hidehide
お名前(ニックネーム可)
メールアドレス
パスワード
性別
すでに会員の場合はログイン
 »  »  » 「何もしたくない…」無気力状態を克服するためには

「何もしたくない…」無気力状態を克服するためには

更新日 2018年06月07日 |
カテゴリ: うつ病・憂うつな気分
「何もしたくない…」無気力状態を克服するためには

「仕事に取り掛からなくてはいけないのに、やる気が出ない...」
「今の状況を変えたいけれど、何もしたくない」

目の前にやらなければならないことはあるのに、やる気が出ないことはありませんか。そんな自分をただの怠け者とみなし、ますます落ち込んでしまう人もいるでしょう。

もしかすると、それはサボりや怠けではなく、「無気力状態」に陥っていることに原因があるかもしれません。

今回は、無気力状態の特徴、原因や克服のヒントを紹介します。

無気力状態の特徴

無気力状態に陥っているからといって、本来の性格が「何事に対しても無気力」というわけではありません。それまで積み重ねてきた努力が実らなかったり、自分の力だけではどうにもならないことがあると分かったりすると、自分を否定する気持ちになり行動意欲が減退します

参考サイト

無気力(ムキリョク)とは - コトバンク

たとえば、

「仕事を一生懸命頑張ってきたが、期待していた評価をもらえなかった」
「頑張って憧れの会社に入社したが、希望していた部署に配属されなかった」

などがあります。

つまり、目標に向かって努力できるような真面目な人の方が無気力状態に陥りやすいと考えられます。

無気力状態が続くとどうなる?

「そのうち治ると思っていたのに、いつまでたってもやる気が出ない」

慢性的な無気力状態は、さまざまなことに影響します。

仕事

無気力状態は、やるべき仕事に取り掛かるのに一苦労です。また、なんとか取り掛かることができても、低いモチベーションは集中を妨げます。仕事を終わらせるのに長い時間がかかってしまったり、ミスが増えてしまったりするかもしれません。

そして何よりも、「したくないことをしなければならない」状況にストレスを感じてしまいます。

人間関係

無気力状態は、人間関係にも悪影響を及ぼします。

「ただ仕事をサボっているだけなのではないか」

人によっては、やる気のなさをそう受け取るかもしれません。また、このように誤解されると、職場で厳しい評価を受けることもあるでしょう。

本当は怠けたいわけではないので、周囲にわかってもらえないことからストレスがたまっていきます。

うつ病など他の病気につながる可能性

無気力状態を原因とする仕事や人間関係のストレスは、蓄積すると、知らず知らずのうちに心に悪影響を及ぼします

また、無気力状態の人の場合、

「なんとなくやる気が起きないだけ」

と本人もそれほど状態を重くとらえていないことが多いため、改善が見られなかったり、悪化してうつ病など他の病気につながったりする可能性もあります。

無気力状態を克服するためには

新たな目標

期待通りの結果を出せなかったなど仕事が原因で無気力状態に陥ってしまった場合、新たな目標を持つことが克服方法のひとつです。

本業の仕事にもう何も期待できないのであれば、副業やパラレルキャリアで他のやりがいを見つけても良いでしょう。毎日の生活の中で、何かひとつでも生き生きと頑張ることは、無気力状態から抜け出す助けになります。

異なる環境

無気力状態を生み出した原因から完全に離れる方法もあります。転職や独立をすることで、仕事や人間関係をリセットしてやり直すことができます。

カウンセリング

「転職や独立なんて、そんな思い切ったことは無理」
「そもそも何にやりがいを感じられるかわからない」

そんな人は、カウンセリングを受けることをおすすめします。こころの専門家であるカウンセラーが、あなたと向き合い、一緒に解決方法を探していきます。

もう無気力状態にならないために

また、カウンセリングを受けることは「自分を見つめ直す」ことでもあります。

転職、転勤、昇進、退職、結婚、出産など人生にはさまざまなライフイベントがあります。もしかしたら、無気力状態を引き起こすイベントをこれから経験するかもしれません。

カウンセラーとの対話を通して自分を見つめ直し、自分の考え方の癖を認識することは、この先の人生にも役立ちます。

質問に答えてマイカウンセラーを見つける

あなたにおすすめのコラム

>>> 同じカテゴリ(うつ病・憂うつな気分)のコラムをもっと見る
このページのトップへ