェニルエチルアミン)」という脳内物質が分泌されることが知られています。PEAは意欲や集中力を高める「ドーパミン」という快楽物質の濃度を上昇させる働きがあります。その結果、好きな人と一緒にいたり、好きな人のことを考えたりすると、幸せで高揚した気持ちになり、ポジティブに毎日を過ごすことができるようになるのです。

しかし、PEAの働きで増えたドーパミンは冷静さを失わせるため、普段ならしない注意や配慮に欠けた行動が見られることがあります。

恋愛の賞味期限3年は脳の麻痺が解ける期限

PEAやドーパミンはずっと分泌されるわけではありません。PEAの寿命は短ければ3ヶ月、長くて3年程度と言われています。「恋愛の賞味期限は3年」とよく言われるのはそのためです。PEAの効果が薄れてくるとともに、相手のことを冷静に見るようになります。そこで、これまでは気にならなかった嫌いなところが見えてきてしまい、関係が冷え切ってしまうことがあるのです。

女性に多い?「恋愛脳」とは?

なりたい?やめたい?「恋愛脳」とはどんなもの?

恋愛と脳の関係について調べているときに「恋愛脳」という言葉に出会ったことはありませんか。これは「恋に落ちやすい脳(の持ち主)」を指す造語です。少女漫画には恋愛をテーマとしたものが多いように、女性に多いのではないかと考えられています。

恋愛脳にはメリットもデメリットもありますので確認してみましょう。

恋愛脳のメリット

恋愛脳のメリットは出会いに積極的になれることです。そのため先ほどご紹介したPEAが分泌するチャンスが多く、ポジティブに毎日を過ごすことができます。また恋をするために自分を磨こうという意識が高いため、女性であればキレイ、男性であればカッコいいという印象を与えることができます。

恋愛脳のデメリット

自分の恋愛に夢中になりやすいため、恋愛が生活の中心となってしまいます。恋愛がうまくいかないと全て手につかなくなってしまい、仕事や勉強に支障がでる可能性があります。

また周りが見えなくなってしまい、友人に対して一方的に自分の恋愛話をしてしまうため、うんざりさせてしまうこともあります。

脳科学を生かして幸せな恋愛を手にするポイント3つ

1.意識して笑顔を作ろう

幸せな恋愛をしたいと考えているなら、まずは意識して笑顔を作るようにしてみましょう。脳は表情から感情を判断する働きを持つことが脳科学での研究からわかっています。そのため、笑顔でいれば楽しさを感じることができます。楽しさをたくさん感じると最初は意識して作っていた笑顔も自然なものに変わってきます。

また、笑顔は相手に好意的な印象を与えるため、好きな人に自分の魅力を伝えるのにも効果的です。

2.第一印象を大切にしよう

自分の第一印象を良くするのも大切です。第一印象は半年経っても変わらないと言われています。「人は見た目じゃない」と言われますが、周囲を不快にさせるような服装や言動には注意してくださいね。あなたがどれだけステキな人でもその魅力が伝わらなくなってしまいますよ。

3.自分の心や身体を丁寧に扱う

恋にのめりこむと相手が一番大切な存在となり、自分をないがしろにしてしまいます。しかし栄養バランスの良い食事や早寝早起き、適度な運動など、自分の身体を丁寧に扱う生活をすることで、ネガティブな感情に振り回されず、心身ともに安定した状態を保つことができます。このように自分を大切にできることで相手の気持ちにも心を配る余裕が生まれ、相手を大切にできるのです。

恋愛は生き物としての本能と脳科学の知識のどちらも上手に使うことが大切です。どちらかだけだと恋愛にのめりこんだり、恋愛を楽しめなかったりと恋愛を楽しめなくなってしまいます。幸せな恋愛は人生に彩りを添えてくれます。この記事から得た知識がほんの少しでも幸せな恋愛の助けになれば嬉しく思います。

カウンセリングに興味が出てきた

cotreeのプログラムでは、カウンセリングやコーチングの専門家があなたの変化への道のりをサポートします。22の質問に答えることであなたにぴったりのカウンセラーがわかります。

質問に答えてマイカウンセラーを見つける

あなたにおすすめのコラム

>>> 同じカテゴリ(恋人との関係・夫婦関係)のコラムをもっと見る
このページのトップへ