hidehide
お名前(ニックネーム可)
メールアドレス
パスワード
性別
すでに会員の場合はログイン
 »  »  » 臨床心理士のカウンセリングを受けるには? 費用や受診方法を紹介

臨床心理士のカウンセリングを受けるには? 費用や受診方法を紹介

更新日 2018年10月04日 |
カテゴリ: カウンセリング
臨床心理士のカウンセリングを受けるには? 費用や受診方法を紹介

臨床心理士によるカウンセリングは、つらい悩みを相談したい、解決方法を知りたいといった時に強い味方になってくれます。しかし、相談が初めての場合、どのようにカウンセリングを受けたらよいか、また費用なども不安ではないでしょうか?ここでは、カウンセリングの費用や受診方法について詳細をご紹介いたします。

臨床心理士のカウンセリングを受けるタイミング

トラウマなど解決したい課題がある

トラウマやパニック障害など、心のケアによる解決が必要な課題がある場合には、臨床心理士のカウンセリングが有効です。

過去の記憶を思い出してつらくなることや、つらい記憶を連想する場面を避けるといったトラウマの症状があると、さまざまな場面で生きづらさとなってあらわれます。しかし、カウンセリングによって自分が安全であるという感覚を覚えることができれば、トラウマは解消に向かいます。

パニック障害についても同様です。不安を引き起こすものごとに対する認識を変えることによって、パニックの発生を防ぐことができます。

プロの意見を取り入れたい

カウンセリングは心の病気のためのものだけでありません。直面している問題に対して、心理のプロの意見を取り入れたい場合にも臨床心理士のカウンセリングが有効です。

たとえば、恋愛で悩んでいる時。臨床心理士は具体的なアドバイスは行いませんが、恋人や自分の言動が、どのような心理状態によって行なわれているのかを、理論的に明らかにしてくれます。言動の裏にある心理状態が理解できるようになると、おのずと自分の取るべき行動がわかるようになってきます。

臨床心理士によるカウンセリングの効果と費用

臨床心理士にカウンセリングを受ける効果

臨床心理士によるカウンセリングは、相談者の話を聞くことが中心です。しかし、ただ話を聞くだけではありません。話すという行為を通じて、相談者が自身で気づき、考え、解決できるようにサポートしていきます。必要であれば具体的なアドバイスを行うこともありますが、基本として自分と向き合える環境を作っていくものです。

カウンセリングの効果としては、打ち明けたことによって得られる安堵感、自分自身に対する客観的認識、そして行動や考え方の変化などがあげられます。

一方、精神科医のカウンセリングは、一般的に症状を知るために行われるものです。どのような治療が必要かを判断することが目的であることが、臨床心理士のカウンセリングとは大きく異なります。

カウンセリングにかかる費用

対面カウンセリングの平均料金は、都市部では1回10,000円前後、地方では7,000円前後が多いようです。カウンセリングルームの立地条件やカウンセリングの時間帯、カウンセラーの保有資格などによって料金に差が見られます。

悩みや症状の内容により、回数を重ねなければならない場合もありますので、ある程度の費用はかかると考えておいたほうがよいでしょう。費用の目安は、カウンセリング料金の相場は? 料金設定の理由と保険適用についてにおいて詳しくご説明しています。

カウンセリングは、多くの場合自費になります。臨床心理士によるカウンセリングが保険適用となるのは、精神科医との共同で治療としてカウンセリングが行なわれた場合のみです。医療費控除についても同様で、臨床心理士単独のカウンセリングについては、医療費とは扱われないため、控除の対象外となります。

保険適用の条件や医療費控除については、カウンセリング保険適用の3つの条件|保険適用外の理由と背をご覧ください。

臨床心理士のカウンセリングを受けるには?

臨床心理士のカウンセリングを受けられる機関

臨床心理士のカウンセリングは、主にカウンセリングルームで受けられます。カウンセリングのみを專門とする場所で医療機関ではないため、診断や投薬は対応できません。話や悩みをしっかりと聞いてほしいという場合には、カウンセリングルームの利用が適しています。

カウンセリングは、臨床心理士の在籍するメンタルクリニックや心療内科、病院などの医療機関でも受けられます。ただし、医療機関でのカウンセリングは治療を前提としていることが一般的です。

しかし、中にはカウンセリングを重視した治療方針のところや、別途保険適応外でカウンセリングを行っているところもあります。お悩みの内容とともに心や身体の状態を踏まえたうえで、自分に合った機関を選択するとよいでしょう。

すでに精神面や体調面の不調が強く、薬物を含めた治療を希望している場合には、医療機関での相談がおすすめです。

カウンセリングの受け方

カウンセリングを受けるには、まず相談したい機関へ予約を行います。当日は、置かれている環境や悩みなどを問診票に記入した後、自分の過去や現在の状況、悩みなどを打ち明けていくといった流れになります。

臨床心理士がカウンセリングを行っている機関を知りたい場合には、一般社団法人日本臨床心理士会のサイト内「臨床心理士に出会うには」から検索できます。また、精神科や心療内科など医療機関のHPにも、カウンセリングについて記載がありますので参考にするとよいでしょう。

カウンセリングを受ける際には、事前に悩みや相談の内容を整理しておくとスムーズです。予約の際に、相談の内容を先に伝えておくという方法もよいでしょう。どのような準備をしておけばよいか、アドバイスがもらえることもあります。

初めてカウンセリングを受ける場合、「いざカウンセリングの場になるとどのように話せばよいかわからない」と不安があるかもしれません。カウンセリングの場では、臨床心理士が話をしやすいようにサポートしてくれますし、苦痛を与えるような強引な進め方は行いません。安心して臨みましょう。

さいごに

臨床心理士によるカウンセリングは、悩みと向き合うには効果的ですが、費用面が心配ですよね。そのような場合は、オンラインカウンセリングを検討してみてはいかがでしょうか?

cotreeでは、臨床心理士をはじめとしたプロのカウンセラーのカウンセリングが1回45分、5,000円と、対面よりも安価で受けられますよ。

カウンセリングに興味が出てきた

cotreeのプログラムでは、カウンセリングやコーチングの専門家があなたの変化への道のりをサポートします。22の質問に答えることであなたにぴったりのカウンセラーがわかります。

質問に答えてマイカウンセラーを見つける

あなたにおすすめのコラム

>>> 同じカテゴリ(カウンセリング)のコラムをもっと見る
このページのトップへ