hidehide
お名前(ニックネーム可)
メールアドレス
パスワード
性別
すでに会員の場合はログイン
 »  »  » ストレスの原因は「自宅」にあった?「だらけグセ」を止めてストレスを改善しよう

ストレスの原因は「自宅」にあった?「だらけグセ」を止めてストレスを改善しよう

更新日 2016年12月13日 |
カテゴリ: ストレスに対処したい
ストレスの原因は「自宅」にあった?「だらけグセ」を止めてストレスを改善しよう

「自分の家や部屋に帰るとホッとできる」という人は多いはず。 緊張しやすい外界に比べて、自宅・自分の部屋というのは気持ちをほどきやすく、リラックスできる大切な場所でもあります。

でも、部屋に帰った途端に服を脱ぎ捨てて、だらけた状態になってしまう…なんて人も居るのではないでしょうか? 実はこの「だらけグセ」が、外でのストレスを増やしていることもあるんです。 ここでは日々の生活を見なおしてみるポイントについてご紹介していきましょう。

1. 部屋で「だらける」人ほど外でストレスを感じやすい?

人間は様々な状況に応じて異なるペルソナ(仮面=外的側面)を持ち、環境によってそれを無意識のうちに切り替えています。
例えば会社では「キッチリとした会社員」というペルソナを持っている人が、家に帰ると「だらしないお父さん」になってしまうこともあるわけです。

ところが、自宅・自室での「だらけ度」が強ければ強いほど、外に出るときには「これではいけない」「きちんとしなくてはいけない」という感情が強く働き、「よりキチンとしたペルソナ」を被ろうとしてしまう傾向も。
外面的には「しっかりした人」というイメージを持たれて良い側面もありますが、外に居る間中には強い緊張感を無意識のうちに自分に強いており、ストレスを感じ続けることになるのです。

この「自然な自分ではない」というストレスが余計に疲労感を増し、家に帰るとますますだらけてしまう…という悪循環を生んでしまうのですね。
「外に居る自分」と「家に居る自分」のギャップが激しければ激しいほど、「外での自分」のストレスが強くなりやすいと言えるでしょう。

2. 自宅での服装を「外に出られる部屋着」にするところから始めてみよう

ペルソナ(外的側面)は自分が身に着けている衣服や髪型などから大きく影響を受けます。
「外での自分と家での自分のギャップ」によってストレスを感じやすい人の特徴として挙げられるのが、「部屋に居住するための服装が極端に少ない」という点です。

家にいる時にはいつもパジャマ、スウェット、「捨てるにはちょっともったいない」と感じた古いTシャツばかり…というケース、意外と多そうですよね。
このような一見すると「ラク」なスタイルこそが自分を最も「だらけたペルソナ」へと導き、「だらけても良い」という許しを自分に与えてしまっているんです。

もちろん、家でも会社にいる時と同じようなネクタイやシャツ、フルメイクをすべし!と言っているわけではありません。「オフィシャル(外界)のための服」か「寝るための服」しか持っていないという人は、まずは「気持よく過ごせる部屋着」を見つけるところから始めてみましょう。

コンビニ等の近所であれば、そのまま出かけられる状態であるというのが理想的。
女性の場合、「部屋にいる時にはノーメイク」という方も多いかと思いますが、例えば休日などであれば家の中にいる時にも眉毛や薄くリップを塗る程度のメイクをしておくと「だらけすぎる自分」を引き締めることができます。

3. 「ナチュラルな自分の底上げ」が、外でのリラックスと能力アップへと導く

「家に帰ってまでキチンとするなんて、疲れそう」と感じる人もいるかもしれませんね。
でも、例えば子供の頃の授業参観や、会社での面接、会議の場、お見合いや初めてのデートなどを思い出してみてください。

「普段からキチンとしている人」の場合、「いつもどおりにやればいい」「自分のままで居ればいい」と感じますからリラックスすることができますし、緊張することなく能力をフルに発揮できるもの。
また敢えて「自分を作ろう」とすることが無いため、その言葉や態度に自然さがあり、相手にもその点が「誠実さ」として受け止められます。

対して「その時だけを取り繕おう」とする人の場合、「普段の自分ではない自分にならなければ」という無意識が働くため、緊張は強くなり、元々持っていた能力すらも出しにくくなります。
言葉や態度にもわざとらしさや誇大表現が増え、「なんだかこの人は信頼できないかも…」と感じられることが増えてしまうのです。

ひとつのペルソナだけで全ての人生のシーンを乗り切ることはできませんが、「本来の自分」という部分の底上げをしておけば、自分に自信を持って様々な場面に挑めるようになります。
「元々の自分」を少しずつ変えていくためには、「素の自分」になりやすい自宅・自室での生活習慣や服装を改めていくことが重要になってくるのです。

おわりに

「自宅での過ごし方」については、今日からいきなり「全てをキッチリとしなくては!」と力むことはありません。 まずは自宅に居る時の過ごす環境や服装を少しだけ整え、「気持よくリラックスする」ことを目指してみましょう。
はじめのうちは「慣れないなあ」と感じることもあるかもしれませんが、毎日継続していくことによって習慣は変わっていくもの。 そしてその「習慣」こそが、あなたの性格や日々のストレスまでも変えていくのです。

カウンセリングに興味が出てきた

cotreeのプログラムでは、カウンセリングやコーチングの専門家があなたの変化への道のりをサポートします。22の質問に答えることであなたにぴったりのカウンセラーがわかります。

質問に答えてマイカウンセラーを見つける

あなたにおすすめのコラム

>>> 同じカテゴリ(ストレスに対処したい)のコラムをもっと見る
このページのトップへ