hidehide
お名前(ニックネーム可)
メールアドレス
パスワード
性別
すでに会員の場合はログイン
 »  »  » 気になるカウンセリングの料金…。相場や保険適用は?

気になるカウンセリングの料金…。相場や保険適用は?

公開日 2018年04月24日 |
カテゴリ: カウンセリングを受けたい
気になるカウンセリングの料金…。相場や保険適用は?

「カウンセリングを受けてみたい」という方の中には、「でも料金が高そう」、「いろいろ調べてみたけれども、料金の幅が広すぎて、どのぐらいが相場なのかわからない...」などと悩まれている方も多いのではないのでしょうか。

カウンセリングは、受ける機関によって、料金設定がさまざまです。また、同じ機関の中でも、地域やサービス内容によっても料金設定は異なります。一般的に、「地方よりも都会」のほうが、また、「話を聴いてもらうだけでなく、治療や薬の処方が伴う」ほうが、料金は高い場合が多いようです。他に、カウンセラーによっても料金は異なります。

今回は、機関ごとのカウンセリング料金の相場とその特徴を紹介します。

保険適用の場合も!医療機関によるカウンセリング

医療機関でカウンセリングを受ける際には、心療内科か精神科を受診します。心療内科も精神科も、どちらも人の「こころ」を扱う診療科です。それぞれの特徴は次の通りです。

【心療内科】

過敏性腸症候群などの心身症をはじめ、ストレスなどの精神的要因によって起こるさまざまな身体的症状、もしくは身体的症状が要因の精神症状の診療を主な領域としています。精神疾患については、うつ病や神経症性障害などの一部の心の病気のみ対象にしているところもあります。

【精神科】

うつ病・統合失調症・神経症性障害など、精神症状を伴う病気の診療を主な領域としています。精神科・神経科・精神神経科はいずれも同じものです。

不安、抑うつ、不眠、イライラ、幻覚、幻聴、妄想などの精神症状が主の場合は精神科、身体的な症状が主の場合には心療内科にかかるのが良いでしょう。ただし、厳密に役割の住み分けなどはされておらず、身体と心の症状が並存する病気については、どちらにいっても多くの場合治療が可能です。

病院・クリニックではカウンセリングを受けられないケースも多いですが、カウンセリングルームと提携していたり、クリニック内でカウンセリングが可能なこともあります。 提携のカウンセリングルームの場合には、民間のカウンセリングルームと同様の価格設定となります。クリニック内での保険外診療としてカウンセリングを提供している場合は、1回3,000円〜6,000円と設定しているところが多いようです。

クリニック内で保険が適用されるのは、主に以下の場合です。保険が適用される場合のカウンセリング料金は、通常3割負担で1,000円〜1,500円程度となります。

① うつ病などで、医師および看護師による認知療法・認知行動療法が実施される場合。
② 特定の精神疾患と診断され、医師による通院および在宅精神療法を受ける場合
③ 医師がカウンセリングを通院精神分析療法として行う場合

参考サイト

平成30年度診療報酬改定について

条件の詳細に関しては、各医療機関で確認するようにしましょう。

誰でも無料!国・自治体による相談窓口

国や各自治体では、誰でも無料で利用できる相談窓口を設置しています。話を聴くことがメインで、治療や診断はしません。場合によっては、医師などの専門家につないでくれるサービスもあります。無料相談の場合は、単発の相談には向きますが、継続的に同じカウンセラーと関係性をつくりながら変化を目指していくものではありません。有料カウンセリングと、うまくつけられると良いでしょう。

代表的な事業とその特徴を紹介します。

【こころの健康相談統一ダイヤル】

こころの問題について、本人だけでなく、家族など周囲の人も気軽に相談できるます。相談自体は無料ですが、通話料は発生します。

参考サイト

心の健康相談統一ダイヤル一覧

【保健所、保健センター】

こころの病気に関する不安や悩みのほか、アルコールや薬物などの依存症に関する相談ができます。医師などのこころの専門家に相談することもできます。

参考サイト

全国の保健所一覧

【働く人の「こころの耳電話相談」】

働く人やその家族、企業の人事労務担当者からメンタルヘルス不調などの相談を、電話ですることができます。

参考サイト

厚生労働省 働く人の「こころの耳電話相談」

「まずは、誰かに悩みを聴いてほしい」という人に、国・自治体によるカウンセリング事業は向いていると考えられます。

共通認識があるので安心!企業内カウンセラー/スクールカウンセラー

会社が契約している産業医や産業カウンセラーに、無料で相談できる場合もあります。通院が必要と判断された場合は、適切な病院を教えてもらえたり、病院に紹介状を書いてもらえたりする場合もあります。また、学校では、生徒だけでなく、保護者や教職員も無料で相談できるスクールカウンセラーがいるケースもあります。

まずは所属している企業や学校にカウンセリングサービスがあるか、確認してみてもよいでしょう。

選択肢の多さが魅力!民間のカウンセリング

民間のカウンセリングサービスの料金は、カウンセラーや地域、カウンセリング方法によってさまざまです。対面カウンセリングでは、7,000円〜15,000円程度と幅がありますが、約1時間で10,000円前後の場合が多いようです。民間のカウンセリングサービスは、薬の処方ができず、保険も適用されません。 「中長期的に自分と向き合っていきたい、より専門的な心理療法を受けたい」という人に向いているでしょう。

カウンセラーには、臨床心理士や精神保健福祉士、産業カウンセラー、キャリアカウンセラーなどの資格を持っている人や、資格は持っていないけれど相談を受ける経験が豊富な人など、さまざまな人がいます。また、カウンセリングの方法も、対面や電話でのカウンセリングからメールカウンセリングなど、いろいろな方法があります。

おわりに

こころの問題は、明らかに「解決した」と実感することはなかなか難しいでしょう。そのため、こころの問題をサポートするカウンセリングの料金が、高いか、高くないかと事前に判断することは難しいかもしれません。
また、金額が「これだけの料金を払っているのだから、しっかり自分と向き合っていこう」というモチベーションとして機能することもあります。カウンセラーとの相性も大切なため、料金が高いほど満足なサービスを受けられるとは言い切れない部分もありますが、まずは試しに受けてみて、カウンセラーとの相性を含めて考えていくという方法もあるでしょう。

オンラインカウンセリングの場合、賃料が不要なことなどから、他の方法と比較して料金が低く抑えられていることが多いです。たとえば、オンラインカウンセリングのcotreeでは1回45分、4,000円〜でカウンセリングを受けることができます。カウンセラーとのマッチングもできますので、まずは自分に合ったカウンセラーと気軽にオンラインで相談してみたい、定期的に自分と向き合っていきたい、という人におすすめです。

質問に答えてマイカウンセラーを見つける

あなたにおすすめのコラム

>>> 同じカテゴリ(カウンセリングを受けたい)のコラムをもっと見る
このページのトップへ