豆腐メンタル卒業! 今日からできる、心を強くする5つの方法

更新日 2018年11月24日 |
カテゴリ: 自信がない
豆腐メンタル卒業! 今日からできる、心を強くする5つの方法

「豆腐メンタル」という言葉を知っていますか? 豆腐のようにもろく崩れやすい、弱いメンタルのことを言います。

メンタルが弱いと、気持ちが暗くなり、うつうつとした感情に支配されがちですよね。心を強くする方法を身に着け、楽しい人生を送りましょう!

メンタルの強弱って?メンタルが強い人の特徴

ストレス耐性がある

メンタルの強い人は、物事を前向きに、明るくとらえる特徴があります。

「物事をポジティブにとらえられる」ということは、降りかかってくるさまざまな問題に対しても「積極的に解決する力を持っている」ということです。

ポジティブな思考は、ストレスがかかってもそれを解消するだけの余裕を生み出し、ストレスに負けない心を作り出します。

自分のメンタルの状態を把握できる

自分が今、何を思っているか何を考えているか、把握していますか?

メンタルの弱い人は、自分を向き合うことができないので、自分の状態を把握することができません。

自分の状態を把握することができないと、不安になったり、心配になったりして、物事をプラスの方向でとらえることができません。

しかし、メンタルの強い人は、自分の今の状態をしっかり見て、把握することができます。

自分の状態を把握し、周りのこともしっかり認識することで、状況の整理ができ物事をプラスの側面もしっかりと捉えることができます。

メンタルをコントロールする術を持っている

自分の気持ち、感情をコントロールすることができる人は、気持ちを落ち込ませない、暗い気持ちにならない方法を知っています。

自分で気持ちをコントロールできることは、いつも明るく、ポジティブに過ごすためには重要なことです。

メンタルの弱い人は、気持ちをコントロールする方法を身につけていないため、気持ちが落ち込んでも上げられず外から加わるストレスに負けてしまいます。

メンタルはトレーニングで強くなる!

本から知識を得る

現在メンタルに関連する書籍は、ゲーム感覚で読めるものから、専門的な知識を得られるものまで、さまざまなものが出版されています。

メンタルを強くするには、まずメンタルとはどういうものか、どのような特徴を持つのか、知識を得ることが必要です。

メンタルを強くする方法を本を通して習得してみてください。きっと役に立つ知識を得ることができます。

参考サイト:Amazonのメンタルに関する本一覧

食べ物・食事習慣を見直す

食生活によって体調のコントロールができるように、メンタルも食事内容に影響されます。

ストレスに対抗するための神経伝達物質に「抗ストレスホルモン」と呼ばれるものがあります。代表的なものが「セロトニン」です。

セロトニンは気持ちを安定させて、リラックスさせてくれるホルモンです。また、質の良い睡眠をもたらす働きもあります。

セロトニンが足りなくなると、うつ病になってしまいます。そのため、セロトニンは、メンタルを強く保つ物質であるといえます。

セロトニンの材料になるのが「トリプトファン」というアミノ酸の一種。その合成にはビタミンCがかかわっています。

ですから、ストレスを感じたとき、積極的に野菜やフルーツをとり、カツオやマグロ、大豆、牛乳など、たんぱく質からトリプトファンを補っていくと、ストレス解消に効果的です。

また、最近は糖質制限ダイエットが流行っていますが、極度の糖質制限は脳へのエネルギーの供給不足に陥り、正常な判断ができなくなったり、集中力がなくなったりします。

糖質制限は、やりすぎないように注意が必要です。

瞑想など集中する時間を作る

心を穏やかにして、精神統一をする時間を設けると、自分がはっきり見えてきます。

自分にしっかり向き合い、自分の弱いところを補う工夫をしましょう。

そのためにはマインドフルネスや瞑想などが挙げられますが、何かに集中することも心を鍛える方法の一つです。

好きな映画を見たり、音楽を聴いたり。NetflixなどのVODサービスやApplemusicなどのストリーミングサービスを活用づるのも良いでしょう。

このような時間を取ることで、ストレスから離れていることができ、ストレスによるメンタルのダメージから回復することができます。

メンタルが弱る前に人に相談する

ストレスがたまってくると、誰かに話したくなりませんか?

人に話す、自分のストレスを外に出すことで、ストレスを解消することができます。

一人で問題を抱えていても、どうにもならないことも多いです。

心が疲れてしまう前に、できる限り受けたストレスは外に放出していきましょう。

メンタルを強くするには「運動」が効果的

スポーツがメンタルにもたらす効果

身体を動かすことで、脳への血液循環が改善され、脳の働きが活発になります。

その結果、思考力や記憶力が高まりますし、セロトニンなどの神経伝達物質が増え、神経の働きも活発になります。

また、運動は刺激として機能し気分転換にもなります。気分転換がうまくできると、いやな気持ちを一時的でも忘れることができるでしょう。

さらに、運動を続けることで「これだけできるようになった」という満足感や、達成感も味わうことができます。

それが自信になり、自信がストレスに強いメンタルを作る手助けになるのです。

お勧めの運動

初めから激しい運動をしても、長続きしません。短時間でも、続けることが必要です。

まずは、自分ができそうなことから始めてみましょう。

軽いジョギングやウォーキングは、一番手軽に始められるものです。

初めは短時間から、徐々に時間を延ばしていくこともよいでしょう。

また、サイクリングや水泳も効果的です。無理のない程度に、1日20~30分程度、週に2~3回できるとよいでしょう。

「毎日やらなきゃ!」と義務にならずに、楽しんで継続できるようにしましょう。

他に、寝る前のリラックスタイムにストレッチやヨガを取り入れることも良いでしょう。

1日の生活で疲れて凝り固まった体をほぐすことができ、眠りの質を高めることができます。

時には、友人たちとテニスやバレーボールなどでワイワイ盛り上がるのもよいでしょう。

たくさんの人と楽しむのも、ストレス解消には効果的です。

、メンタルを強く保つことができるようになりたいものです。

明るく楽しい人生を送るために、今回紹介した中から、自分に合ったストレス解消法を見つけ、メンタルを強くしていきましょう!

なんとなくモヤモヤしている方へ

「なんとなく辛い、なんとなく不安だなあ」と感じていませんか? また、「悩みを相談できる相手があまりいない…」と感じたことはありませんか?
心のモヤモヤは、知らず知らずのうちに、積み重なっていくもの。 そしてそれを、一人で抱え込んでいると、だんだん苦しくなってしまいます。
こちらでは、あなたが心のモヤモヤをどのくらい抱え込んでいるかを、知ることができます。

心のモヤモヤを知る

あなたにおすすめのコラム

>>> 同じカテゴリ(自信がない)のコラムをもっと見る
このページのトップへ