hidehide
お名前(ニックネーム可)
メールアドレス
パスワード
性別
すでに会員の場合はログイン
 »  »  » 恋愛できない男女の特徴とは? 理由と心理、対処法を解説

恋愛できない男女の特徴とは? 理由と心理、対処法を解説

更新日 2018年12月06日 |
カテゴリ: 人間関係を良くしたい
恋愛できない男女の特徴とは? 理由と心理、対処法を解説

この記事では、恋愛ができない人の特徴と原因を解明し、その上で恋をする3つの方法、恋愛への恐怖心を克服する方法をご紹介します。

恋愛ができずに、不安や焦りを感じている人は、ぜひ参考にしてみてください。

恋愛ができないのはなぜ?男女の特徴とは

ネガティブで自分の見た目や性格に自信がない

恋愛ができない人は、自分の外見や性格に自信のないネガティブに感じていることが多くあります。

そのため、「異性に近づいても相手にされない」「どうせ嫌われる」と考えてしまことが多いといわれています。

また、恋愛ができない人は、好きな人がいる場合にも、自分に自信がなくアピールしようとしません。

「自分と居ても楽しくないだろう」「自分と居たら恥ずかしいかもしれない」などとマイナスなことばかり想像してしまい、好きな人ができても、自然と遠ざけてしまうのです。

恋愛に関するトラウマから怖いと感じている

恋愛ができない人の中には、過去の恋人に浮気をされた、酷いフラれ方をした、昔の恋人が忘れられないなど過去の辛い恋愛経験がトラウマになり、異性や恋愛に恐怖心を抱いている人も多いのではないでしょうか?

一度トラウマになってしまうと、克服するのはなかなか難しいものです。

「もうあんな辛い思いはしたくない」と自分を守ろうとする気持ちが強いあまりに、自分から異性や恋愛をシャットアウトしてしまうこともあります。

焦りや諦めを感じ空回りしている

恋愛ができない人は、恋愛するチャンスをどこかで期待しつつも「このままでは一生恋愛ができないのではないか?」という焦りや、それを通り越して恋愛すること自体に諦めを感じている人もいることでしょう。

そのため、異性との出会いがあると、すぐに運命の人だと思い込んでしまったり、今しかないと焦る気持ちから相手の気持ちを考えずに、グイグイ攻めすぎてしまったりと空回りしがちです。

その結果、相手の人には「この人は誰でも良いのだな」と思われ、距離を置かれてしまうこともあり得ます。

家庭環境などの影響で自己嫌悪してしまう

恋愛ができない人は、幼い頃から良好ではない家庭環境で育ち、その影響で自己嫌悪してしまいがちです。

家庭環境と自己の恋愛を重ねてしまい、「恋愛をしても、育った家庭と同じことになるのではないか?」と恐怖を感じたり、相手のことを信用できなかったりすることも多々あります。

また、家庭環境にコンプレックスをかかえているため、自分の家庭環境を知られることを嫌がります。そのため、外では家庭環境を悟られないように取り繕っていることも多いのです。

あるいは、相手のことを思い、「自分の家庭事情に、好きな人を巻き込みたくない」と感じ、自分から離れてしまうこともあります。

好きな人ができない!恋をする3つの方法

1. コンプレックスを克服し自信を持つ

自分の性格や外見、家庭環境のせいで自信が持てない人は、コンプレックスを克服する必要があります。「自分はダメな人間だから恋愛ができない」という考えは捨てましょう。

実は、ダメだと思っている部分は自分自身が気にしているだけで、相手の人からしたら全然気にもとめないようなことかもしれません。

また、仮にダメな部分があったとしても、人間には良いところもあります。

「自分はここがダメだけれど、こんな良いところがあるんだ」と気づくことができれば、自信がついて恋愛にも積極的になれるはずです。

人間誰しもダメな部分を持っていますが、それをお互い受け入れながら恋愛をしているものです。無理に変わろうとしなくても、あなたを愛してくれる人は居ますので、自信を持ってくださいね。

2. 異性との出会いを増やす

恋愛ができない人は「恋愛しなくちゃ」というプレッシャーによって、空回りしてしまいがちです。

まずは異性との出会いを増やして、「恋愛するチャンスはいくらでもある」と余裕を持てるようになりましょう。

合コンや婚活パーティーに参加するなど、出会い方はなんでも構いません。大切なのは、初めから恋愛する相手を見つけようとせず、1人の人間としてしっかり向き合うことです。

しかし、警戒心があるままでは友達にもなれませんよね。だからこそ、お互いを理解しながら、信頼関係を築くことができるように心がけましょう。

これを続けていくうちに、周りにはお互いに信頼できる異性が増え、焦る気持ちも徐々に薄れていきます。

焦る気持ちがなくなれば、自然に異性と話せるようになり、その流れで、自分と相性のあった本当の運命の相手に出会える日も近くなることでしょう。

3. 感情をコントロールして仕事と両立する

恋愛ができない人は、実は恋愛にのめり込みやすい人が多く、好きな人の言動一つで気持ちが変動しやすい傾向にあります。

好きな人と上手くいっている時は私生活も調子が良いのですが、少しでもメールの返事がそっけなかったりするだけで、とても不安になり、仕事も手につかなくなってしまうこともあります。

好きな人の言動に振り回され過ぎると、その度に落ち込んでしまって辛いですし、相手の気持ちを考えずに、自分の気持ちをぶつけてしまいがちです。

しかし、不安定な気持ちから、せっかく上手くいっていた人に嫌われてしまってはもったいないですよね。

好きな人に振り回されてしまう人は、不安な時こそ仕事や自分の趣味などに打ち込んで、気を紛らわしてみてください。

好きな人が何かに打ち込む姿は素敵ですよね。相手の人からみても、あなたの頑張る姿はきっとプラスになりますよ。

もう一生恋愛できない?恋愛への恐怖心を克服する方法

1. 恋愛が気持ち悪い原因を知る

恋愛が気持ち悪いと思ってしまう原因はなんでしょうか? 自分の内面に踏み込まれたくない、トラウマがあって恋愛に対するイメージが良くないなど、理由は様々だと思います。

そのため、克服するというよりも、原因を探り、少しずつ対処法を見つけていくのが良いかもしれません。

恋愛をしたいという気持ちがあれば、改善の余地は十分にあります。自分の気持ちをゆっくりと見つめ直すことが、恋愛に前向きになる近道になりそうですね。

2. まずは異性の友達を増やす

いきなり恋愛をすると考えると、恋愛への恐怖心が先行してしまいますよね。恋愛が怖いという気持ちから、異性と関わることさえも避けてきたという人は多いのではないでしょうか?

そのような人は、まずは恋愛のことは考えずに、異性の友達を増やすことから始めてみましょう。

色んな異性と友達として付き合っていくうちに見る目を養えますし、自分と相性が良い人をゆっくり見定めることができます。

時間をかけて信頼関係を築くことができていれば、もし、その中から好きな人ができ多としても今まで感じていた恐怖心は安心感に変わっているはずです。

3. カウンセリングを受診してみる

恋愛が怖いという悩みを抱えて、カウンセリングを受ける人は案外多いようです。

カウンセリングでは、恋愛に対する恐怖の原因を紐解き、その人に適切な解決方法を一緒に考えて行きます。

恋愛に恐怖心を抱えてひどく苦しんでいる人や、自分で恐怖心の原因を突きとめられずにいる人は、カウンセリングを受けてみるのも良いかもしれません。

恋愛への恐怖心を克服するきっかけになるはずですよ。

恋愛ができない自分への理解を深めることが、恋愛をできるようになる最大の近道だと言えます。

さまざまな対処法を試してみることが大切ですが、なかなか前に進めないという人は、cotreeのオンラインカウンセリングも選択肢のひとつにしてみてはいかがでしょうか?

外出する手間も省けますので、最初の一歩にはぴったりかもしれませんね。

なんとなくモヤモヤしている方へ

「なんとなく辛い、なんとなく不安だなあ」と感じていませんか? また、「悩みを相談できる相手があまりいない…」と感じたことはありませんか?
心のモヤモヤは、知らず知らずのうちに、積み重なっていくもの。 そしてそれを、一人で抱え込んでいると、だんだん苦しくなってしまいます。
こちらでは、あなたが心のモヤモヤをどのくらい抱え込んでいるかを、知ることができます。

心のモヤモヤを知る

あなたにおすすめのコラム

>>> 同じカテゴリ(人間関係を良くしたい)のコラムをもっと見る
このページのトップへ