無料と有料でなにが違う?電話カウンセリング・電話相談の比較まとめ

更新日 2020年10月30日 |
カテゴリ: オンラインカウンセリング
無料と有料でなにが違う?電話カウンセリング・電話相談の比較まとめ

周囲には相談できない悩みを抱えたとき、ふと気になるのが「いのちの電話」などの電話サービス。「電話 カウンセリング」で検索してみると、現在では技術の発達により、電話を利用したもの以外にもビデオ電話やメールなど多くの種類のサービスがあることがわかります。

また、値段が無料のものや有料のもの、官公庁が提供しているものや個人が提供しているものまで、それぞれのサービスに異なった特徴があり、「どれを選べば良いのだろう」と悩んでしまう方も多いのではないでしょうか。

そこで今回は、特に気になる無料サービスと有料サービスの違いや、電話カウンセリングを含むオンラインカウンセリングの中から特色のあるサービスを紹介します。


無料と有料はなにが違うの?

電話などでカウンセリングを受ける際、気になるのはやはり無料か有料か。サービスの充実度という点では、当然のことながら有料カウンセリングの方が優る傾向にありますが、それでもやはり無料というのは魅力ですよね。

しかし、より重要なことがあります。それは無料サービスと有料サービスでは提供している内容、目的が異なること。どういうことか見ていきましょう。

無料電話「カウンセリング」ではなく無料電話「相談」?

「いのちの電話」「よりそいホットライン」などの無料サービスをよく見てみるとあることに気づきます。それは無料サービスのほとんどが、無料「カウンセリング」ではなく、無料「相談」として提供されているということ。

相談とカウンセリングのそれぞれの特徴は後述しますが、ここで重要なのは無料電話相談ではカウンセリングは提供されないということです。つまり、相談者に対して治療的なことをしたり、何かに取り組むように促したりといったカウンセリングに含まれることはあまり行われません。

そのため、カウンセリングをイメージして無料電話相談を利用した際には、ギャップを感じてしまう可能性もあるため注意が必要です。

無料電話相談では何をしてくれるの?

ではそうした無料電話相談では何をしてくれるのでしょうか? 無料電話相談は運営目的から分けると大きく2種類あります。

一つは「いのちの電話」などの「自殺防止」を目的としたもの。これらの無料電話相談では対話を通じて、相談者の抱える自殺にさえつながりかねない「今の心の危機」に納まりをつけることを目指します。

もう一つは「よりそいホットライン」などの「ソーシャルワーク」を目的としたもの。こちらの無料電話相談では相談者の悩みに寄り添いながら、必要に応じて適切な支援に結びつけ、具体的な問題解決につなげることを目指します。

どちらの場合も、電話相談そのもので相談者の悩みを解消することを目的とはしていないことが特徴です。悩みそのものではなく、悩みによって生じた心の揺れ動きに対処してくれると言えば分かりやすいでしょうか。

まとめると無料電話相談は基本的に一回の相談を通じて、その場その瞬間の悩みや生き辛さに寄り添ってくれるサービスであると言えます。

有料電話カウンセリングでは何をしてくれるの?

一方、有料で提供される電話カウンセリングは、無料相談を延長した内容と考えると分かりやすいでしょう。

カウンセリングでは、その場の瞬間的な悩みや想いに寄り添うだけでなく、カウンセラーとの複数回の対話を通じて、相談者自身に中長期的な変化をもたらすことを目的とします。

悩みそのものにじっくりと向き合いながら共に解決策を探していくといったイメージでしょうか。「伴走」といった言葉が用いられることもあります。

また、無料相談では「今の心の危機を納める」「適切な支援と結びつける」といった目的が、運営者によって設定されていましたが、有料のカウンセリングでは対話の目的を自分自身で設定することができるのも特徴です。

悩みの解消はもちろん、定期的なメンタルケア、思考の整理、あるいはカウンセリングの目的を何にするかまで。カウンセラーが専門的な知見を駆使しサポートしてくれます。

自分に合ったサービスを選ぶために

さて、無料電話相談と有料電話カウンセリングそれぞれの違いがわかったところで、電話相談と電話カウンセリングのメリット・デメリットを整理してみましょう。

電話相談のメリット・デメリット

メリット

  • ・瞬間的な悩みや生き辛さにすぐに寄り添ってくれる
  • ・悩みの解消に向けた具体的なアクションにつなげるための窓口としても利用できる
  • ・電話回線を用いたものが多いため比較的場所を選ばず利用できる

デメリット

  • ・相談を通じて悩みが解消できるとは限らない
  • ・相談員が求めているような知見を持っているか事前にわからない
  • ・一回ごとに相談員が異なるためじっくりと話を聞いてもらうことができない
  • ・無料のため時期によっては繋がりにくいことがある

電話カウンセリングのメリット・デメリット

メリット

  • ・その場の瞬間の悩みや生きづらさに心理の専門家が寄り添ってくれる
  • ・対話の目的を自分で設定することができる
  • ・同じカウンセラーに何度でも話を聞いてもらうこともできる
  • ・時間をかけてじっくり悩みに向き合うことができる
  • ・生活の中で実践できるメンタルケアの方法を教えてもらうこともできる

デメリット

  • ・基本的に複数回の実施が前提のため序盤は効果を感じづらいことがある
  • ・内容によっては何回で目的が達成できるか事前にわからず終わりが見えづらいことも

自分の目的に合った方法を選ぼう!

こうして比較すると、それぞれ悩みに対するアプローチや得意なことが異なることがわかります。その上で選ぶ際のポイントは自分の求めていることを把握しておくこと。

辛い感情をなんとかしたいのか、悩みを解消をしたいのか、モヤモヤを言葉にしたいのか、専門家に話を聞いて欲しいのか。

電話カウンセリングを利用したいと思った理由を振り返ってみましょう。

あるいは、悩みを相談することは自分にとってどのような価値を持つのか。無料電話相談で試してみて、良い体験であれば有料電話カウンセリングを利用する、と段階を踏んでみても良いかもしれません。

  1. 自分は何に悩んでいるのか
  2. 悩みをどのように対処したいのか
  3. どのくらいのお金を捻出できるのか

自分なりに整理してみることで納得感を持って相談やカウンセリングに臨むことができるでしょう。

無料で使える相談・カウンセリングサービス3選

ここでは電話・オンラインサービスの中から、無料で利用できるものを3つ紹介します。無料ということもあり、相談サービスは官公庁やNPOが提供しているものがほとんど。しかし最近では、カウンセリング技法の一つである認知行動療法が自分で行えるアプリなども出てきています。

よりそいホットライン

よりそいホットライン
運営会社:一般社団法人社会的包摂サポートセンター /相談形態:電話/料金:無料/キャッチコピー:「どんなひとの、どんな悩みにもよりそって、一緒に解決する方法を探します。」

『よりそいホットライン』は心理的な悩みはもちろん、暮らしの困りごとやDV、性別への違和感など、生活の幅広い悩みを24 時間年中無休で相談できる無料電話サービス。

悩みの種類によって相談先が異なるのが特徴的で、暮らしの相談は全国から選定された「地域センター」、自殺予防のための相談は「自殺対策全国民間ネットワーク」、DV、性被害等女性のための相談は「全国女性シェルターネット」と、自分の悩みに適した専門家に相談することができます。

サービスURL:https://www.since2011.net/yorisoi/

こころのほっとライン

こころのほっとライン
運営会社:NPO法人 東京メンタルヘルス・スクエア/相談形態:電話/料金:無料/キャッチコピー:「あなたの笑顔がみたいので声を聞かせてください」

『こころのほっとライン』は公認心理士、臨床心理士等の専門家に1回20分、1日2回まで無料で相談できる電話サービス。相談という枠組みで利用できる時間帯も限られていますが、心理の専門家に無料で話を聞いてもらえる点は大きな特徴と言えます。

また、その他のサービスが充実している点も魅力。吃音者専門の無料電話相談『吃音ほっとライン』、LINEなどSNSを用いた無料のチャット相談『こころのほっとチャット 』、対面・電話・ビデオ電話で有料カウンセリングを行える『お話しパートナー』など様々な悩みに様々な形態で相談することがきます。

サービスURL:https://www.npo-tms.or.jp/

いっぷく堂

いっぷく堂
運営会社:東京大学教育学研究科下山研究室、マインドアイル株式会社/相談形態:アプリ/料金:無料 キャッチコピー:「人工知能があなたの心の元気をお手伝いする」

『いっぷく堂』は東京大学とマインドアイル株式会社の共同開発で作成された無料iPhoneアプリ。最新の認知行動療法の技法を活用し24時間どこでも自分でメンタルケアを行うことができます。

このアプリが特徴的なのは、「AI」と擬似的に対話を行いながら自分に合ったサポートを受けられる点。対話という文脈からは少しそれますが、自分一人で手軽にカウンセリングを行えるため、実際にどんなことが行われるのか、試してみる意味でもオススメです。

サービスURL:http://www.ippukudou-ai.com/ippukudou/#ai_1

ビデオ/電話カウンセリングを受けるなら『cotree』で!

cotree2
運営会社:株式会社cotree/相談形態:ビデオ電話、メッセージ/料金:ビデオ/電話カウンセリング 45分5000円〜、パートナー・プログラム 2週間8000円〜/キャッチコピー:「いつでも、どこでも、安心できるオンラインカウンセリング」

『cotree』は24時間365日どこからでも利用できる有料のオンラインカウンセリングサービス。ビデオ電話を用いた「ビデオ/電話カウンセリング」は45分5000円から利用可能です。

『cotree』の特徴は少しハードルの高いカウンセリングを気軽に受けられる点にあります。厳正な審査の上選ばれた180名以上の中から、自分に合ったカウンセラーを3分で選べる「マッチング診断」。万が一カウンセラーとの相性が合わなかった際でもポイントが返還される「満足保証制度」など。カウンセラー選びを丁寧にサポートします。また、カウンセリング実施前後にカウンセラーとテキストでやり取りすることも可能。

対話に基づくカウンセリングで根本から悩みを解消したい方はぜひ利用を検討してみてくださいね。

サービスURL:https://cotree.jp/

===

無料ですぐに悩みを吐き出すことのできる電話相談か、有料でじっくりと悩みを掘り下げていく電話カウンセリングか。金額以上にその内容や目的によって、どちらが自分に合っているかは異なります。この記事が自分に合ったサービス選びの参考になれば幸いです。

参考資料
中尾和人『「いのちの電話相談」の特質に関する実証的研究--修正版グラウンデッド・セオリー・アプローチによるコーラー・相談員の関係性の考察』佛教大学大学院紀要,教育学研究科篇,佛教大学大学院,2010-03,38,pp73-pp90
一般社団法人日本いのちの電話連盟|いのちの電話の相談方法
一般社団法人社会的包摂サポートセンター|令和2年度「よりそいホットライン」事業 OJT相談員募集要綱
一般社団法人社会的包摂サポートセンター|「よりそいホットライン」2018年度事業報告書


わたしってどんな人?

「また同じことでイライラしてしまった」「こうい人とのコミュニケーション苦手…」と感じることはありませんか?

いつも同じようなことで苦しむのは、自分が変われていないように思えて、辛いですよね。

もしかしたら、まず、自分のことを知るところから始めてみたら、少し楽になるかもしれません。

cotreeでは、あなたの性格タイプとあなたにぴったりのカウンセラーを、簡単な質問に答えるだけで診断できます。

無料で性格タイプを診断(1分)

あなたにおすすめのコラム

>>> 同じカテゴリ(オンラインカウンセリング)のコラムをもっと見る