hidehide
お名前(ニックネーム可)
メールアドレス
パスワード
性別
すでに会員の場合はログイン
 »  »  » オリエンタルラジオ中田敦彦さんも受けた「夫婦カウンセリング」とは?

オリエンタルラジオ中田敦彦さんも受けた「夫婦カウンセリング」とは?

更新日 2018年11月20日 |
カテゴリ: 子育て・家族関係
オリエンタルラジオ中田敦彦さんも受けた「夫婦カウンセリング」とは?

今年10月、お笑いコンビ「オリエンタルラジオ」の中田敦彦さんの良い夫やめました宣言が話題になりました。

中田さんは記事の中で、「夫婦カウンセリング」を受け、自らの言動とパートナーとの関係を見つめ直したと話しています。

ひとつの空間で、長い時間を共に過ごすパートナーとは、お互いを理解していても不満が生まれることもあります。

また、ストレスを感じていても、一緒に過ごしているがゆえに気持ちを吐き出すことや向き合うことが困難なこともあるでしょう。

そんな中で「夫婦カウンセリング」はお互いや自分自身を見つめ直し、問題に落ち着いて向き合うひとつの手段になります。

今回は、そんな「夫婦カウンセリング」についてご紹介します。

「夫婦カウンセリング」とは?

「夫婦カウンセリング」とは、夫婦やカップルなど、パートナーとの間に起こった問題や困っていることをカウンセラーに相談することです。

一度カウンセラーに相談することで、毎日一緒に生活する中で見えなくなっていたり冷静に考えられない問題に向き合うキッカケを作る機会になります。

しかし、「カウンセリング」という言葉に抵抗を感じることもあるようです。

「カウンセリング」への抵抗感

オリエンタルラジオの中田さんは、記事の中でこのように話しています。

妻の友人の間では、夫婦でカジュアルにカウンセリングを受けるのは珍しいことではないそうなんですが、とはいえ、屈辱的でした。自分としてはうまくいっているように思っていた。一方で妻のほうは、僕があまりにもどうしようもない夫だから、第三者であるカウンセラーに投げるしかないと判断をしたわけですよね」

出典:日経DUAL|中田敦彦 方針変更!「良い夫」やめました

「カウンセリングを受けることは、二人ではどうしようもうまくいかないから第三者に介入してもらうこと……」

このように考えてしまうと、カウンセリングがまるでネガティブな選択肢のように感じられます。

中田さん自身も、カウンセリングを受けることに当初はあまりポジティブな感情は抱かなかったようです。

たしかに、二人の問題は二人でなんとかしたいという考えは当然浮かぶことであり、尚且つプライベートな事を人に相談するのは少し抵抗のあることかもしれません。

受けるキッカケは?

「夫婦カウンセリング」に限らず、一般的にカウンセリングを受けるまで時間がかかる方は大勢います。

中田さんは「妻の友人の間では、夫婦でカジュアルにカウンセリングを受けるのは珍しいことではないそうなんですが」とお話しされています。

このように、二人の間でカウンセリングに対する印象は全く違っていたようです。

どういうこと? と聞いても、「あなたを責め立てているわけではないから、軽い気持ちで受けてみてほしい」と彼女も譲りません。何度か抵抗した末に、カウンセリング、受けたんです

出典:日経DUAL|中田敦彦 方針変更!「良い夫」やめました

中田さんの場合は、奥様が主導となってカウンセリングを受けることになったようですが、受けに行くまでどちらが先導するのかも関係性や知識によって違います。

もし今この記事を読んでくださっているあなたが、「夫婦カウンセリング」を検討されているのであれば、パートナーを先導することが、今最も重要なことになります。

軽い気持ちでお互い受けてみないか、一度落ち着いて向き合ってみないかといった言葉をかけてみることも大きな第一歩だと思われます。

しかし、「軽い気持ちで」カウンセリングは受けることができるのでしょうか?

次のトピックでは、実際に「夫婦カウンセリング」はどのようなことが行われるのかご紹介します。

実際にどういうことをするのか?

カウンセリングの方法

「夫婦カウンセリング」ではまず一人ずつで受ける方法と、初めから二人で一緒に受ける方法があります。

一人ずつカウンセリングを受けることの利点は、自分がパートナーに感じている不満や不安、困っていることなどを一度カウンセラーに話すことで一度冷静に状況を判断できるようになることです。

初めから二人で受ける場合は、二人の間でカウンセリングを受けることをお互い理解し、同時に何を求めるのか(どのような問題を解決したいのか)を明らかにした上でカウンセラーと話すことになります。

もし、パートナーがカウンセリングに抵抗があったり、二人で話しあうことが難しい場合は、最初は一人ずつ受けることが良いでしょう。

見つめなおす機会に

中田さんは「カウンセラーに話して初めて、自分も驚くほど不満がたまっていたことが分かりました」とお話しされています。

パートナーに先導されて受けてみたけれど、その結果自分が良いと思っていた行動がストレスの原因になっていることに気づくことがあるかもしれません。

パートナーとの生活は、一人だけのものではなく、二人のものです。相手の言動はもちろん、自分の言動も二人の生活に関係しています。

カウンセラーという第三者に相談することによって、自らを見つめなおす機会づくりになるのではないでしょうか。

cotreeの「夫婦カウンセリング」

cotreeでも「夫婦カウンセリング」を受けることができます。

cotreeでカウンセリングを受ける利点は、インターネットを利用するため病院などに行くことなく気軽に行えるところです。

パートナーが「病院まで行くのはちょっと…」と抵抗感を感じている場合は、インターネットでのカウンセリングを提案することで気軽さをより伝えることができると思います。詳しくはこちらをご覧ください。

関連記事:カウンセラーに相談する - オンラインカウンセリングのcotree(コトリー)

また、「夫婦カウンセリング」を希望される場合は、お問い合わせ窓口または、マイページの「ノート」からコーディネーターの小森までお伝えいただければと思います。

一緒に過ごしているからこそ、不満に対して感情的になってしまったり、それによって関係がより悪化する場合も考えられます。

「夫婦カウンセリング」を利用することで、具体的な改善策をカウンセラーと共に考え、ゆっくり向き合うことができるでしょう。

なんとなくモヤモヤしている方へ

「なんとなく辛い、なんとなく不安だなあ」と感じていませんか? また、「悩みを相談できる相手があまりいない…」と感じたことはありませんか?
心のモヤモヤは、知らず知らずのうちに、積み重なっていくもの。 そしてそれを、一人で抱え込んでいると、だんだん苦しくなってしまいます。
こちらでは、あなたが心のモヤモヤをどのくらい抱え込んでいるかを、知ることができます。

心のモヤモヤを知る

あなたにおすすめのコラム

>>> 同じカテゴリ(子育て・家族関係)のコラムをもっと見る
このページのトップへ