hidehide
お名前(ニックネーム可)
メールアドレス
パスワード
性別
すでに会員の場合はログイン
 »  »  » 仕事での失敗から立ち直れない時はどうする?経験を成長に繋げる方法

仕事での失敗から立ち直れない時はどうする?経験を成長に繋げる方法

更新日 2018年11月13日 |
カテゴリ: キャリア・人生・仕事の悩み
仕事での失敗から立ち直れない時はどうする?経験を成長に繋げる方法

「また仕事で失敗してしまった」と落ち込んでしまう方は多いのではないでしょうか。仕事は、日常生活の大半を占めていることもあり、失敗が頭から離れないこともありますよね。しかし、いつまでも必要以上に落ち込んでいては先に進めないこともあります。ここでは、仕事で失敗したときの心構えや解決法などについてご紹介します。

仕事で失敗ばかりする人の特徴

プレッシャーに弱い

仕事で失敗が多い人は、プレッシャーに弱い傾向があるといわれています。仕事をする前から、「自分に任せられた仕事を上手く進めていくことができるだろうか」「失敗したらどうしよう」など、仕事に対して必要以上に心配したり、不安を抱え込んでしまったりすることがあります。そのため、自分のメンタルを上手く保つことができなくなります。

自信がなくネガティブ思考

どんな仕事にしろ、責任がともなうものです。しかし、仕事をするときにネガティブに考えすぎてしまうと、失敗率が高くなることがあります。たとえ、自分が十分にできる仕事だったにしても、「この仕事は自分には不可能だ」と信じ込んでいては、どうしてもマイナスな感情に引きずり込まれてしまいます。

認めずに振り返りをしない

どんなに仕事ができる人でも、100%成功ばかりというわけではありません。しかし、仕事ができる人は、自分が体験した失敗に対して、「なぜ失敗したのだろうか」「次回からどうすれば失敗を減らしていくことができるだろうか」など、自身の失敗を認めたうえで、その過程を振り返ります。ところが、仕事で失敗ばかりしている人は、自分の失敗を認めず、なぜそうなったかという振り返りをしないことが多いものです。

落ち込んで、不安な時…切り替えて立ち直る方法

自分のせいだと気にしすぎない

仕事での失敗を「自分が悪いからこうなったんだ」と捉え、必要以上に自分を責めていませんか? しかし、仕事というものは連携プレーです。ひとつの仕事を仕上げるまでに、何人もの人が失敗を重ねながら軌道修正していくことは多く見られます。自分以外にも失敗をしている人が全くいないというわけではありません。自分だけせいだと思い過ぎず、責任は分散されていると考え、次回の仕事に活かしましょう。

休日に気分転換をする

仕事で失敗すると、仕事を離れたプライベートな時間でも、そのことについて頭がいっぱいになることもあるでしょう。そのようになってしまうと、心が休まらず悪循環に陥ってしまいます。そのため、休日は仕事から離れるように心がけた方が賢明です。自分の趣味に熱中してみたり、逆にのんびりと何もせずに過ごしたりなどの気分転換を図りましょう。

泣きたい時は泣いていい

仕事で失敗すると、悔しさや悲しさが込み上げてくることが多いものです。ただ、「このぐらいのことで泣いてはいけない」と自分の気持ちをついつい抑えてしまっていませんか? しかし、人間には喜怒哀楽の感情があるため、思いがこみ上げてくるのは当たり前のこと。感情を素直に出した方が、ストレスも溜まりにくいといわれています。職場で泣くことができないのなら、自宅で思いっきり泣くなどし、自分の気持ちを受け入れ発散しましょう。

失敗した経験から学ぶための3つの方法

1. 対策をノートに書き、内省する

自分の頭の中で仕事の失敗について、「次はこうしよう」と考えることもあるでしょう。しかし、頭の中で考えただけでは、時が経つと忘れてしまう危険性があります。そのため、仕事に対して気を付けたいポイントをノートなどに書くことが大切です。文字で現したものは、いつでも見直すことができるので、客観的に内省することが可能ですし、忘れにくくもなります。

2. 上司や先輩に相談する

恥ずかしい気持ちが先行し、仕事の失敗を自分だけで抱え込んでいませんか? 苦しいことや嫌なことは、黙っていればいるほどストレスが溜まってしまうものです。もし、あなたに信頼できる上司や先輩がいるのなら、彼らに相談することで、気持ちが楽になることもあります。また、上司や先輩も仕事で失敗した経験を持っているはずです。ときにはその失敗談を聞くことで、自分の悩み解決へのヒントが見つかるかもしれません。

3.専門家に相談する

仕事に失敗して、心身ともに体調を崩してしまったり、不調が長く続いたりする場合は、専門家に相談することも選択肢の一つに入れましょう。例えば、心療内科やカウンセラーのもとを訪れてみることも大切です。専門家は、さまざまな人の悩みを聞いてきた経験や、プロとしての知識や技術を持っていますので、より適切な解決策や助言を与えてくれるでしょう。

まとめ

責任感の強い人ほど仕事の失敗を重く捉えてしまいます。しかし、失敗は誰にでも起こるもの。そのことをあまり気にしすぎないことが大切です。ただ、ときには不安になったり、落ち込んだりすることもあるでしょう。そのような場合は、気軽に申し込むことができるオンラインカウンセリングを試してみてはいかがでしょうか。cotreeでは、多くのカウンセラーが在籍し、好きな日時に相談をすることができます。嘘のように心が軽くなるかもしれませんよ。

カウンセリングに興味が出てきた

cotreeのプログラムでは、カウンセリングやコーチングの専門家があなたの変化への道のりをサポートします。22の質問に答えることであなたにぴったりのカウンセラーがわかります。

質問に答えてマイカウンセラーを見つける

あなたにおすすめのコラム

>>> 同じカテゴリ(キャリア・人生・仕事の悩み)のコラムをもっと見る
このページのトップへ