hidehide
お名前(ニックネーム可)
メールアドレス
パスワード
性別
すでに会員の場合はログイン
 »  »  » 運動とメンタルヘルスの関係性!ストレスとサヨナラするための運動のススメ

運動とメンタルヘルスの関係性!ストレスとサヨナラするための運動のススメ

更新日 2018年03月08日 |
カテゴリ: ストレスに対処したい
運動とメンタルヘルスの関係性!ストレスとサヨナラするための運動のススメ

ダイエットや健康のため、適度な運動を習慣づけることはとても大切です。さらに、運動はメンタルにも大きな影響を与えるのです。「最近、気持ちが下向きになりがち……」という人は、運動の習慣に目を向けてみませんか?

運動とメンタルの関係性とは?

「健全なる精神は健全なる身体に宿る」という言葉を聞いたことがありませんか?メンタルと身体は非常に深く結びついています。健やかなメンタルを手に入れるためには、健やかな身体が必要不可欠です。

例えば学生時代、苦手な教科の授業が終わったあとにどっと疲れる……という経験をしたことがある人も多いでしょう。身体を動かしていなくても、物事を深く考えるには体力が必要になります。身体がボロボロではしっかりと考えることができず、良い発想も浮かびません。魅力的なアイディアへたどり着く前にエネルギー切れを起こせば「もういいや」「何もしたくない」とネガティブな気持ちが加速してしまいます。

無理のない運動のやり方

行動力ややる気、ポジティブな気持ちを取り戻すためには、日常生活に運動の習慣を取り入れましょう。しかし、メンタルが弱くなっているときは日常のちょっとした動作でもつらいと感じやすく、やる気が起きにくいもの。「運動をしなければいけない」と難しく考えずに、毎日の生活の中で意識的に足を動かしてみましょう。

いつも車やバス、電車で移動している人は、ときには歩いてみる。エスカレーターやエレベーターではなく、階段を意識的に使うなど、ちょっとした習慣が、身体を動かすきっかけになります。「激しい運動をしなければ意味がない」「少し歩くことくらい普通」と考えずに、まずはできることからはじめ、きちんとこなせたときには自分自身を評価してあげましょう。

いつもより元気があるときや、やる気が溢れているときには、ウォーキングやランニングなどの運動にチャレンジしてもいいですね。強いストレスにさらされていると、呼吸が浅くなりがちです。ウォーキングやランニング、サイクリングなどの有酸素運動を取り入れることで、正しい呼吸を意識しやすくなります。

外へ出ることが億劫に感じられる場合には、腹筋やスクワットなど、自宅でできる簡単な筋トレを行うのもおすすめです。例えば、布団に寝そべった状態で足だけを持ち上げ、数秒間キープする「足上げ腹筋」なら、寝たまま行えるという手軽さが魅力。無理なくチャレンジできる運動や筋トレメニューを探して、実践してみましょう。

メンタルのための運動のコツ

運動は心身にうれしい影響を与えてくれる一方で、向き合い方によってはかえってうつ状態を引き寄せやすくなる可能性もあります。特に気をつけたいのが「運動を義務化しないこと」。

「運動しなければいけない」と思っていると、思うように進まなかったときや、やる気が起きないときに「自分はなんてダメなんだろう」とさらにネガティブな状態に陥ってしまいます。健やかなメンタルのために取り入れた運動習慣で、さらに追いつめられてしまうのは悲しいものですよね。

メンタルが弱っているときは「できればやる」という気楽な気持ちで運動と向き合うことが大切です。元気なときはウォーキングをして、やる気にならなければ自宅内でできるトレーニングに切り替えるなど、自分の状態に合わせてハードルを設定しましょう。

また「運動は必ず毎日やらなければいけない」と考えるのも間違いです。プロのスポーツ選手も、練習しすぎると身体を故障する可能性があることから、トレーニングの時間と同じくらい休む時間を大切にしています。身体が疲れ切った状態のまま毎日義務的に運動をするより、休むときはしっかり休み、調子が上がってきたらトレーニングをする方が、効果も実感しやすくなります。

運動のほかにすべきこと

運動の習慣はメンタルに大きな影響を与えます。しかし、だからと言って運動をすればその瞬間から健康的なメンタルが手に入るわけではありません。メンタルは日々の習慣の中で少しずつ変わっていくものだからこそ、十分な睡眠や栄養バランスの優れた食事にも気をつけながら、長い目でケアを続けてください。

「どうしてもやる気が起きない」「気持ちが落ち着かずいてもたってもいられない」というときには、早めにメンタルクリニックへ相談してください。専門医師による診察や治療を踏まえることで、より効果的に改善へ導きやすくなります。

メンタルヘルスと運動の関係性を覚えておこう

メンタルが弱っているときは、些細な動作にも腰が重くなってしまうことがあります。そんなときは無理せず、「今日はいつもより気持ちが楽だな」と感じるタイミングで簡単な運動を試してみてくださいね。

カウンセリングに興味が出てきた

cotreeのプログラムでは、カウンセリングやコーチングの専門家があなたの変化への道のりをサポートします。22の質問に答えることであなたにぴったりのカウンセラーがわかります。

質問に答えてマイカウンセラーを見つける

あなたにおすすめのコラム

>>> 同じカテゴリ(ストレスに対処したい)のコラムをもっと見る
このページのトップへ