自分の「本当に変えたい部分」はどこ?新しい自分へと変わるための3ステップ

更新日 2018年10月01日 |
カテゴリ: 自分を変えたい
自分の「本当に変えたい部分」はどこ?新しい自分へと変わるための3ステップ

「自分の性格が嫌い」「もう少し違う人生だったら良かったのに…」等など、自分に対して不満な箇所を持っている人は多いはず。 でも「漠然と自分が嫌だ、変えたい」と思っているだけでは、いつまで経っても「新たな自分」への進歩をすることは難しいですよね。 また「変えるのは無理!」と諦めてしまっている人も多いのではないでしょうか。 自分の嫌な部分、変えたい部分を少しずつでも変化させていくためには、「改善すべきポイント」を認識しなおすことが大切。 ここでは新しい自分へと変わるための考え方について、その3つのステップをご紹介していきます。

1. まずは「変えたい部分」をピックアップしてみよう

自分を変えるための手始めに、まずは「自分のここを変えられたらいいのに」と感じる箇所をリストにしていきます。 ノートやメモなどに書いても良いですし、携帯電話・スマホ等でリスト化してもOKです。 いずれにしてもハッキリと目にできる形、文書化することが大切なので、「心で思う」だけではなく言葉にするようにしてみましょう。

最初の時点では思いつくまま、願望をどんどん書いていってOKです。 「絶対に無理」等と願望を小さく留めず、気の向くままにリストを作ってみます。 ただし大切なのは「漠然とした書き方をしない」ということ。 「全てを変えたい」と言ったものではなく、「ここをなんとかしたい!」という箇所をピックアップするようにしてください。

変化をさせたい箇所は性格的なもの、また環境や容姿、能力といったものなど、自分が変えたいものであればなんでも構いません。 自分に対する「理想」で良いので、「こうなりたいのに、今はそうではない!」という部分を視覚化してみましょう。

ずらりとリストを並べたら、今度は「優先順位」をつけてみます。 全てを一時に変えることはできませんから、「何を最も変えたいのか」をじっくりと考えてみてください。

2. 「不満の奥」を見ることで「本当の不満」がわかる

「変えたい部分を挙げたところで、絶対に変えられるわけがない」と思う人も多いはず。 実際、上記のリストを過去に作った方の中で9割の人が「無理だと思う部分」を挙げています。

確かに、例えば「過去の環境」であるとか、「容姿・能力」といったものは今とまったく違う状態にすることは難しいですよね。 でも大切なのは「不満だ」と挙げたポイントの奥に隠された「本当の願望」なのです。

例えば「自分の顔が嫌だ、もっと美しく生まれたかった」という人が居たとしましょう。 現在では整形手術というものがあるにせよ、様々な問題がありますから、これはなかなか解決することが難しい願望に思えるところです。

しかし、ここで「もし美しく生まれていたら、何ができただろうか?」と考えてみてください。 この「願望がかなった場合のif(もしも)」を考えることが重要なのです。 例えば「もっと異性にモテたはずだ」と考えるのであれば、あなたの「本当の願望」は「美しい顔になること」ではなく「異性と仲良くなれること」ですよね。 また「もっと良い会社で働けたのでは」と考えるのならば、「本当の願望」は「充実した職場で働けること」ということになります。 不満点が改善できた場合の「その先」を見ることで、「本当に不満に感じていた箇所」を知ることができるのです。

3. 考え方をひっくり返してみよう

最初にリスト化した「不満点」は、言ってみれば「表層的な不満」であり「見せかけの不満」です。 人間は「本当に不満に感じている箇所」を改善したい、でも難しいかもしれないな…と考えると、上記のような「現実に処理することがほぼ不可能な不満点(見せかけの不満)」を挙げやすくなります。 過去の環境、身長、血液型、国籍…といった「絶対に変えられない部分」を理由にして「だから、変えるのは無理」という一種の言い訳を創りだしてしまっていたのです。

さて、今度はもう一度「本当に不満に感じていた部分」に目をやってみましょう。 その不満点を少しでも改善できそうな部分を考えてみるのです。

ここで大切なのは、「表層的な不満」を持ちだして「改善できるはずがない!」と諦めてしまわないこと。 コツとしては考え方を「ひっくり返してみる」のが良いでしょう。 例えば前述の「異性と仲良くしたい」という人の場合、「容姿が良くないから異性と仲良く出来ない」というのが今までの「表層的な不満」を理由にした「諦める言い訳」です。 しかし「容姿が良くないと思える人の全てが、異性と仲良くできていないのか?」と問いかけてみてください。 「あれ?おかしいな?」「何か食い違いがあるな」と感じるはずです。 話が面白い人、話題が豊富な人、趣味が多彩な人、穏やかで優しい人…人間の魅力は様々であり、それらを駆使した人たちは「仲の良い異性」を作って人生を楽しんでいます。

つまり不満を解消するために改善可能なポイントは、まだまだたくさんあるというわけですね。 「相手に笑顔で接するようにしてみよう」「相手の話をよく聴くようにしてみよう」等、思いついた「改善ポイント」を早速行動にうつしてみましょう。

おわりに

自分を進化させていく上で大切なのは、「完璧主義」をやめることです。 「理想の形どおりにいかないから」と一切の努力を放棄するのではなく、「昨日よりは少し改善できた」「一ヶ月前よりは改善できた」と少しずつ、様々な方法や形を用いて自分の「本当の願望」へと近づいていきましょう。 毎日の積み重ねをしていくことによって、3ヶ月先、一年先のあなたは「本当になりたかった自分」へと大きく近づいていくはずですよ。

わたしってどんな人?

「また同じことでイライラしてしまった」「こうい人とのコミュニケーション苦手…」と感じることはありませんか?

いつも同じようなことで苦しむのは、自分が変われていないように思えて、辛いですよね。

もしかしたら、まず、自分のことを知るところから始めてみたら、少し楽になるかもしれません。

cotreeでは、あなたの性格タイプとあなたにぴったりのカウンセラーを、簡単な質問に答えるだけで診断できます。

無料で性格タイプを診断(1分)

あなたにおすすめのコラム

>>> 同じカテゴリ(自分を変えたい)のコラムをもっと見る