hidehide
お名前(ニックネーム可)
メールアドレス
パスワード
性別
すでに会員の場合はログイン
 »  »  » あなたや周囲は「シングルタスク派」?「マルチタスク派」?

あなたや周囲は「シングルタスク派」?「マルチタスク派」?

公開日 2015年10月09日 |
カテゴリ: キャリア・人生・仕事の悩み
あなたや周囲は「シングルタスク派」?「マルチタスク派」?

世の中には「本を読みながらテレビを観て、本の流れも把握しながらテレビの内容も覚えている」という人も多い様子。
反対に「歩く、食べる」と行ったひとつの行為に集中してしまい、その他の行為への意識が向かないというタイプの人も居ることでしょう。

前者の「一度に様々なタスク(要件)を片付けられる人」のことは「マルチタスク」タイプ、後者の「ひとつひとつタスクを片付けていくタイプ」のことは「シングルタスク」タイプと呼ばれています。
それぞれ異なる特長を持つ2つのタイプですが、「自分とは違うタイプ」と付き合う時にはちょっと注意も必要なんですよ。

ここでは「シングルタスク/マルチタスク」の見分け方、それぞれの良い点や注意点について紹介していきます。

1. あなたは周りの人はマルチタスクタイプ?シングルタスクタイプ?

まずは自分や周囲の人について、マルチタスク派なのかシングルタスク派なのかを確認していきましょう。

≪マルチタスク派の特徴>>
・テレビを観ながらパソコンや本を眺め、両方の情報を或る程度正確に取得できる
・テレビやパソコン・ゲーム画面等を観ながら誰かに話しかけられても、手を止めずに会話を続け、その会話内容を正確に記憶できる
・仕事や家事などの作業で、複数の作業のどれから始めたら良いのか全工程を瞬時に判断でき、同時進行ができる
・地道な作業を開始すると、テレビや音楽、人との会話などが欲しくなる
・作業中に集中力が切れ、他の作業に移ってしまうことがある
・作業の結果よりも効率や速度を重視する
・作業結果は70%~80%程度でも満足する

≪シングルタスク派の特徴>>
・テレビを観ながらパソコンや本を眺めると、いずれか一方の情報しか取得できない
・テレビやパソコン・ゲーム画面等を観ながら話しかけられると、生返事になったり、会話内容を覚えていないことがある
・仕事や家事などの作業で、複数作業を行おうとすると工程に戸惑う
・地道な作業でも一度開始すると、その作業に没頭する
・ひとつの作業を始めると、人と会話などをせず集中して行うことができる
・作業の効率や速度よりも結果を重視する
・作業結果をできるかぎり100%に高めたいと考える

2. マルチタスク派の良い点・注意点

≪マルチタスク派の良い点は?>>
複数作業の同時進行ができるマルチタスク派は、自分の作業以外の他人の行動などにも気を配れるため、接客業・飲食業などに向いています。
また会議の進行役、グループの集まり等の幹事役、上役等の管理者となった場合などにも、効率的に作業を進行させることが得意です。
作業同時進行・自分以外の他者への関心を切らさないという側面は、特に「育児」に対して向いた能力です。
そのためか、「子供を生む」という能力を持った女性にマルチタスク派の人が多い傾向があると考えられています。

≪マルチタスク派の注意すべき点は?>>
マルチタスク派の人は、自分以外の周囲もマルチタスクが可能であると考えてしまいがちです。
そのため、シングルタスク派の人が作業に集中している時に話しかけてしまうことなどが多い様子。
シングルタスク派の人が何らかの作業(テレビを観る・食事をする等でも)の場合、必要な会話がある時には「手を止めて貰う」ようにしましょう。

またマルチタスク派の人は、シングルタスク派の人を「能力的に劣っている」と感じてしまうこともあるようです。 しかし実際のところ、ひとつひとつの作業の結果内容・精度などはシングルタスク派の人が高いということも多いもの。
一概に「やることが遅い」と考えず、「自分とは違うやり方の人がいる」と捉えるようにしてみましょう。

3. シングルタスク派の良い点・注意点

≪シングルタスク派の良い点は?>>
一つの作業に没頭でき、作業終了まで集中力を切らさずに対応できるシングルタスク派は、データの作成、細かい手仕事など「職人肌」と言われるような職業に向いています。 また結果重視である分、緻密さや精工さが問われる作業なども仕上げまで手を抜かずに遂行する傾向にあるのも特長です。興味が一方向に向き、一点に対して集中力を発揮しやすいシングルタスク派は、どちらかというと男性に多い傾向であると考えられています。

また年齢が低いほどシングルタスク層が多く、年齢や経験値を積むことによってマルチタスクに慣れていくということもあるようです。

≪シングルタスク派の注意すべき点は?>>
シングルタスク派の人は、マルチタスク派の人に比べて「自分がシングルタスク向きだ」という自覚が薄い傾向にあります。 そのため、マルチタスクを気安く請け負ってしまったり、作業中に話しかけられて何も考えずに返事をしてしまうなどして、それがトラブルの元となることも多いようです。
「自分は同時進行が苦手だ」と自覚をすることが第一歩となります。

作業中やテレビを観ている時などに話しかけられたら、一旦相手に話し始めるのを待ってもらい、手を止めて相手の方を向くクセを付けてみましょう。
また周囲に「作業に没頭しやすい傾向がある」とあらかじめ話しておくことで、不要なトラブルを避けることもできます。

おわりに

マルチタスク派にもシングルタスク派にも、それぞれ良い点や悪い点があるもの。
お互いの考え方や作業工程の違いを受け止めれば、集団での行動もスムーズに運ぶことでしょう。
自分がマルチタスク/シングルタスクであることを自覚するだけでなく、自分の家族やパートナー、会社の同僚などがマルチタスク派かシングルタスク派かを見極めることも大切です。

質問に答えてマイカウンセラーを見つける

あなたにおすすめのコラム

>>> 同じカテゴリ(キャリア・人生・仕事の悩み)のコラムをもっと見る
このページのトップへ