hidehide
お名前(ニックネーム可)
メールアドレス
パスワード
性別
すでに会員の場合はログイン
 »  »  » 絶対失敗できない……!プレッシャーを前向きな力に正しく変える方法

絶対失敗できない……!プレッシャーを前向きな力に正しく変える方法

更新日 2016年12月19日 |
カテゴリ: 自分を変えたい
絶対失敗できない……!プレッシャーを前向きな力に正しく変える方法

プレッシャーに弱い自分……大切な場面をチャンスに変えるために

仕事で大役を任されたり、プレゼンを任されたり、大きなテストを控えていたり。人生の中で重要なことで、絶対失敗できない……と思えば思うほど、プレッシャーがかかり、あせってうまくいかないことを経験したことがある方も多いかもしれません。

適度なプレッシャーによって普段の実力以上のものが発揮できることもありますが、かかりすぎると逆に柔軟性がなくなり、うまくいかないこともあります。では、失敗できない大切な場面にはどう向き合ったら良いのでしょう?ここでご紹介するのは、正しい自分への「プレッシャーのかけ方」です。

本番で自分を安心させられるくらいに事前に準備をする

本番でプレッシャーに負けないためには、事前の準備が何よりも大切です。事前にこれでもかというくらい準備をすることで、自分に自信がつき、「自分は自分の限界までがんばったんだから」と認めてあげられ、本番では力まなくても良くなるのです。事前準備で「失敗してもいい」と手を抜くことは、ただの惰性です。本番で最高の力が発揮できるよう、自分を安心させられる自分を作る努力をしましょう。

事前準備は戦略的に、達成すべき目的と自分の強み・弱みを分析する

事前準備で自分にプレッシャーをかけると言っても、それはただ「焦る」ということとは違います。焦りは人の集中力を削いでしまいますから、そんなときこそ冷静に自分が抱えているタスクや、自分自身の弱点や強みについて分析してみましょう。「このタスクの肝となるのはここだな」「自分の弱さが出てしまいやすいのはこんなところだから、ここに注意してすすめよう」など、ひとつひとつ意識しながら戦略的にすすめることが、不安に囚われずに生産的に行動するコツです。

本番では「失敗してもいいんだ」と考える

事前準備が大切である、ということを説明しましたが、逆に本番では、「失敗してもいい」と考えることがとても重要なことです。「絶対に失敗できない」と考えることで、関心の対象が「より良くすること」ではなく、「ミスをしないこと」にシフトしてしまいます。こうなると、心の状態は「これが違うかも」「あれはこうした方が良かったかも」という間違い探しになってしまうため、前向きで創造的な力を発揮できなくなってしまうのです。

失敗してもいい、と自分を許すことで、心に余裕が生まれ、新しい発想や前向きな考えが生まれるようになります。失敗してもいいから、この目的を達成するために何がベストか考えよう、と気持ちを切り替えましょう。

そして実は,現実のプレゼンや試験の場面ではそういった心の余裕や前向きな発想が評価されることが多いものです。

プレッシャーをかけるのは事前段階。本番は自分を解放する

プレッシャーを前向きな力に変えるためにがんばるのは、あくまでも準備段階でのこと。本番では、できる限り自分の心に、失敗を許し、心の余裕を与えてあげることに注意を向けましょう。正しいプレッシャーの感じどころを使い分けるのが、プレッシャーに弱い自分を克服するための大切なコツです!

質問に答えてマイカウンセラーを見つける

あなたにおすすめのコラム

>>> 同じカテゴリ(自分を変えたい)のコラムをもっと見る
このページのトップへ