hidehide
お名前(ニックネーム可)
メールアドレス
パスワード
性別
すでに会員の場合はログイン
 »  »  » 【将来が不安で辛い】今目の前のことを見つめ直すことでワクワクを取り戻す方法

【将来が不安で辛い】今目の前のことを見つめ直すことでワクワクを取り戻す方法

公開日 2017年03月28日 |
カテゴリ: もやもやする
【将来が不安で辛い】今目の前のことを見つめ直すことでワクワクを取り戻す方法

「自分はこのままで良いんだろうか」「先のことを考えると、不安になってしまう」 毎日をこんな気持で生きていませんか?

将来への不安さ心が押しつぶされそう、日々のことに手が付かない… そんな時には、「今、目の前」をもう一度見直してみましょう。

「先のことを考えるのに、目の前を見ても意味が無いのでは?」と思う人もいるかもしれませんね。 でもそんな人こそ、実は「今、目の前」を見直すことが大切なんです。

ここでは「今、この瞬間」に集中することでワクワクを取り戻し、日々をイキイキと過ごす方法について解説していきます。

1. 「今、良くないことがホントに起きている?」と考えてみよう

私達の心の「不安」とは、心理学では「自己価値を脅かすような破局・危険への漠然とした予感」とされています。 失敗をするのではないか、何かとんでもない間違いをするのではないか、笑われるのではないか、とりかえしのつかないことになるのではないか… 様々な「自分にとっての危険やリスク」を回避しようとして、不安な気持ちが生まれるのです。

リスクを回避する能力(危機回避能力)は、人間にとって良いものでもあります。 例えば「明日、雨が降るかもしれないな」と『不安』を感じた人が居たとしましょう。 「心配だから、傘を持っておこう」と準備をしておけば安心ですし、もしも本当に雨が降ってきたら役に立ちますよね。

ところがこのリスク回避の傾向が強くなりすぎてしまうと、今度は人生に良くない影響が出てきます。

「もしかしたら明日、どしゃぶりの雨が降ってしまうかも!台風クラスの暴風雨が来るかも!」
「だから、家を出るのを止めておこう、約束はナシにしよう、仕事に行くのを止めよう」

…極端なリスク回避とは、このような考え方なのです。 確かに天候が崩れる可能性は「あるかもしれない」わけですが、雨に濡れるというリスクを嫌いすぎた結果、あなたの人生に必要なものを失ってしまうかもしれません。

将来を考えすぎて苦しくなってしまう時、それは「将来の危機を回避しよう」という心が強くなりすぎている時なのです。 まずは今の不安について、「どんなことが不安なのか」を考えてみましょう。 その「不安の現象」は、今現在、起きているものでしょうか?

友人から笑われるかもしれない。では今現在、あなたは友達に笑われていますか? 人生が破滅するかもしれない。では今現在、あなたの人生は破滅しているのですか?

「未来」の不安とは、いまこの瞬間にはまったく起こっていないことばかりです。 起こってもいないことに対して不安で心を閉ざしてしまっていないか、心を疲れされてしまっていないかを考えてみましょう。 「あれ?今は何も起きていないじゃないか」--この点に気づくことが、ワクワクした人生を歩むための大切な一歩となります。

2. 「未来は今日が作る」と考えよう

5年後、10年後、20年後…そんな未来が不安になっている時、人の心は「未来だけ」に目が行ってしまっている状態です。 その分、足元である「現在」にはまったく心が向けられておらず、おざなりな「今日」を生きていることになります。

今日一日のあなたは、充実した一日を送れましたか?
仕事や家事に対して集中できていたでしょうか?
自分がやりたいことをやれていたでしょうか?

未来とは先回って考え選択するものではなく、「充実し、満足した今日」の積み重ねで生まれるものです。

将来的な長期目標がボンヤリとでもある場合には、それに対して「今現在」の自分が行えることをスタートしてみましょう。 また「目標がわからない」という時には、「今、自分がやるべきこと、やれること」に集中してみます。 一日を一生懸命に生きて行動した時、「良い未来」に一歩近づいたことになるのです。

3. 「やりたいこと」を1日にひとつでもやろう

「今、目の前の自分」に集中して生きるには、楽しい気分になれたり、一心不乱に取り組めるものが必要です。 一日の全てを「義務的」にこなすだけでは、なかなかこのような気持ちにはなれませんよね。

手帳やスマホのスケジュール機能の中が、「やらねばいけないこと(toDOリスト)」ばかりでいっぱいになっていませんか? 近年の研究ではtoDOリストを作る人のうち、その4割は「1日でリストを完了させられない」ということがわかっています。 終わらない義務ばかりに取り掛かり、心も体も疲れてしまう…これでは今現在の自分に集中することは難しいでしょう。

今日一日のスケジュールを組む時、「今もっともやりたいこと」「今の人生において、最も大切だと思うこと」を最優先にし、時間を確保することが大切なのです。

たとえ1日15分でも「今日も勉強に取り組めた」「運動の習慣を続けられた」といった優先次項がクリアできれば、今現在に対する心の充実度は変わっていきます。 その積み重ねは自分への自信(自己肯定感)へと変わっていき、やがては将来までも大きく変えていくのです。

おわりに

不安な気持ちを抱えたままで日々を過ごしていては、毎日の生活でもあなたの「本来の力」が発揮されず、良い将来を引き寄せられなくなってしまいます。

「今できることは何かな?」 「今、私がやりたいことってなんだろう?」 目の前の自分ができること・やりたいことにもう一度目を向けて、行動を開始してみましょう。 懸命に行動をすることが不安を拭い去り、ワクワクとした気持ちの原動力ともなってくれます。

質問に答えてマイカウンセラーを見つける 今すぐ相談サービスはこちら

あなたにおすすめのコラム

>>> 同じカテゴリ(もやもやする)のコラムをもっと見る
このページのトップへ