hidehide
お名前(ニックネーム可)
メールアドレス
パスワード
性別
すでに会員の場合はログイン
 »  »  » 【行動力がある・意志が強い人になりたい人へ】ちょっとの工夫と積み重ねで自分を変える方法

【行動力がある・意志が強い人になりたい人へ】ちょっとの工夫と積み重ねで自分を変える方法

更新日 2017年03月26日 |
カテゴリ: 自分を変えたい
【行動力がある・意志が強い人になりたい人へ】ちょっとの工夫と積み重ねで自分を変える方法

「三日坊主で何をしても続かない」「いつもラクな方に流れてしまう」「優柔不断で、なかなか物事が決められない…」こんな悩みを、「自分の性質だから仕方がない」と諦めていませんか?

意志の強さや行動力は、必ずしも本人の資質で決まるものとは限りません。意思が強い人は、自分なりの「ブレない方法」を心得ていて、ラクな方へと流れないための工夫を自然に毎日行っているのです。

意志を強くし行動力を得るためには、一体どんな工夫をしていけば良いのでしょうか?ここではその4つのポイントについて解説していきます。

1. 2つの目標を作って紙に書く

強い意志を生む原動力は、たどり着きたい「目標」です。 例えば「ダイエットをしたい、痩せたい」と思っている人が居たとしましょう。

目標も無く漠然と「痩せたいな、痩せなくては…」と考えているだけでは、意志の生まれようもなく、目の前のラクさに流されてしまいます。

まずは「なんのために自分は頑張りたいのか?」そして「どんな結果が欲しいのか」を考えてみましょう。 そして、2つの目標を作ります。

まずは最終的な目標(長期目標)です。 先程のダイエットの例で言えば、「今年中に●キロ痩せる」といったものでも良いですね。

次に、短期的な目標を定めます。 結果を得られるまでに長い期間がかかるものだと人は意思が弱まってしまいがちなので、「ひとまずの目標」を立てることも重要なのです。 「来月までに1キロ痩せる」といったものでも良いでしょう。

2つの目標を作ったら、紙に書き出していつも目につくところに貼ってください。 この「常に目に付くところ」というのが重要です。 将来目標は、一度考え出しても意外と忘れてしまったり、曖昧になってしまいがち。 それを無くすために、日々「目標がある」ということを思い出す存在が必要なのです。

2. 生活の中の「選択肢」を減らす

意志を弱まらせる要素のひとつには、精神力の低下・心の疲れがあります。 毎日様々な決断で悩んでしまうと身体の前に心が疲れ、行動に移す力が残らなくなってしまうのです。

私達の生活の中では、例えば以下のような小さな「決断」の場面があります。

・朝食・昼食に何を食べるか
・今日の洋服は何を着るか
・週末には何をするか等

このような時、様々な選択肢を思い切って減らしてみましょう。 10個以上もある選択肢のメリット・デメリットを照らし合わせて「最上の結果」を求めるのではなく、「2つのうちどちらか」といった小さな選択肢にして、サッと決断をしてしまうのです。

特に1.で解説した「目標」と直接関連しない物事については、選択肢を大幅に減らしてしまった方が、精神的な疲れがたまりません。

3. 「悩んで解決するか」を最初に考える

クヨクヨと悩みそうになった時には、まず「今悩んで(考えて)、解決する問題かどうか」を思い出してみましょう。 天候のせいでスケジュールが押した、過去のトラブルを思い出した、自分の先天的な欠点について悩んでしまう… このようなことは、いくら悩んだところで「解決」には繋がりませんね。

悩めば悩むほど精神力を使い果たし、本来使うべき部分への意志力が弱まってしまうのです。 「自分の力では解決できないな」とわかったら悩むのをすぐにストップして、「今自分がやれること、やるべきこと」に切り替えてみましょう。

4. 「効率」を考えすぎない

意志力の弱い人に共通しているのが、「結果に対してはセッカチ」という点です。 早い結果を求めすぎるが故に、効率面ばかりを重視していませんか? 「一番はやく行ける近道」をスタート地点で探している間に、さっさとスタートした人が迷いつつもゴールに辿り着いている…ということも多いのです。

意志力のある人は、結果が一朝一夕で出てくるものではないことを知っています。 また一度の失敗を恐れず、失敗を糧として次に進むことができるのです。

例えば「右か左か」で一週間も悩むより、「今日は右!」と決めて行動をし、もしも違ったら翌日に「昨日は失敗だったから、今度は左」とすれば良いわけですよね。 大切なのは「最終的に目標にたどり着くこと」であり、「誰かとのレース」ではありません。 「早い結果」を望むのではなく、「今日の失敗もゴールへの一歩」と考えてみましょう。

おわりに

意志を強くし、行動力をつけるための4つのポイントはいかがでしたか? 最初は「なかなかうまくいかなかった」という人でも、毎日4つのポイントを意識して実践していくと、決断力も早くなり、自分の考えや行動がブレたり流されることが減っていきます。 まずは自分の目標をしっかりと考え、紙に書き出すところから始めてみましょう。

カウンセリングに興味が出てきた

cotreeのプログラムでは、カウンセリングやコーチングの専門家があなたの変化への道のりをサポートします。22の質問に答えることであなたにぴったりのカウンセラーがわかります。

質問に答えてマイカウンセラーを見つける

あなたにおすすめのコラム

>>> 同じカテゴリ(自分を変えたい)のコラムをもっと見る
このページのトップへ