【大切なのはキッカケ作り】自分を変えたいときにオススメの4つのアプローチ

更新日 2016年12月19日 |
カテゴリ: 自分を変えたい
【大切なのはキッカケ作り】自分を変えたいときにオススメの4つのアプローチ

今の自分じゃダメだと考えていても、なかなか自分の内面を変えることはできません。自分を変えたくても、そんな風に変わりたいかも、何をしたら変わるのかも分からない、といったことの方が多いのではないでしょうか。

自分を変えるためには何をしたらいいのか?きっかけを作るためのいくつかヒントを見つけていきましょう。

普段は絶対にしないことをしてみる

すぐにできる自分を変える方法として、普段は絶対にしないようなことをやってみる、というのはおすすめです。

普段はインスタントや出来合いの食事ばかりの人も、本格的に料理をしてみましょう。普段は大人しくて、夜の街には出ないという人も、一度出てみると違った刺激を得られます。

いつも同じ通勤路を通って同じ場所に行って同じことをして、という毎日の中では、なかなか変化のきっかけが得にくいものです。何でもいいから新しいことにチャレンジしてみることで、新しい自分の価値観や姿が見えてくることがあります。

勉強して資格をとってみる

現在は取得していない様々な資格を取ることも、自分を大きく変える手段になります。今までできなかったことが出来るようになると、仕事でも生活面でも向上を果たせる、ということだけではなく、資格試験を通じてある程度体系的に新しい分野を学ぶことで、新たな考え方のフレームワークを身につけることができたり、世界が広がったりするのです。

何していいのかわからない、どう変わっていいのかわからないという人は、「何となく役立ちそうだな」という軽い動機で構いませんから、何か勉強をはじめてみるのも良いきっかけになります。

生活習慣を変えてみる

人をかたちづくるのは、運動や食事などの生活習慣です。

例えばダイエットを志すのであれば、基本的には食事を控え、適度に運動を続けていくことで、身体が変わっていきます。

身体が変わって達成感を得ることができると、自信がつくだけではなく、周囲が見る目も変わってきます。

男性なら筋肉を付けることで、より魅力的な自分を目指すこともできるかもしれませんね。

住む場所や環境を変えてみる

当然ながら、人の心は住む場所や周囲からの刺激の影響を受けます。通勤路が変わるだけでも、驚くほどに出会う人や空気、一日の生活が変わったりもするのです。

環境の変化で満足するのではなく、環境の変化を刺激にして、自分の大切な価値観に気づいたり、新しい出会いを得られるように努力する心構えも大切です。

おわりに

今まで仕事ばかりしてきたなら、趣味で園芸をはじめてみる。田舎に住んでいたなら、都会に出てみる。太っているなら痩せてみる。経験がないなら経験をしてみる……

そんな風に、今までの自分ではあり得ないような変化を起こしてみることが、自分の見えていなかった姿に気づいたり,やる気を高めたりするきっかけになります。

「変化する」というのは大変なことですが、まずはきっかけをつくることが、第一歩目になるのです。

なんとなくモヤモヤしている方へ

「なんとなく辛い、なんとなく不安だなあ」と感じていませんか? また、「悩みを相談できる相手があまりいない…」と感じたことはありませんか?
心のモヤモヤは、知らず知らずのうちに、積み重なっていくもの。 そしてそれを、一人で抱え込んでいると、だんだん苦しくなってしまいます。
こちらでは、あなたが心のモヤモヤをどのくらい抱え込んでいるかを、知ることができます。

心のモヤモヤを知る

あなたにおすすめのコラム

>>> 同じカテゴリ(自分を変えたい)のコラムをもっと見る
このページのトップへ