hidehide
お名前(ニックネーム可)
メールアドレス
パスワード
性別
すでに会員の場合はログイン
 »  »  » 恋愛下手は家庭内ストックホルム症候群のせい? その特徴や克服法

恋愛下手は家庭内ストックホルム症候群のせい? その特徴や克服法

更新日 2018年08月14日 |
カテゴリ: 恋人との関係・夫婦関係
恋愛下手は家庭内ストックホルム症候群のせい? その特徴や克服法

「何度恋愛しても、いつも『ダメ男』ばかり選んでしまってる」「好きになる人が既婚者ばっかり…」 「次こそは」と思いながらも「ダメ恋愛」ばかりになってしまっていませんか?

問題のある男性ばかりを無意識に選んでしまう、極端に年齢の離れた男性ばかりに惹かれる…
このような女性は『家庭内ストックホルム症候群』である可能性もあります。

今までのあなたの恋愛がうまくいかなかった理由、その根底には「親との関係」が影響していることもあるんです。 ここでは『家庭内ストックホルム症候群』について、その特徴や深層心理、対策についてご紹介していきましょう。

家庭内ストックホルム症候群とは

加害者に好意的であろうとする姿勢

『ストックホルム症候群』とは、強盗やテロ、誘拐等で人質になった人たち(被害者)が犯人に対して徐々に好意的な感情を持ち、後に恩赦や嘆願を行うこともある…という心理を指します。

『ストックホルム』という名前は、1973年にスウェーデンの首都・ストックホルムで起きた銀行強盗事件で人質が犯人と交流を交わし、解放後にも犯人をかばうといった行動を行ったところから付けられました。

加害者に対する同情・共感を被害者側が持つ--これは加害者側に好意的であろうとすることで、自らを護ろうとする防衛本能が影響しているとも考えられています。

父性を求める恋愛をしてしまう

『ストックホルム症候群』や誘拐・強盗といった事件を舞台にしたもの。 しかしこれと同じ心理的傾向が、実は家庭内にも起こっています。

父親に問題が見られる、父親から愛されなかった娘達。 幼い頃の彼女たちは、まさに「被害者」そのものです。 本来であれば加害者である父親を嫌って当然なのですが、娘達は深層心理の中で父親に対する同情心・共感・親愛を抱くことになります。 「親に嫌われる(大切にされない)」というのは子供にとって生命の危機的な状況。 「父親を好きでいる(好意的でいようとする)」ことによって、父親から愛され守られようするのですね。

この心理は大人になっても影響を及ぼし、「父親と同じような問題を抱えた男性」を魅力的であると感じるようになります。

家庭内ストックホルム症候群かチェックしよう!

父親のDV,アル中等で両親の関係が悪かった

『家庭内ストックホルム症候群』となる女性の父親の多くは、DV、アルコール中毒、ワーカーホリック、女性蔑視等、家庭内において何らかの大きな問題を抱えています。

それらを発端にして夫婦仲は冷え込み、子供は両親がお互いに信頼し、愛し、支え合う姿を見た(記憶した)経験が殆どありません。 特に「父親からの無条件での愛情/庇護」の経験がほぼ無く、無意識に不安を感じる幼少期を過ごしてきた傾向を持っています。

母親が父親のことを悪く言うのを聞いてきた

母親は子供の中でも同性である「娘」を精神的な味方に付けようとし、父親の悪口を言います。 愚痴や軽蔑の言葉、父親を軽んじる態度など、そのパターンは様々です。

子供(娘)は母親による父親への悪口について、理論的には同調し父親を嫌うこともあります。 しかし深層心理では母親の悪口を「父への攻撃」と受け止め、どこか父親に対して同情することもあるのです。

父親に対して過度に冷淡/良い子を演じてきた

『家庭内ストックホルム症候群』の女性は、幼少期以降の父親との関係性が良好なものとなっていません。 極端に物理的・精神的な距離を置いたり、反対に父親に好かれようと過度に良い子を演じることもあります。

「父親から無条件で愛される」という自信が無いために、最初から好かれるのを諦めようとしたり、反対に「好かれていないと不安」と感じて「父親好み」であろうとするのです。

成長期以降、父親との関係が良くない

成長期以降、大人になってからは父親に対して「嫌いだ」「あんな風にはなりたくない」といった感情を持つ傾向にあります。 恋人についても「父親のようではない男性」を表面的には好みのタイプとして探していくのです。 恋愛では「自分の父では無いような、理想の父性」を探し求めます。 そのため極端に年齢差のある恋愛、不倫といったパターンに陥ってしまうケースも少なくありません。

家庭内ストックホルム症候群の克服法

親子関係を見直してみよう

表面的な「嫌いだった」「もう関心が無い」という状態から一歩踏み込んで、父親との関係性を振り返ってみましょう。 あなたが言っている父親の悪口は、もしかしたら「母親のただのマネ」になっていませんか? そして、どこかで「父にも言い分はあったのでは」と、父親を擁護していないでしょうか。

もう一度「子供」としての自分の目線から、父親に対する不満を見なおしてみましょう。 「寂しかった」「きちんとこちらを見て欲しかった」--このような不満を子供が持つのは当然なのです。 「自分は愛されたかったのだし、愛されないことが不満だった」という点を自覚することが、父親との関係性を見直す第一歩となります。

今までの恋愛を見なおしてみよう

『家庭内ストックホルム症候群』の女性が恋人に求めているのは「愛されなかった父親の代用品」です。 そのため「父親のような男は選びたくない」と思いながら、結局父と同じような「問題を持つ男性」に強く惹かれます。 「問題を持つ父親」から愛されることで、幼い頃からの不安や愛情の枯渇を埋めようとしてしまうのです。

今までの男性との恋愛遍歴を書き出してみて「どこが魅力的だったのか」「何を好きだと思ったのか」を振り返ってみましょう。 「何かを埋めようとする恋愛」をしてきたと感じたら--「それは恋愛では埋められないのだ」と考えることが、今後の恋愛を変えるスタート地点となります。

おわりに

親との関係性を振り返り、過去の自分と向き合うことは時に苦しく辛く感じられるかもしれません。 「自分一人で向き合えない」「素直な気持ちで親のことを考えられない」そんな時には一人でその苦しい気持ちを抱え込まず、心の専門家であるカウンセラーの力を頼ってみるのも一つの手です。

質問に答えてマイカウンセラーを見つける

あなたにおすすめのコラム

>>> 同じカテゴリ(恋人との関係・夫婦関係)のコラムをもっと見る
このページのトップへ