hidehide
お名前(ニックネーム可)
メールアドレス
パスワード
性別
すでに会員の場合はログイン
 »  »  » 【好きだけではダメ?】良い結婚・家庭を築くために必要な恋愛の3ステップとは?

【好きだけではダメ?】良い結婚・家庭を築くために必要な恋愛の3ステップとは?

公開日 2015年06月17日 |
カテゴリ: 恋人との関係・夫婦関係
【好きだけではダメ?】良い結婚・家庭を築くために必要な恋愛の3ステップとは?

「スピード結婚をした二人は離婚をするのも早い」という法則が有るのを知っていますか?

知り合って半年以内に結婚を決めたカップルの内、その20%以上が5年以内に離婚をしていると言われています。また反対に、「長く交際関係が続いているけれど、なかなか『結婚』に至れない」という悩みを抱えている人も日本では増加しているようです。

早すぎる離婚や、なかなかゴールインできない理由については、心理学上の「恋愛のステップ」が関係していると考えられています。

ここではお互いを思いやり、円満な家庭を築くために知っておきたい「恋愛から結婚に至るまでの3つのステップ」を紹介していきます。

1. お互いに惹かれ合う「刺激」のステップ

どんなカップルであっても、まず最初には「出逢い」の時期というものがあります。この時、大きく作用するのが「刺激」です。

心理学では「視覚的刺激」が恋愛関係のスタートに大きな影響を及ぼすことがわかっています。簡単に言えば「キレイだ」「かっこいい」と感じるということですね。

同時に、知り合った当初はお互いのことをほとんど何も知りませんから、何か相手のことを知る度にそれを「新鮮」に受け止め、これを「相手の魅力」と感じます。

そのため「刺激」のステップにおいては、「自分とは違う部分が多い人」に惹かれることも多いのです。

この段階で急速に惹かれ合い2つ目、3つ目のステップを飛ばしてゴールインしたカップルは、お互いの「外的刺激」に頼る部分が多い状態です。

「刺激」というのは、どんなに強いものであってもいずれは慣れてしまうもの。刺激が薄れた時に、人は大きく愛情の減少を感じます。

更に「自分とは違うもの」を求める傾向が強い人であるほどに、結婚後に価値観が合わず、これがスピード離婚の原因の一つとなっています。

2. お互いを理解しあう「価値」のステップ

交際期間の中で、徐々に相手のことを知り合う時期のことです。「刺激」のステップの頃とは異なり、お互いの中に自分と似た部分を求め合うようになります。また自分の内面をあいてに見せるステップとも言えるでしょう。

趣味や人生観、様々な物事に対する価値観等に似ている部分があればあるほど、関係性の親密さは増してゆきます。

恋愛におけるこのステップは、お互いを見定める重要な時期。行き違い等の何らかのトラブルが生まれ、それを解決することでも、3つ目のステップへ移行しやすくなります。

反対に「ただ二人で楽しく遊ぶだけ」と言ったお互いの内面心理に踏み込まない関係性の場合、第3ステップへの移行は遅くなりがちです。現在の日本の場合、20代~30代の男性・女性がプライベートに割ける時間が欧米に比べて極端に少なく、これが「価値」のステップから第3ステップへ進まない原因の一つとも考えられています。

この時期に、たくさん喧嘩をしながら、お互いの価値観や目標を共有していくと良いかもしれません。

3. 「人生のパートナー」と考える「役割」のステップ

どんなに相手と趣味や価値観を共有することができても、「生活」である結婚には、人間は現実的な判断を求められます。そのため結婚をリアルに考える人であればあるほど、相手が自分の「配偶者」としての「役割」を果たせる人であるかどうかを、無意識のうちに判断するようになっていきます。

同時に「自分が夫(妻)としての役割を担う」という意識をすることもこのステップの重要な問題です。

お互いが「妻」「夫」という立場になった時と同じような「役割」を果たすことが増加すればするほど、ひとつのゴールである「結婚」へと進みやすくなるのです。

例えば出かける時に予定を立てる「役割」、料理をする「役割」、荷物を持つ「役割」等…二人の交際の中でお互いが「役」を担うポイントは無数にあります。

しかしどちらか一方ばかりが「役割」を果たしている時、「役割の責任」を放棄している側はこの心理ステップには居ない状態です。どんなに小さなことであっても、二人の交際における「役」を持たせることで、二人の関係性は徐々に変化を見せ、現実的な「結婚」への歩みを進めることになります。

おわりに

いかがだったでしょうか?

いま現在恋愛中である人は、自分と相手がどのステップに居るのか、そして今後のステップを踏み出すためには何を付け加えていくのかを参考にしてみましょう。

また「結婚に至るまでに、何かステップを飛ばしてしまったかもしれない…」という人は、夫婦でもう一度第2、第3の不足していた段階を振り返ってみることで、より円満な家庭を築きあげることに役立つ筈です。

質問に答えてマイカウンセラーを見つける

あなたにおすすめのコラム

>>> 同じカテゴリ(恋人との関係・夫婦関係)のコラムをもっと見る
このページのトップへ