hidehide
お名前(ニックネーム可)
メールアドレス
パスワード
性別
すでに会員の場合はログイン
 »  »  » え!私が異動!? 新しい環境でストレスと向き合う過ごし方

え!私が異動!? 新しい環境でストレスと向き合う過ごし方

更新日 2018年11月13日 |
カテゴリ: キャリア・人生・仕事の悩み
え!私が異動!?  新しい環境でストレスと向き合う過ごし方

春は人事異動の季節。新しい部署で働くことになった人も多いのではないでしょうか。
新たな環境は、期待もあれば不安を感じることもありますよね。希望の部署に配属になった人でも、期待していた内容との実際のギャップに戸惑っていることがあるかもしれません。慣れない仕事はもちろんですが、新しい環境ではどんな人でも多かれ少なかれストレスを感じるもの。特に、責任感が強い人や相手を気遣える人、我慢強い人にとっては、辛いと感じる時期ではないでしょうか。

そこで、今回は、新しい環境での過ごし方のヒントを紹介します。

新しい環境、何がストレスになる?

新しい仕事

新しい仕事に就くと、覚えることがたくさんあります。未経験の仕事であれば、なおさら覚えるのが大変でしょう。
真面目で責任感の強い人ほど、「早く覚えなければ」「周りに迷惑をかけないようにしなければ」と自分自身にプレッシャーをかけてしまう傾向があります。

新しい人間関係

環境が変われば、人間関係も変わるもの。
慣れた人間関係だと「あの人は午前中は忙しいから、急用以外は午後確認しよう」「あの人はクールに見えるけれど、実はシャイなだけでとても優しい人」など考えながら仕事することができますが、新しい環境ではそうもいきません。
他人を気遣うことができる人ほど、新しい人間関係の中で自分はどうふるまえば良いか、何をしないほうがよいのかなどと考えすぎてしまい、ストレスに感じてしまうかもしれません。

新しい生活環境

部署が変わったことで、住むところや勤務時間が変わった人もいるかもしれません。見知らぬ土地でまだ心を許せる友人を見つけられていなかったり、趣味を楽しめる場所がなかったりと、プライベートでの息抜きが難しい人もいるでしょう。
勤務時間が変わった人は、生活のリズムを合わせるのに時間がかかっている人もいるかもしれません。

ストレスへの向き合い方のヒント

環境が変わったことで感じるストレスを対処しないと、その後もずっとストレスを抱え続ける可能性があります。新たな生活のストレスへの向き合い方のヒントを紹介します。

失敗を糧にする

慣れない仕事だと、うまくできないことや失敗をしてしまうこともあるでしょう。周りに迷惑をかけてしまったと自分を責めてしまうこともあるかもしれません。
しかし、失敗はどんなに気をつけていても誰でもしてしまうもの。未経験の仕事なら、なおさらです。反省することはとても大切ですが、失敗した自分を責めているだけでは、前には進めません。同じ失敗を繰り返さないようにすることが、自分のためであり、周りのためでもあるのです。失敗を引きずらず、糧にする姿勢を持ちましょう。

リフレッシュする時間を持つ

張りつめた緊張の糸をゆるめる時間を持ちましょう。軽く汗をかくくらいの運動をしたり、趣味を楽しんだりと何かに夢中になっている時間は、仕事のことを忘れられる時間です。頑張っている自分を労わる意味を込めて、そして次の日からも頑張れるよう、パワーチャージとしてリフレッシュすることはとても大切です。

「まずは1ヶ月!」と考えてみる

カレンダー通りの勤務の人は、ゴールデンウィークに長期休暇があります。「4月の1ヶ月間を頑張れば、ゴールデンウィークが待っている」と思えば、頑張れる人も多いのではないでしょうか。
頑張った自分へのご褒美として楽しい予定を立てて、思い切り羽を伸ばしている自分を想像してみましょう

自分を知る

環境の変化は、今回だけでなく、これからの人生で何度も訪れるものです。それは、転職や部署異動であったり、結婚や出産だったりするかもしれません。
状況は違えど、ストレスを感じるものは、人間関係や生活の変化など、似たようなものだったりします。いつも自分が何にストレスを感じるのかを見直すことで、これから起こる変化にも対応できる力を身につけることができるでしょう。

カウンセラーなどの専門家と一緒に、悩みを整理することもおすすめです。cotreeでは、気軽に相談できるオンラインカウンセリングサービスを提供しています。

なんとなくモヤモヤしている方へ

「なんとなく辛い、なんとなく不安だなあ」と感じていませんか? また、「悩みを相談できる相手があまりいない…」と感じたことはありませんか?
心のモヤモヤは、知らず知らずのうちに、積み重なっていくもの。 そしてそれを、一人で抱え込んでいると、だんだん苦しくなってしまいます。
こちらでは、あなたが心のモヤモヤをどのくらい抱え込んでいるかを、知ることができます。

心のモヤモヤを知る

あなたにおすすめのコラム

>>> 同じカテゴリ(キャリア・人生・仕事の悩み)のコラムをもっと見る
このページのトップへ