hidehide
お名前(ニックネーム可)
メールアドレス
パスワード
性別
すでに会員の場合はログイン
 »  »  » 未来を考えるために必要なこと~自分の希望と可能性に気づく~ | カウンセラー 植野 和美

未来を考えるために必要なこと~自分の希望と可能性に気づく~ | カウンセラー 植野 和美

更新日 2017年04月24日 |
カテゴリ: キャリア・人生・仕事の悩み
未来を考えるために必要なこと~自分の希望と可能性に気づく~ | カウンセラー 植野 和美

あなたの夢はなんですか?

こどもの頃、どんな夢がありましたか?空に浮かぶ雲を食べてみたいとか、補助輪を外して自転車に乗れるようになりたい、幼稚園の先生に憧れたり、…などさまざまな夢を見て過ごしてきたのではないでしょうか。最近はいかがですか?誰しも日々、いろいろな夢があると思うのです。

突然ですが、いまから3年以内にかなえたい夢をすべて書いてください。というといくつ書けるでしょうか。すらすら書ける人もいれば、書きかけて、ペンが止まってしまう人、頭を抱えて「夢なんてない。考えてこともない」という人もおられるかもしれません。

自分には夢なんてない

こどもの頃は、屈託なく、素直に夢を語れていたのに、いつの間にか、語れなくなってしまったという方がおられます。「失敗ばかりして、自分には何もできないと思うようになった」「自分なんかが、夢を見たらバカにされる気がする。」「努力してもかなわないとわかった」そんな声を聴きます。年を経て、さまざまな経験をし、思い通りにならない、努力が報われない、才能の限界に気づく…など人生は、子供の頃、描いたようには進まないことがたくさんあることに気づきます。

また、心の傷つきから「自分には何もない」「自分なんか」と、自信を失い、未来を考えることが怖くなって考えなくなってしまったということもあるのではないでしょうか。困難を乗り越えるために日々、精いっぱいで、考える余裕がなくなってしまっているのかもしれません。

忙しい日々の中でふと自分が立っている場所を眺めた時、まるで、未来に道が無いように感じることはありませんか?日々に忙殺されて、過去と現在だけが続いているような感覚…。そんなときも、「ああ、自分には何もない」「もう人生が行き止まりなのではないだろうか」そんな気持ちにすら、なるかもしれません。

人生の扉を外側にひらく

そうだなと思われた方がおられたなら、今まで本当にがんばってこられた方なのではないでしょうか。あなたは何もない人ではありません。一人でいろんなものを背負って、がんばってこられたのかもしれません。

そんな気持ちを一人で抱えず、誰かに話してみるのはいかがですか?カウンセリングもいいですね。あなたの心の扉、人生の扉を内側にではなく、外側にひらいてみることをおすすめしたいなあと思います。

未来を考えるための5つのヒント

現状に行き詰っているときは、未来を考えるために、心を休め、回復する必要があると思います。でもそれだけでは、「自分には何もない」と感じて未来が怖くなることがあります。大丈夫、未来は前から襲いかかってはきません。こっちから、一歩ずつ、近づいていくものです。

では、ここで、未来を考えるために必要なヒントを5つ、記します。

①自分を知ること

私はどんな人?これまでどんな経験、どんな人生を送ってきた人?を考えます。

②自分が大切だと思うことを知ること

価値観を確認していきます。何を大切にし、どんな風に生きたいですか?

③得意なことを知ること

小さなことから大きなことまで。自分の能力、いいところを見つめます。

④苦手な事、避けたいことを知ること

苦手なことを確認し、改善したほうがいいこと、避けたほうが安全なこと等、整理します。

⑤視野を広げること

視野が広がると、前に道がないと嘆くのではなく、360度、行き先があるということに気づきます。一人では視野が狭くなりがちので、人の意見をいろいろ聞くことはおススメです。引き出しを増やしましょう!

これらのことを、ご自身で行い、書いてみることをお勧めします。信頼する誰かに聞いてもらうと、もっといいですね。

未来について一緒に考えよう

未来を考えるためのヒント5つに加えて、大切なことがあります。それは、「元気になる」ことです。元気ってどこから出てくるのでしょう。一人で、元気が出る方法を考えてもわいてきません。元気になるには、ヒントで記した5つの「知る」を一人だけでがんばるのではなく、いろいろな人、場所にアプローチしながら、やっていくことです。応援や思いやりをもらって、元気になることもありますし、出会った人の個性に触れて、「この人、面白いなあ」と笑って元気になることもあります。音楽や季節の風に心動かされ、元気になることもあるでしょう。

どんなふうに、アプローチするのか、どんなふうに知っていくといいのか。それも含め、お話を聴かせて頂き、未来について一緒に考えよう、とキャリアカウンセリングを利用するのもおススメです。

「私にはもう未来がない」と小さくなって小さな声でカウンセリングに来られていた方が、カウンセリングや日々の周囲との関わりを重ねるうち、自分の可能性や夢に気づいて、自ら歩き始める姿に多く出会ってきました。誰の中にも、希望と可能性がある。それに気づくことで、元気になるのだと実感しています。

カウンセリングに興味が出てきた

cotreeのプログラムでは、カウンセリングやコーチングの専門家があなたの変化への道のりをサポートします。22の質問に答えることであなたにぴったりのカウンセラーがわかります。

質問に答えてマイカウンセラーを見つける

あなたにおすすめのコラム

>>> 同じカテゴリ(キャリア・人生・仕事の悩み)のコラムをもっと見る
このページのトップへ