hidehide
お名前(ニックネーム可)
メールアドレス
パスワード
性別
すでに会員の場合はログイン
 »  »  » パートナーから突然別れを告げられたら?「復縁」へと繋げるための3つのコツ

パートナーから突然別れを告げられたら?「復縁」へと繋げるための3つのコツ

更新日 2016年12月14日 |
カテゴリ: 恋人との関係・夫婦関係
パートナーから突然別れを告げられたら?「復縁」へと繋げるための3つのコツ

「もう別れたい」--恋人や配偶者から別れを予期せぬ別れを告げられて、すぐに「わかった!それでは恋愛感情はこれで終り」とできる人はほとんど居ないはず。
「こちらは好きなままで居るのに、どうして?」「もう一度、なんとかしてヨリを戻したい」と思う人が多いことでしょう。 とは言え心理学のテクニックから考えていくと、ここで「別れない!」と頑張るのはあまり良い対処とは言えません。 相手から別れを告げられたら、一度はすんなりと別れてしまった方が良いことも多いのです。
ここでは「別れから復縁に繋げるため」の方法について、心理学的側面からご紹介をしていきます。

1. 「追いすがり」と「理詰め」は絶対NG

まず初めに、「人間の恋愛感情は、理屈や合理性、努力では生まれない」ということを思い出してみましょう。
相手を好きになった時「この人を好きになろう」「この人を好きになればメリットがある」と計算を考えて恋愛感情を持つ人は居ません。 もちろん「交際」や「結婚」は必ずしも恋愛感情を伴わなくてもできるものですが、「心の中」だけは理屈や合理性で捻じ曲げることができないのです。

相手が別れを告げてきた場合、その時点でのあなたに対する恋愛感情はすでに下がってしまっている状態。
そして別れの時にどれだけ「もう一度好きになってほしい」「努力するから」と追いすがっても、それらの行為は相手のあなたに対する好感度をどんどん下げることになります。 いわゆる「修羅場」になればなるほど、相手にもう一度恋愛感情を持たれる可能性は低くなるわけですね。

相手から別れを切り出されたら、「こちらとしては別れたくはないけれど、仕方がない」とアッサリと引いてしまった方が得策。 心理学ではいわゆる「惚れた方が弱い」という状態のことを「最小関心の原理(関心が低い側が強い権利を持つ)」としていますが、アッサリと引くことで「恋愛関係への関心が小さな状態」へと持って行き、相手と同等の主導権を握るのです。
愁嘆場が来ると覚悟していた相手は「自分に有ったはずの主導権(追われる側)」が無くなり、「別れが間違っていたかもしれない」「いい人だったのかも」という印象を強く残すことになります。

2. 別れの際に「ダメな理由」を抑えておこう

恋愛関係に一度ピリオドを告げる際には「良かったら、別れる理由を聞かせて欲しい」と依頼してみましょう。 この時大切なのは、どんな理由を持ちだされても絶対に反論しないことです。

一度反論や「そっちだって…」とい理屈での言い返しすれば、相手はそれ以上の説明は無用と感じ、強制的に関係を終了させようとします。 反対に「不満を抱えさせて申し訳なかった」「教えてくれてありがとう」という姿勢を貫けば、相手が交際関係時に持っていた不満、つまり「復縁の際にこちらが改善しておくべきポイント」をきちんと聞き出すことができるわけです。

また「他に好きな人ができた」という場合にも、相手はあなたとの恋愛における不満の解消を「他者との恋愛」に見出している可能性が大。 「自分に至らない点があった?」と水を向けて、不満点を聞き出しておきましょう。

なお「トキメキが無くなった」「異性として見られなくなった」というような理由があがる場合、相手は「恋愛」というものを人間の恋愛関係のうち「初期状態のみ」を恋愛としている可能性が高いです。
人間の恋愛感情はゆるやかな曲線を描き1年~3年で徐々に落ち着きを見せ、相手への穏やかな愛情へと変質していきます。 このような「穏やかな愛情」を「恋愛」だと見なせず、刺激や胸の高まり等のみを「恋愛である」と感じている人の場合、一旦の別離でまたあなたに「刺激」や「恋愛における障害(ハードル)」を見出し、復縁をする可能性は高いもの。
しかしその反面、半年~3年程度というサイクルを持って「再度の冷めから来る別離」が起こる可能性もあることは留意しておきましょう。

3. 「別れを考えてからの時期」を訊いておこう

復縁を狙う上で、ぜひ相手に訊いておきたいのが「別れを考えだした時期」です。 心理学では一般的に、復縁を狙う時期は「別れてから3ヶ月程度」を目安としています。 これには、人間がひとつの感情の興奮状態から冷めて落ち着くまでに大体100日程度がかかるという「感情曲線」があることが理由として挙げられるでしょう。

「別れを決断する」という一種の興奮状態にある相手が気持ちを落ち着かせ、もう一度あなたとの関係性を考えられるまでには大体3ヶ月程度がかかる…というわけですね。
もう一度やり直したいなと思ったら、別れてから3ヶ月後を目安に軽い内容で連絡を取ってみると良いでしょう。

ただしこれは、相手が「別れよう!」と決意してから時間が短い場合の話。 恋愛関係に不満や不安が生じていた時間が長かった場合、関係性をもう一度見直すには、それまでの期間の倍~3倍程度の時間を必要とすることもあります。
例えば喧嘩をして「別れる!」と相手が決めたのが一週間前であっても、「不満点には一年も我慢してきた」となれば、再構築をするには2年~3年以上という長期的な時間がかかることもあるのです。

おわりに

今回ご紹介した内容は、必ずしも絶対の復縁を約束するものではありません。
しかし相手が一度「別れ」を口に出した場合、それを飲まずに愁嘆場を演じれば、相手の心が完全にあなたから離れてしまう可能性はグングンと上がってしまいます。 少しでも復縁をする可能性を上げておきたいと考えるのであれば、「穏やかに引き下がる」ということを抑えておいた方が賢明です。

なんとなくモヤモヤしている方へ

「なんとなく辛い、なんとなく不安だなあ」と感じていませんか? また、「悩みを相談できる相手があまりいない…」と感じたことはありませんか?
心のモヤモヤは、知らず知らずのうちに、積み重なっていくもの。 そしてそれを、一人で抱え込んでいると、だんだん苦しくなってしまいます。
こちらでは、あなたが心のモヤモヤをどのくらい抱え込んでいるかを、知ることができます。

心のモヤモヤを知る

あなたにおすすめのコラム

>>> 同じカテゴリ(恋人との関係・夫婦関係)のコラムをもっと見る
このページのトップへ