hidehide
お名前(ニックネーム可)
メールアドレス
パスワード
性別
すでに会員の場合はログイン
 »  »  » 自分を変えたい人が知っておくべき5つの考え方

自分を変えたい人が知っておくべき5つの考え方

更新日 2016年12月19日 |
カテゴリ: 自分を変えたい
自分を変えたい人が知っておくべき5つの考え方

なんで今自分はこんなことに悩まされているんだろう。
もっと楽しい人生を歩みたい。
まわりの人は楽しそうに生きているのに、なぜ自分だけ……。

なりたい自分と今の自分のギャップに悩んでいる方は多いかもしれません。

ここでは「自分を変えたい」と思っている人がまず身につけるべき考え方をご紹介します。

1. どんな風に変わりたいかイメージが湧いたら、曖昧でも行動に移してみる

行き先が決まらなくても、旅には出られます。「西のほう」とか「きれいなところ」とか、ざっくりとした基準だけでも見つかったら、「西のほうにはどんな場所があるのかな」「きれいなのはどこかな」と情報収集します。行ったことがある人に話を聞いてみるのも良いかもしれません。

情報収集をひととおり行って、まだ悩むようなら、ひとまずどこかに決めてみて、そこを目指してみましょう。

目指している間に、見えてくるものや、道の途中で学ぶものがあるはずです。

どこにしようと迷って家にいるよりも、ずっと豊かな経験になるのではないでしょうか。

2. 正しい唯一の答えを探さない

目的地に向かうために「どうしたらいいのか?」という問いは、1+1=? という問いかけとは本質的に違います。

◯+△x▲-◎=2のような、たくさんの変数がある方程式を解くようなものなのです。すなわち、そこに辿り着くための道はたくさんあり、どれが正解とも限らないのです。◯を最小にするような、とか▲を5にするような、という方法で少し道筋を限定することはできますが、それが本当に長期的に「良い」のかは誰にもわかりません。

ですから、まずはどこかに何かを代入してみる。そうすると他の変数をどうしていいのかが見えやすくなる。そしてこの方法がだめだったらこれを試してみよう、と少し柔軟に考えるくらいのほうが、早く答えに辿り着くことができるのです。

3. 一瞬で変われるとは思わずに、「小さく砕いて」試しに行動してみる

あなたは「なりたい自分」になるために目の前にある「大きな石」を壊そうとしていると想像してみてください。

そんな石を、一度に取り除こうとしても無理なことです。大きな石は、小さく砕いて、少しずつ取り除く必要があるのです。

ずっとその石を「大きいなー」と見つめ続けても、答えが出ないことはおわかりだと思います。いろんな道具を持って来て、試しに叩いてみる。ハンマーがダメなら、オノを持ってきてみる。いろいろ試しているうちに、正しい「砕き方」がわかるようになります。一生懸命砕こうとしていると、周りの人が集まって来て、知恵を貸してくれるかもしれません。

「どうせ無理」「どうやったらいいかわからない」と考える前に、小さく砕いて、やってみること。

それが、今の自分が変わるための最も大切なことです。

4. できないこと、辛いことの原因探しをしない

「自分にこれができないのは境遇のせいだ」「きちんと教育してくれなかった親のせいだ」などと、人や環境のせいにしてしまうことは、全く生産的ではありません。誰の行為の結果として今があるにしても、今は今です。

「過去と他人は変えられない」

これを受け容れて、前に進んでいきましょう。

5. 過程を楽しむこと

「あの場所に辿り着くまでは自分は幸せになれない」と思っていては、人生の中で不幸な時間が大半を占めてしまいますね。

そうではなくて、一度行き先を選んだら、そこに近づいていく過程を喜び、楽しみましょう。失敗することもある、それも話のネタになるな、とか。苦しいこともある、でもだからこそ得たときの喜びが大きい、とか。楽しみ方はいろいろあるはずです。結果、そこには辿り着かなかったけど、いい経験になったから、まぁいっか。でもいいのです。

まとめ

「自分を変えたい、でも変えられない」と考える人にとって、「できない理由」は自分が作り出していることが多いものです。

「正しい変わりかたが存在して、それを選ばなければならない」「行き先を決めないと出かけられない」「自分にはできない理由がある」「辿り着かないと意味がない」「大きな変化をよしとして、小さな変化を無視する」などのルールを持っている人が多いのです。

こんなルールは、良く考えれば、意味がないことがわかります。

「人が今とは違う自分になる」というのは、変数がたくさんある方程式を解くことに似ています。唯一絶対の答えを探し続けるよりは、まずは1つを代入してみることで、早く答えが得られることが多いはずです。

考えてわからなければ、まず一歩を踏み出すこと。そしてその過程に驚きながらも楽しむことが、自分を変えるためのコツなのです。

カウンセリングに興味が出てきた

cotreeのプログラムでは、カウンセリングやコーチングの専門家があなたの変化への道のりをサポートします。22の質問に答えることであなたにぴったりのカウンセラーがわかります。

質問に答えてマイカウンセラーを見つける

あなたにおすすめのコラム

>>> 同じカテゴリ(自分を変えたい)のコラムをもっと見る
このページのトップへ