hidehide
お名前(ニックネーム可)
メールアドレス
パスワード
性別
すでに会員の場合はログイン
 »  »  » 妊婦さんの情緒不安定を解消するには? つらい時は心療内科も

妊婦さんの情緒不安定を解消するには? つらい時は心療内科も

更新日 2018年08月03日 |
カテゴリ: 子育て・家族関係
妊婦さんの情緒不安定を解消するには? つらい時は心療内科も

新しい家族が増えることが分ったら、喜びに包まれることでしょう。しかし、妊娠中に情緒不安定になってしまうお母さんも数多くいます。なぜなら、妊婦さんはホルモンバランスの乱れなどが原因で、情緒不安定になるといわれているからです。ここでは、妊娠さんが情緒不安定になったときの正しいケアを知り、妊娠期間を安心して乗り越える方法をご紹介します。

なぜ妊婦は情緒不安定になるのか?

情緒不安定とはどういう状態か

情緒不安定とは、感情の起伏が激しくなったり、不安な気持ちでいっぱいになったりする状態のことを言います。ときには、自分の感情をコントロールできずに、周りの人にイライラしてしまったり、ささいなことで泣いてしまったりなどということもあるでしょう。

妊婦さんが情緒不安定に陥ると、ストレスを感じる状況になりますので、子宮の収縮などが促され、早産の原因になる危険性も否めません。ただ、情緒不安定になったからといって、すぐに胎児に影響を与えるわけではないので、早めにストレスを解消することが効果的です。

妊婦が情緒不安定になる原因

妊婦さんが情緒不安定になるのは、以下のような原因があります。

1. ホルモンバランスの乱れ

妊婦さんが情緒不安定になるのは、ホルモンバランスの乱れが大きく影響しています。女性ホルモンは、周期的に分泌されるのが一般的ですが、妊娠するとお腹の中の赤ちゃんを守るために、周期的にホルモンが分泌されなくなり、その量も多くなるといわれています。つまり、ホルモンバランスが乱れることにより、情緒不安定な状況が生じてしまうのです。

2. 仕事に復帰することへの焦り

仕事をしている妊婦さんは、普段なら何でもないと感じることにイライラしてしまったり、身体の調子が思わしくない今の状態を考えると、「果たしてこのままで仕事に戻ることができるのだろうか?」と大きな不安が襲うことがあります。

また、無事に出産できるだろうかという思いや、自分が休んでいる間に「社会から取り残されないだろうか?」という、ネガティブな考えが浮かぶことも少なくありません。

3. つわりなど身体的な負担

妊娠すると、妊娠前と比べて身体が変化します。例えば、つわりや食欲不振、吐き気などの症状が現れます。これらの症状には個人差があるものの、不快な気分になることが多いものです。身体と心はつながっていますので、このような身体的な負担から、情緒不安定に陥ることもあります。

情緒不安はいつから?時期ごとの心理変化

妊娠初期

妊娠初期は、妊娠2~4ヶ月のことを言いますが、情緒不安定は、早い人で妊娠最初期の0~4周で現れることもあります。この時期は、ホルモンの乱れや身体の変化などが顕著なため、ちょっとしたことでイライラしたり、泣いてしまったりという妊婦さんが多いようです。

妊娠中期

妊娠7ヶ月頃までは、心身ともに安定し始める時期だといわれています。しかし、お腹が目立つようになってきたり、胎動を感じるようになるため、不安を覚えたり、神経質になってしまうことがあります。

妊娠後期

妊娠後期は、よりホルモン分泌の量が増え、妊婦さんも身体を思うように動かせなくなります。それにより、イライラしたり、出産や出産後の心配などが頭をよぎるため、不安な気持ちが起こりやすくなります。

妊婦さんの情緒不安定解消法

自分の好きなことをする

情緒不安定になったときは、自分の好きなことに集中することで、嫌な気持ちを解消することが可能になります。例えば、お気に入りの映画をみたり、読書をするのも良いでしょう。また、きついときには、夫に家事をしてもらい、リフレッシュすることも大切です。

無理しない、我慢しない

妊婦さんは妊娠前と状況が違うので、今までのように無理をしたり、我慢をしたりすることは禁物です。心身ともに苦しいときは、無理や我慢をせずに睡眠を十分に取ったり、家事を手抜きするのも良いでしょう。

つらさ・悩みを相談する

「情緒不安定になっても頑張らなくては」と感じ、1人でその思いを抱え込むのは控えた方が賢明です。つらいときは、夫や家族などに、その悩みを相談することが大切です。人に話すことで楽になりますし、相手も自分の状態を、より理解してくれるようになります。

つらい時は、心療内科を受診しよう

心療内科に通うメリット

上記に挙げた情緒不安定の解消法を試してみても、なかなか効果が出ない場合は、心療内科を受診することも選択肢のひとつです。ホルモンバランスの乱れやストレスなどは、自分で解決できない場合もあります。医師を始め専門家の視点からサポートを受けることで、生活面や心理面でも大いに楽になることがあるといわれています。

また、情緒不安定には薬を服用することが有効なケースも多々あります。妊婦さんが服用しても、身体に影響がない薬も揃っていますので、心療内科を上手く活用することも役に立ってくれることでしょう。

受診するまでの流れ

心療内科の受診を決めたら、インターネットなどで情報を収集し、どこの病院に行くかを決めることが大切です。妊婦さんは遠出が大変なため、近くの心療内科を選ぶと良いかもしれませんね。

心療内科はほとんどが予約制ですので、まずは電話で予約したい日時を伝えましょう。そのときに、簡単に自分の症状を伝えておくと、受診時にスムーズに診察につなげることができるかと思います。受診の際には、保険証を忘れずに持参してくださいね。

妊婦の情緒不安定は一人で悩まないことが大切。

妊婦さんは、妊娠前と比べて、心も身体も大きく変化しています。妊娠前には感じなかった情緒不安定な症状が現れても、不思議なことではありません。

また、体調が思わしくなく、外に出かけられない場合は、オンラインカウンセリングを申し込むのも良いでしょう。cotreeでは、プロのカウンセラーがビデオや電話でカウンセリングサービスを提供していますので、試してみてはいかがでしょうか?

質問に答えてマイカウンセラーを見つける

あなたにおすすめのコラム

>>> 同じカテゴリ(子育て・家族関係)のコラムをもっと見る
このページのトップへ