【自信は無くてもいい?】他人と比較することで失われる「本当の自信」を取り戻そう

更新日 2016年12月19日 |
カテゴリ: 自信がない
【自信は無くてもいい?】他人と比較することで失われる「本当の自信」を取り戻そう

自信がないというのは、とても生きづらいことです。

自分が信じられないということは、自分の考えや決めたこと、進んでいる道にも不安を感じてしまうということですし、自分の可能性を狭めてしまうことでもあります。

赤ちゃんは自信を意識していない

人間は生まれた時から、自信があったり、なかったりしたわけではありません。幼児期も自我が生まれてくるまでは自分と言う存在をそれほど意識することなく生きています。ではなぜ、大人になったときに自信に満ちあふれた人と、全く自信が持てない人が出てくるのでしょうか。

何かと比較する心が自信をなくしてしまう

成長するにつれ、だんだんと自我が目覚め、周りの人と自分を比較するようになっていきます。その過程で感じた敗北感や、親や周囲にかけられた期待を満たせなかった感覚があると、自信を持てなくなってくるのです。ですから、「期待をされて、周囲の期待に応えようとがんばった子」ほど、実は自信がなかったりします。

本当の自分を受け容れる

誰かに好かれるために、認められるために、勝つために、「良い自分」を演じていると、本当の自分を隠していることにもなりますね。

本当は自分はこんなにがんばりやさんじゃないのに、本当はもっと悪い子なのに、と嘘をついている感覚を持つことで、よりいっそう自分を信じられなくなっていくサイクルに入ってしまうのです。

ですから、自分の悪いところ、醜いところを「そうだよ、私は意地悪だから」「私は怠け者だから」と、声に出して言ってみましょう。今まで抑えていた自分の姿を認められるようになると、少しずつ「自信がない」という感覚に囚われることもなくなってきます。

本当の自分に気が付いてあげられれば、心と身体がぴったりはまって、何かに揺らぐことはありません。

この何にも揺らがない心こそが、自信を持っていると言う状態なのです。

おわりに

自信を持つとか持たないとかいうよりも、自信があるかどうかなど考えない生き方の方が楽に生きられるのかもしれません。

「プレゼンができるかどうか自信がない」と考えるよりも「プレゼンをうまくするためにはどうしたらいいんだろう」のほうがいいですし、「自信がないからチャレンジしないでおこう」と考えているなら「失敗してもいいから、いい経験を得るためにやってみよう」と考えたほうが前向きです。

「私は自信がない」と囚われるよりも、どうやったら前に進めるだろう?と考えて行く癖をつけてみましょう。気づいたら、自信?それがどうしたの?何のために必要なの?と言えるくらいに、自然なものになっているはずです。

経験豊富なカウンセラーを診断でマッチング!「cotree」

オンラインカウンセリングを受けてみたいけど、どのカウンセラーを選べばいいか分からない...
そんな時には、マッチング診断!
性格タイプ、相談内容やご希望に沿って、あなたにピッタリのカウンセラーをご紹介します。

マッチング診断を始める(無料)

利用された方の93%※が満足のオンラインカウンセリング

えらべる:2つのカウンセリング方法「話すカウンセリング」「書くカウンセリング」
みつかる:220名以上の経験豊富なカウンセラー
利用された方の多くが、カウンセリングの内容に満足、または継続したいとご回答されています。

cotreeのサービスを見る ※2021年11月時点のご利用者アンケートより算出

あなたにおすすめのコラム

>>> 同じカテゴリ(自信がない)のコラムをもっと見る