hidehide
お名前(ニックネーム可)
メールアドレス
パスワード
性別
すでに会員の場合はログイン
 »  »  » 仕事はうつ病だとできない? うまくいかない時の対策と復職について

仕事はうつ病だとできない? うまくいかない時の対策と復職について

更新日 2018年10月16日 |
カテゴリ: キャリア・人生・仕事の悩み
仕事はうつ病だとできない? うまくいかない時の対策と復職について

うつ病になると、仕事に影響が出てうまくいかなくなることもあります。

しかし、症状に応じた対処で仕事を続けることはできますし、一旦休職して復職するという方法もあります。

今回は、うつ病で仕事がうまくいかない時にどうしたらよいのか、休職や復職についても考えていきましょう。

仕事がうまくいかないのはうつが原因?

仕事がうまくいかないときにはさまざまな要因がありますが、仕事がつらいと感じている時はその背景にうつがあるかもしれません。

うつが仕事に及ぼす影響

うつが仕事に及ぼす影響は2つあります。

1つ目は、うつ症状による影響。倦怠感でやる気が出なくなります。

また、集中力が持続しないために仕事が覚えられなかったり、ミスが増えたりすることもあり、以前のように仕事ができなくなったと感じることもあるでしょう。

2つ目は、うつ病の治療で飲む薬の影響です。

うつ病の治療薬には、副作用で眠気があらわれるため、その影響によっても集中力が低下し、仕事の効率が低下します。

仕事がうつのきっかけになることも

仕事がきっけとなりうつになることもあります。特に、真面目な人、完璧主義な人はうつになりやすいといわれています。

また、仕事で強いプレッシャーがかかる場合なども注意が必要です。

そのストレスが大きな負担となり、うつの発症につながることもあります。

「うつになったかも?」と思った時にするべきこと

自分がうつかもしれないと思った時には、その症状がうつであるかを見極め、適切な対処をとらなければなりません。
つらいのを我慢していても、悪化してしまいます。

仕事で分かる、うつの初期症状

うつは仕事にも影響を与えます。

仕事に行きたくなくなった、という意欲低下のほかにも、仕事でミスが増える、判断力が鈍るなどの症状がみられる場合は、うつの初期症状かもしれません。

また、ご自身の自覚以外でも、周囲から見るとふさぎ込みがちになった、外見に気を使わなくなったなどの変化でわかる場合もあります。

うつかもと思った時の対処法

では、うつかもしれないと感じたときは、どう対処したらよいのでしょうか。

うつ症状があると、とにかく仕事から逃れたいと考えてしまうかもしれません。

しかし、すぐ辞めることはせず、医療機関を受診してみましょう。そして、現在の自分がどのような状態であるのかの診断を受けることをおすすめします。

診断の結果うつであるとわかったら、十分な休養を取るようにしましょう。

仕事がつらくてたまらない場合や、仕事から離れたほうがよいという医師の判断があれば、仕事をいったん休職します。

うつの症状があるときは、正常な判断ができないからです。まずは休職して十分に身体を休め、今後についてはうつが回復に向かってから考えるようにしましょう。

うつ病になったら仕事は続けられない?

うつ病の治療には休養が不可欠です。
しかし、うつ病になったからといって、仕事を続けられないわけではありません。

うつ病でも仕事は続けられる

うつ病と診断されても、状態によっては、仕事を続けながらうつ病の治療に取り組むことはできます。

ただし、頑張りすぎないようにすることが必要ですし、状況によっては周囲の助けを借りることも大切です。

仕事を続けるための方法

うつ病で仕事を続けるためには、つらい症状を和らげるための薬を服用し、経過を見ながら取り組んでいく必要があります。

仕事そのものが負担となっている場合には、職場とも話し合いながら働く環境を整えてもらうようにしましょう。

また、必要以上に頑張りすぎると症状の悪化を招きますので、無理をしないことや、休みたい時はしっかりと休んで心身の回復をはかることも大切です。

うつ病から復職する時の注意点

うつ病で仕事を休んだあと復職する時には、無理をしないことが大切です。また、少しずつ身体を慣らしていくようにしましょう。

適切な治療を受け医師の診断を信用する

医師から復職の許可があったとしても、そこが治療のゴールではありません。

少しずつ働く環境に慣れていくことが必要ですので、再び頑張りすぎてうつ病が再発しないように注意しましょう。

医師から復職を許可されても不安は残るかもしれませんが、まずは医師の診断を信用しましょう。

医師はこれまでのうつ病の病状の変化を見てきています。復職の許可が出ていることは、回復期に入っているということ。無理は禁物ですが、自信を持って復職を目指していきましょう。

しかし、実際に復職してみると現実では難しい面が出てくるかもしれません。

その時に適切な対応ができるよう、医師とはもちろん、職場の上司ともコミュニケーションを取り、現状を理解してもらうことが重要です。

再発防止のために休む時は休む

もし、つらさを感じているのに無理をしてしまうと、再びうつの症状があらわれることも。

うつ病を再発させないためにも、休むべき時は休みましょう。きちんと休むことが、かえって復職を早く成功させる場合も少なくありません。

頑張り過ぎないよう、自分をいたわることを大切にしてください。

さいごに

うつ病などの精神疾患には、きちんと自分をケアすることが大切です。

cotreeのオンラインカウンセリングなら、ご自宅からご都合のよい時間に専門家に相談できます。

悩みやつらさを感じているなら、まずはカウンセラーに打ち明けてみることから始めてみませんか?

カウンセリングに興味が出てきた

cotreeのプログラムでは、カウンセリングやコーチングの専門家があなたの変化への道のりをサポートします。22の質問に答えることであなたにぴったりのカウンセラーがわかります。

質問に答えてマイカウンセラーを見つける

あなたにおすすめのコラム

>>> 同じカテゴリ(キャリア・人生・仕事の悩み)のコラムをもっと見る
このページのトップへ