hidehide
お名前(ニックネーム可)
メールアドレス
パスワード
性別
すでに会員の場合はログイン
 »  »  » 仕事がしんどい時はどうする? 心が疲れる前に試したい4つの対処法

仕事がしんどい時はどうする? 心が疲れる前に試したい4つの対処法

更新日 2018年09月18日 |
カテゴリ: キャリア・人生・仕事の悩み
仕事がしんどい時はどうする? 心が疲れる前に試したい4つの対処法

仕事を頑張れば頑張るほど、会社に行くのが辛くなることはありませんか。中には辛さに耐えきれず辞めたくなってしまう方もいるのではないでしょうか。頑張りすぎて心が折れてしまう前に少し立ち止まってみませんか。今回は、仕事がしんどくて心が疲れてしまう前に試してみたい4つの対処法をご紹介します。

仕事がしんどいのは当たり前?

「仕事がしんどいのは当たり前」「甘えている」などの意見をよく聞きますが、本当に仕事はしんどいのが当たり前なのでしょうか。どのような仕事でも、しんどいと思うことは当たり前ではありません。しんどくて辛いと考えるときは、理由や原因があるのです。そして、その理由や原因を解決できれば、仕事をしんどいと思うことなく、楽しく頑張れるようになるでしょう。

「仕事がしんどい……」と悩む人は多い

誰でも「仕事がしんどい」と思うことはあります。「あの人は、楽しそうに仕事をしているのに、私は…」と罪悪感を持つ必要はありません。楽しそうに仕事をしている人も、少し前まではしんどいと感じていたかもしれません。

また、今でも心の中ではしんどくて辞めたいと思っている人もいます。仕事をしていると悩むことやしんどくなるのは当然です。仕事がしんどいと悩んでいる人は、たくさんいるでしょう。

放っておかずに対策を練ることが大切

仕事がしんどくても「何とかなる」「辛いのは今だけ」と考えて放っておく人がいます。確かに、「今だけしんどくて、このプロジェクトが終われば楽になる」など目途がついているのであれば問題ありませんが、現実から目をそらすためやどうしてよいのかわからず放っておくと、精神的にも肉体的にも大きな負担がかかります。

そのまま放っておくと本当に病気になってしまう可能性もあります。仕事がしんどい原因を考えて、どうするべきか対策を練ることが大切です。

仕事がしんどいのはなぜ?理由を分析

仕事がしんどいと感じる原因や理由は様々です。ここでは、仕事がしんどく感じる理由を説明します。

生理痛や体調不良

体調不良でも、仕事をしなくてはいけない状況だと心身ともにしんどいと感じるでしょう。女性の生理痛は、男性上司に話しづらく無理をして通常とおりの仕事をしてしまうこともあります。しかし、体調が悪いのを我慢して仕事をしても、しんどくなるばかりです。

仕事がハードで休日も休めない

ランチはおろか休憩する時間がないほどハードな毎日を送っていませんか。仕事がハードでも充実感があれば、しんどいと思うことはありません。しかし、終わりが見えず休日でも仕事のことを考えて出社してしまうほどハードな日が続くとしんどいと思うようになってしまいます。

上司や同僚との人間関係が悪い

職場で、上司や同僚との人間関係が悪い場合も、仕事がしんどいと考えて辛くなるでしょう。特に直接の上司やすぐ近くにいる同僚との関係が悪いと、出社することすら苦痛です。肉体的にしんどいと感じるよりも、精神的にしんどいほうが解決策を見つけることが難しくなります。

仕事がしんどい時の対処法

では、仕事がしんどい時は、どのような対処法があるのでしょうか。

辛い時には休みを取る

仕事がしんどくて辛いときには、休みを取って心と体を休ませるのが一番です。「私がいないと仕事が…」「周りも休んでいないので休みづらい」と考えてしまうかもしれませんが、休息を取らないまま働き続けるといつか心がパンクし、その後の生活に大きな影響を与える危険もあります。もし気になるようであれば、事前に休む日の業務内容を打ち合わせておくと良いでしょう。

仕事は別の人が担うことができることも多いですが、家族や友人にとって、あなたの替えはいません。まず、自分の心や体を優先しましょう。

上司や家族に相談してみる

何をしても、仕事がしんどくて辛い場合は、家族や友人などに相談してみましょう。「心配をかけたくない」と一人で悩むあなたを見ているほうが、家族や友人は辛いものです。また、信頼できる上司に相談してみるのも良いでしょう。

自分にとって何が負担になっているのかを説明して状況を改善してもらうようにお願いすると、事態が好転するかもしれません。体力、精神的に一杯になってしまう前に相談することが大切です。

仕事の量を調整してスピードを下げる

一人で仕事を抱え込んで頑張っていませんか。少し、立ち止まって仕事の量を調整することも大切です。心にゆとりの持てる範囲で、自分のペースで働ける環境を作りましょう。

また、新入社員の場合は、「早く認めてもらいたい」との思いから、無理をして仕事をしてしまう傾向にあります。慣れないこともありますが、周囲に相談して、自分のペースをつかむと良いでしょう。

限界を迎える前に。心療内科も検討しよう

肉体的な辛さは、自分でも限界が分かるやすく対処しやすい一面もあります。しかし、精神的に辛くて誰にも相談できないと、心が限界を迎えて「私、少しおかしくなっているかも」と気付いたときには手遅れになっている場合があります。そうなる前にどうしたら良いのでしょうか。

仕事の悩みで心療内科を受診してもいい

「みんな、大変なのだから」「この程度で、病院に行くのは…」と思って我慢して仕事を続けていませんか。仕事の悩み程度で心療内科やカウンセリングに行くと「精神疾患だと思われてしまうのでは」とためらってしまう人が多くいます。

しかし、精神的や肉体的な疲労が貯蓄されていくと、心と体のバランスを壊して病気になる危険があります。「少ししんどいな」と思う程度でも、早めに心療内科やカウンセリングを受けることで悩みを解決することができます。辛いと思ったら心療内科を受診してみることをおすすめします。

心療内科に行くべきサイン

心や体から出ている「SOS」のサインを見逃すと、うつ病や自律神経失調症などになってしまう可能性があります。「おかしいな」と思ったら、すぐに心療内科やカウンセリングを受けることで、症状が改善されて心が軽くなります。心療内科に行くべきサインを見逃さないようにすることが大切です。

・寝れないなどで生活に影響が出ている

睡眠は、思っている以上に心や体の不調を教えてくれるサインです。「夜、寝れない」「寝てもすぐに目が覚めてしまう」「寝ているのに朝起きると疲れている」などの症状で、日常生活に支障が出ているのなら、心療内科やカウンセリングを受けるべきサインです。このまま、放っておくと、ますます辛い状況になる可能性があります。

・毎日しんどい思いで涙が出てくる

「私はまだ、そんなにひどい状態じゃないから」と自分に言い聞かせても、毎日しんどくて涙が出てくることはありませんか。突然、「悲しい気分になる」「投げやりな気分になる」など、自分の気持ちがコントロールできずに悩んでいるのなら、心療内科やカウンセリングを受けることをおすすめします。

最近は、以前よりも心療内科を受診するハードルが下がってきました。それでも、ほかの人の目を気にして心療内科を受診することにためらう人もいます。しかし、あなたの心と体を守るのは、あなたしかいません。仕事がしんどいと思ったら、心が風邪を引いている証拠です。風邪が悪化する前に病院に行くのは当たり前のこと。ためらうことなく心療内科を受診することをおすすめします。早めの治療が、健やかな心と体を取り戻す近道になるでしょう。

仕事がしんどいと思うことは誰でもあります。一人で悩んで溜め込むと、ますます辛いことになるでしょう。そうなる前に、誰かへ相談することも大切ですが、相談しづらいときは、cotreeのオンラインカウンセリングで、悩んでいることを話してみてはいかがですか。話を聞いてもらうだけでも心は軽くなるでしょう。

カウンセリングに興味が出てきた

cotreeのプログラムでは、カウンセリングやコーチングの専門家があなたの変化への道のりをサポートします。22の質問に答えることであなたにぴったりのカウンセラーがわかります。

質問に答えてマイカウンセラーを見つける

あなたにおすすめのコラム

>>> 同じカテゴリ(キャリア・人生・仕事の悩み)のコラムをもっと見る
このページのトップへ