何だか仕事が手に付かない? それはうつ病の兆候かも

更新日 2018年09月04日 |
カテゴリ: うつ病・憂うつな気分
何だか仕事が手に付かない? それはうつ病の兆候かも

生活から仕事は切っても切り離せないものですが、何もかも理想的に働くというのは難しく、労働にストレスを感じている人は多いようです。適度なストレスであればやる気にもつながりますが、過度なストレスは「うつ」といった心の病にもつながってしまうかもしれません。どうしてうつ病になると仕事ができなくなってしまうのか、その理由や対処法について書きました。

真面目な人ほどなりやすいうつ病

うつ病になってしまうと仕事はできない

うつ病の大きな症状のひとつは無気力です。なんとか仕事を頑張らねばと思うけれど、どうしてもできない。そんな自分が嫌いになってさらに動けなくなる。という悪循環に陥ります。うつ病になる人は責任感が強いことも多いため、そんな現状がとても苦しいかもしれません。頑張るのをやめてしまったら、仕事に復帰できるかと不安に感じることも多いと思います。しかしそこで無理にもがくと、さらに悪化してしまうこともあるのがうつ病の怖さです。職場の理解を得るのが難しい場合もありますが、基本的にうつ病になると治るまでは仕事をするのは難しいと考えてください。

働く人がうつ病になる理由

うつ病は心の発しているSOSを理性で抑え続けた結果、起こってしまう病気です。本当は辛いけれど周囲の期待に応えたい、もっと頑張らねばと働きすぎたが故に脳がパンクしてしまったような状態になり、脳の一部が機能不全になってしまう、つまりうつ病になってしまうケースも少なくありません。子供の頃から不安を感じやすい人など、なりやすい人に一定の傾向はありますが、どんな人でもうつ病になる可能性はあります。その人のスキルや心の強さとも関係はありません。とくに現代の労働環境はストレスを感じやすいので「自分は楽天的な性格だから大丈夫だろう」という人も気をつける必要があります。

うつ病で辛くなってしまう前に

うつ病のチェックリスト

忙しく仕事に追われるなかで以下のような症状に覚えのある方は、うつ病に足を踏み入れてしまっている危険性があります。少し疲れているだけだろうと思わずに、慢性的に調子が悪いのであればうつ病を疑ってみてください。

  • ・ハードな運動をしたわけでもないのに体がだるい
  • ・ずっと気分が落ち込んでいる
  • ・思考力や集中力が続かない
  • ・眠りが浅い
  • ・せっかくの休みの日なのに何もやる気が起きない
  • ・何を食べても美味しいと感じない、食欲がない
  • ・公共料金の支払など事務的な手続きができない
  • ・なんだか毎日が面白く感じない

うつ病の兆候を感じたら専門家に相談する

もし上記の自覚症状があり仕事がどうしてもやる気になれないなど、「うつなのかな?」と感じたら、思い切って専門家の診断を受けることをすすめます。体の病気と同じく早期の発見と正しい治療が、うつ病にも大切です。場合によっては病気の診断書をもらうこともでき、正式に会社に休みを申し出られる可能性もあります。かかりつけのお医者さんがいなければ、精神科や心療内科、メンタルクリニックなどの中からうつ病を専門に診断している病院を選びましょう。仕事が忙しくなかなか時間がとれなかったり、いきなり病院に行くのはためらわれるという場合は、いちどオンライン上で相談してみるのはいかがでしょうか?通常のカウンセリングよりも料金が安く、自宅で気軽に受けられるというメリットがあります。

うつ病になってしまった時大事なこと

考え方を見直す

うつ病になると仕事の成果を出せず、場合によっては休職もやむおえない場合もあります。それを「仕事ができなくなってしまった・・・」とネガティブに考えると辛いです。「今は休んで力を蓄えている時期なんだ」などとポジティブに捉え直すことも大切。とはいえ周囲の仕事を頑張っていたり、成果を出している人を見るとそれと比べて落ち込んでしまうかもしれません。そのためテレビやSNSなど周囲の情報からは、距離をとることをおすすめします。

休養を優先する

無理をするよりも休養が大切です。気晴らしをすれば治るだろうと趣味や運動をしても、改善につながるケースは少ないもの。積極的に何もしないでいるという姿勢が大事です。自分がリラックスできるスペースを確保して、しっかりと食事と睡眠をとりながら安静に過ごすことが、うつ病の治りに貢献します。

頭ではなく五感を使う

スポーツなどの激しい運動はおすすめできませんが、お香やアロマをたいたり、半身浴をするなど五感を刺激するのは回復につながると言われます。また少し外に出る元気がでてきたら日光を浴びるのも、体内でセロトニンという神経伝達物質が分泌されるので有効です。

うつ病になってしまっても焦らず安静に過ごすと、自然と何かやろうという気力がみなぎってきます。しかし良くなったからと復帰してまた頑張りすぎてしまったゆえに、またうつ病をぶり返してしまったという話も少なくありません。普段から気をつけつつ、もしうつ病になってしまったら無理に働こうとせず、治療に専念することが大切です。

わたしってどんな人?

「また同じことでイライラしてしまった」「こうい人とのコミュニケーション苦手…」と感じることはありませんか?

いつも同じようなことで苦しむのは、自分が変われていないように思えて、辛いですよね。

もしかしたら、まず、自分のことを知るところから始めてみたら、少し楽になるかもしれません。

cotreeでは、あなたの性格タイプとあなたにぴったりのカウンセラーを、簡単な質問に答えるだけで診断できます。

無料で性格タイプを診断(1分)

あなたにおすすめのコラム

>>> 同じカテゴリ(うつ病・憂うつな気分)のコラムをもっと見る