hidehide
お名前(ニックネーム可)
メールアドレス
パスワード
性別
すでに会員の場合はログイン
 »  »  » 「褒める技術」を駆使して「好まれる人」になるコツとは?

「褒める技術」を駆使して「好まれる人」になるコツとは?

更新日 2016年12月19日 |
カテゴリ: 人間関係を良くしたい
「褒める技術」を駆使して「好まれる人」になるコツとは?

わたしたちには誰でも、人から認めてもらいたいという欲求があります。老若男女、褒められてうれしくない人はまずいません。でも、褒めることが良いことだとわかっていても、照れくさかったり苦手な人が多いのも事実ですよね。

どこを褒めたらいいかわからないと感じる方もいることでしょう。ここでは、「褒める」テクニックを駆使して、人間関係を円滑にする方法をご紹介します。まずは、褒めることの良い効果について考えてみましょう。

褒めるとどんな良いことがあるの?

人を褒める人は周りから好かれる

私たちは、自分のことをほめてくれる人のことを大切にし好感を持ちます。人は誰しも「認めて欲しい」「尊敬してほしい」という自然の欲求を持っています。褒められたり励まされたりすると、この欲求が満たされるのです。ですから、褒め上手な人は、愛され、自然とまわりに人がたくさん集まってくるのです。

脳科学で注目されている「ミラー細胞」というものがありますが、この細胞は、そばにいる人と同じ表情をしたり、感情をそのまま反映したりする、要するに相手の気持ちを鏡(ミラー)のように映す細胞なのだそうです。

つまり、あなたが誰かに褒めることで思いやりの気持ちを向けると、相手もこちらの気持ちに同調するようになるのです。このことから脳科学的にも、人を褒める人は人に好かれるということがわかりますね。

相手を元気にすることができる

人は多かれ少なかれ、「自分はこれでいいんだろうか」と迷いを持ちながら生きています。そこで褒めると、自信を失っている人や気持ちが落ち込んでいる人へ自信をつけることができます。また、やる気を失っている人にやる気を出させる効果もあります。相手の成功や払った努力に対して、それに賞賛することでその人のモチベーションをさらに高めることもできます。

そうです、褒めるという行為は周りの人を幸せにし、元気にならせるという効果があるのです。

効果的な褒め方とは?

褒めることのメリットについてご紹介しましたが、今度は効果的に相手を褒める方法を見てみましょう。がんばって褒めてみたものの、相手があまり嬉しそうじゃなかったり、かえって相手を怒らせてしまったり…ということがありますね。上手に褒めて、相手に喜ばれるための つのテクニックについて説明します。

まずは相手をよく観察する

まずは、相手を良く知ること!そのためにも、しっかりと観察しましょう。相手に何か変化があれば、それは褒めるチャンスです!髪型や服装に変化はありませんか?かばんや携帯など、持ち物が新しくなっていませんか?相手が好きなもの、習慣にしていることはなんですか?そういった点に注目して観察してみると、おのずと褒めるポイントが見えてくるはずです。

見たままを褒める

観察し、褒められそうなポイントに気づいたら、それをそのまま言葉に出してみましょう。「あ、髪切られたんですね。」「涼しそうでいいですね」「よくお似合いですね。」こんな風にシンプルでストレートな言葉を伝え、相手の反応を繰り返すだけで大丈夫なんです。こうした気づきをシンプルに伝えるだけで、相手は「よく見てくれているんだな」と感じ、認められていると感じることができるのです。

褒め言葉に質問をプラスしてみる

相手を褒めたあとにさらに質問をプラスすると、相手は「自分に関心があるんだ」と思い好感を持ちます。例えば、「このピアスかわいいですよね、どこで買ったんですか?」といったように、「褒め言葉」+「質問」の形が効果的です。

これなら褒めるのが苦手な人でも簡単に使いこなせますよね。質問を付け加えることで、その後の話がふくらみ、話し上手にもなれてしまいます。

間接的に褒める

間接的に褒めることも効果的です。間接的に褒めるとは、「いつも笑顔が素敵だね」と褒めるのではなく、「○○さんが、あなたのこといつも笑顔が素敵だって言ってたよ」と褒めることです。

面と向かって褒められて喜ぶ人もいますが、なかには「何か裏があるんじゃないか」と感じる疑い深い人もいます。でも、そんな疑い深い人でも、間接的な方法で褒めると、「へぇ~○○さんがそんなこと言ってたのね…」と納得してしまいます。

なぜ、そうなるのかというと、前者のの褒め方は、単なるあなたの「感想」を伝えています。それに対し、後者の褒め方では「○○さんが褒めていた」という「事実」を伝えています。

一般的に、「感想」よりも「事実」のほうが強い説得力があるので、褒める効果が大きくなるというわけです。「○○さん」に当たる人が、褒める相手が好意を抱いてる人だったりすると、なお効果的でしょう。

おわりに

日本人はシャイな人が多いので、褒めることを苦手に思ったり照れくさく思ったりしがちですが、褒めることには期待以上の良い効果があります。褒めることで、相手も自分もいい気持ちになり、人間関係が円滑になります。まずは相手のちょっとした変化や、良いところを探すところから始めてみましょう!

質問に答えてマイカウンセラーを見つける

あなたにおすすめのコラム

>>> 同じカテゴリ(人間関係を良くしたい)のコラムをもっと見る
このページのトップへ