hidehide
お名前(ニックネーム可)
メールアドレス
パスワード
性別
すでに会員の場合はログイン
 »  »  » 好感度をアップさせるために重要なのは「清潔感」!注意すべき心理的ポイントとは?

好感度をアップさせるために重要なのは「清潔感」!注意すべき心理的ポイントとは?

更新日 2016年12月14日 |
カテゴリ: 人間関係を良くしたい
好感度をアップさせるために重要なのは「清潔感」!注意すべき心理的ポイントとは?

「人を見た目で判断してはいけない」なんて、よく言いますよね。 ところが心理学の調査によれば、実際には人は相手のことを50%以上も「見た目」で判断しているんです。

でも「自分は容姿に自信が無いから、どうせ努力してもムダ」なんて考えることはありません。 見た目の判断、好感度の上昇や下降においては、「顔立ち」「スタイル」等とともに大きな判断要素となっている箇所があります。

それが「清潔感」です。

清潔感をアップさせることで、あなたの周囲への好感度をアップさせることも難しくありません。

ここでは好感度アップに役立てるための「清潔感」で知っておくべきポイントをご紹介していきましょう。

1. 清潔と清潔感は実は違う?

「清潔感が大事」と言われて「毎日お風呂に入っているし、歯も磨いているし、清潔にしていると思うけど…」と考えた人も居るのではないでしょうか。

もちろん物理的に清潔にしておくことも好感度を保つためには重要なのですが、「清潔」と「清潔感」は、実は似て非なるもの。 「清潔さ」は洗濯や入浴などを行っているという「行為そのもの」ですが、「清潔感」とは「相手に与えるイメージ」なのです。

ここでは例としてAさんとBさんの二人を挙げてみましょう。

1.Aさん:毎日入浴しており、今朝もシャワーや洗顔などを済ませている。ただしドライヤーなどはかけておらず、髪がごわついた状態のまま。服装はダメージジーンズに衿がのびたTシャツ、履き古したスニーカー。

2.Bさん:昨日・今朝は入浴しておらず、洗顔のみで済ませている。香りはデオドラントスプレーで誤魔化している。髪は キレイにセットされている。服装は最近クリーニングに出していないスーツだが、ワイシャツのみ新しいものを着用し、靴は磨いてある。

「清潔」という意味ではAさんの方が清潔度は高いと言えそうですよね。 ところがAさん・Bさんに会った人たちは、「Bさんの方が清潔感がある」と感じたのです。

きちんと整えた髪、カッチリとした服装や衿元、靴のキレイさなどがイメージとしての「清潔感」を生んでいるのですね。

2. 女性は注意!「男性に不潔と思われるポイント」

男性は女性に比べて「動くもの」に敏感であり、そのため「手元」や「足元」などを注視しやすい傾向があります。 また自分自身がメイクやネイル、長いヘアスタイルなどをしない、香水などを使う人も少ないため、これらに対して興味を惹きつけられやすいのも特長です。

上記の傾向から見た「男性が女性を『不潔だな』と感じるポイント」は以下のようなものとなります。

・長過ぎるネイル・派手なネイルカラーをしている
「手先(爪)」は注目されやすい場所ですが、派手すぎるものになると「不潔」と思われやすくなります。

・靴の先、ヒールに痛みがある
特にヒールが注目されるケースが多いようです。剥がれや色落ち、靴底の減りなどは早めにケアしておきましょう。

・前髪・サイドの髪などが多量に顔にかかっている ・常に髪をひんぱんに触る
・カラーリングによる髪の痛みが激しい、カラーリングにムラ(プリン頭)が見られる

髪が顔に触れることを「清潔感が無い」と感じる男性は多いです。 「髪に触れる行為」についてはセクシーと感じる男性も多いのですが、食事時であったり、ビジネスシーン等においては「清潔感が無い」と捉えられることも多い傾向にあります。 また長い髪になるほど、その髪の「状態」に注視する男性が増えることも覚えておきましょう。

・香水がキツイ
香水・柔軟剤などの人工的な過度な香りを「嫌なものだ」と感じる男性は少なくありません。 自分の匂いは慣れやすいため、使用時には必ず「少量」を守るようにしましょう。

3. 男性は注意!女性に不潔と思われるポイント

女性は男性と比較すると、男性の髪の傷みやハネ、手先などについては比較的寛容な傾向を持っています。 反対に「洋服」に対する意識が高く、そのディティールをよく見る傾向があるため、「服装の細部」を気をつけるべきと言えるでしょう。

・ワイシャツの衿元が汚れている
首周りは注目されやすい箇所ですので常にキレイな状態に保っておきましょう。

・Tシャツなどの衿元がのびている
・服装のどこかにシミがある
・ボタンの取れ、服のほつれ等を放置している

洗濯をしていても、「服の傷み」を放置したままにしていると「清潔感が無い」と感じられてしまいます。 Tシャツ・靴下などの傷みやすい製品は頻繁に「替え」を準備しておくようにしておきましょう。

・ダメージジーンズ、経年劣化による色の変わったジーンズを着用している ・バッグ・財布などの比較製品に著しい経年劣化が見られる

男性の間では「オシャレ」として評価されることも多いダメージジーンズやヴィンテージ等の皮革製品ですが、残念ながら女性に対してはあまり良い印象をあたえるものではありません。 初対面の人には使用を控えておく、他のアイテムで清潔感を出す等のバランスを取ると良いでしょう。

おわりに

本人にとっては「オシャレ」であったり「無意識」に行っていたことであったも、周囲から見ると「清潔感が無いな」と好感度を下げてしまっていることは多々あります。 「好感度を上げたい!」と考えるのであれば、まずは自分の現在の状態をチェックして、清潔感を与えられる箇所を増やしてみましょう。

質問に答えてマイカウンセラーを見つける

あなたにおすすめのコラム

>>> 同じカテゴリ(人間関係を良くしたい)のコラムをもっと見る
このページのトップへ