hidehide
お名前(ニックネーム可)
メールアドレス
パスワード
性別
 »  »  » 仕事についていけないで会社を辞めたい人へ!転職か続けるかの決め方

仕事についていけないで会社を辞めたい人へ!転職か続けるかの決め方

更新日 2018年11月13日 |
カテゴリ: キャリア・人生・仕事の悩み
仕事についていけないで会社を辞めたい人へ!転職か続けるかの決め方

異動したばかりの人や新入社員、様々な職場で働く派遣社員が抱える悩みの1つに「仕事についていけないこと」があります。仕事についていけないと感じる理由には、様々な要因があり、人によって異なるにも関わらず、自分実力・努力不足のせいだと思い込んでいる人がいるようです。今回は、仕事についていけない理由を分析し、状況から抜け出すためのヒントを紹介します。

仕事についていけない理由が自分にあるのはどんな時?

求められるレベルやスピードが自分の実力以上の時

「日常業務で高度な英語力が必要にも関わらず、英語が苦手」「集中して1つの業務を遂行することが得意なのに、臨機応変な対応を求められる」等、明らかに自分の実力や適性と求められるレベルやスピードに差がある場合、仕事についていけないと感じる人が多いです。

自己分析の不足や採用段階における双方の理解不足によって、このような状況に陥ると考えられます。

仕事に対する情熱が持てない時

夢中になれる仕事であれば、「もっとスキルを磨いて結果を出したい」「業務効率化をして、よりクオリティを高めたい」等、向上心を持って取り組める人も多いでしょう。一方で仕事に対して情熱が持てない時には、目の前にある仕事をする意味を見出せないかもしれません。さらに、周りの人たちが情熱を持って仕事をしている場合は、周囲との温度差を感じ、ついていけないと感じることもあります。

自分が思い込んでいるだけの時

「仕事についていけないで、周りの足を引っ張ってしまっている」「入社してからだいぶ経つのに、まだこんなこともできないなんて...」等、仕事についていけないと悩んでいる人は、一度思い返してみてください。そのようなことを誰かから伝えられたことはありますか。もし、思い当たらない場合、それは自分の思い込みに過ぎない可能性があります。

仕事に対して責任感があり、周りを気遣える人ほど、完璧主義に陥る危険性があります。自分の中だけの軸で評価し、追い詰めないようする心構えが大切です。

仕事についていけない理由が自分以外にあるのはどんな時?

会社の教育体制が整っていない時

人員の余裕がなかったり、責任の所在が明確でなかったりする会社の場合、新人への教育体制が整っていないことがあります。決められたルールの中で仕事をすることを好む人は、ストレスを感じることがあるでしょう。また、「わからないことを聞きたくても聞けない」雰囲気に戸惑い、仕事についていけないと悩んでしまう人もいます。

仕事についていけない状態が続くとどうなる?

業務効率低下や人間関係悪化につながる

仕事についていけないことによって、ミスが増えたり、仕事を完成させるのに時間がかかったりすることが考えられます。さらに、このような業務効率の低下は、職場の人間関係にもネガティブな影響を及ぼす可能性があります。人間関係が悪化すると、仕事に関するサポートを得られなくなる等の悪循環に陥ります。

うつ等の病気になることもある

仕事に対する自信の喪失や人間関係の悩みは、うつ病等のメンタルヘルスの不調につながることがあります。「仕事についていけないのは、自分の責任」とストレスを溜め続けていると、身体がSOSを出してくるかもしれません。「最近よく眠れなくなった」「朝出勤しようとすると動悸がする」等、普段と体調がちょっとでも違うと感じたら、医療機関に相談しましょう。

仕事についていけない状況から脱出するには?

自分の状況を整理する

ここまで紹介してきたことを参考に、自分が仕事についていけないと感じる理由は何かを整理します。今まで自分の実力不足のせいだと思っていたことも、実は思い込みに過ぎないかもしれません。また、そもそも仕事が合わないということもあるでしょう。紙に書き出したり、他人に話したりして自分を取り巻く状況を客観的に分析します。

誰かに相談する

仕事についていけないと感じる理由がわかったら、解決に向けて行動します。

例えば、思い切って自分が今考えていることを、他人に打ち明けてみるのも方法の1つです。話すことで、モヤモヤとした気持ちがスッキリしたり、仕事についてのアドバイスがもらえたりするかもしれません。

会社の人たちに仕事の悩みを相談する勇気がないという人は、オンラインカウンセリングを利用してみてはいかがでしょうか。オンラインカウンセリングは、好きな時間・場所で誰にも知られずに受けることができます。cotreeなら、臨床心理士や産業カウンセラー等の資格を持ったプロのカウンセラーのカウンセリングを他の方法よりも抑えた料金で受けることができます。

異動や転職を考える

「どう考えても仕事が合わない」「今の会社ではストレスが溜まり、心身に影響が出ている」という人には、部署異動や転職の選択肢があります。悩んでいる期間が長引くと、新たな一歩を踏み出すのにより大きな勇気が必要になります。現状を変えることが難しいため、環境を変えることが必要と判断した場合には、思い切って新しい仕事や会社にチャレンジすることを考えましょう。その際には、異動先や転職先で同じことを繰り返さないためにも、自己分析をしっかりして、自分にあった仕事を見つけることが大切です。

今回は、仕事についていけないと感じている人に向けて、状況分析のヒントと解決に向けた行動を紹介しました。客観的に自分の状況を整理することで、取るべき行動が見えてきます。ぜひこの記事を参考にしてみてください。

なんとなくモヤモヤしている方へ

「なんとなく辛い、なんとなく不安だなあ」と感じていませんか? また、「悩みを相談できる相手があまりいない…」と感じたことはありませんか?
心のモヤモヤは、知らず知らずのうちに、積み重なっていくもの。 そしてそれを、一人で抱え込んでいると、だんだん苦しくなってしまいます。
こちらでは、あなたが心のモヤモヤをどのくらい抱え込んでいるかを、知ることができます。

心のモヤモヤを知る

あなたにおすすめのコラム

>>> 同じカテゴリ(キャリア・人生・仕事の悩み)のコラムをもっと見る
このページのトップへ