hidehide
お名前(ニックネーム可)
メールアドレス
パスワード
性別
すでに会員の場合はログイン
 »  »  » 「不安や不満でモヤモヤ…」をスッキリさせよう!覚えておきたい「問題整頓術」

「不安や不満でモヤモヤ…」をスッキリさせよう!覚えておきたい「問題整頓術」

更新日 2016年06月24日 |
カテゴリ: もやもやする
「不安や不満でモヤモヤ…」をスッキリさせよう!覚えておきたい「問題整頓術」

「将来のことが不安で、いつも気分が晴れない」「あれもこれもと不満だらけで、何も手に付かない」等、不満や不安にかられて暗い気持ちのままになっていませんか? 不満や不安の根源から目を背けてなんとなく毎日を過ごしていても、その問題は解消されずに「暗い気持ち」が増えていってしまうだけ。 モヤモヤした気分をスッキリとさせるために、「今抱えている問題」を整頓してみましょう。

1. 現在の不満や不安を全て吐き出してみよう

整頓術で必要なものは以下のとおりです。

・白い紙
・黒いペン
・赤・青・緑等、3色以上のボールペンや色鉛筆

まずは今現在「不安だ」「嫌だ」と感じていることを、紙・ページの左側に全て黒いペンでリストのように書きだしてみましょう。 「給料が下がるかもという不安」「配偶者に対する不満」等など、大きなことから小さなことまで何でもOKです。

大切なのは、現在抱えているものは「全て」吐き出してしまうこと。 「アレはそうでもないかな…」と考えることなく、一通り書き出してしまってください。

もうひとつ重要なのは、できるだけ不安・不満の材料を具体的に書き、「漠然と不安・不満だ」「何もかもが不満だ」とは書かないこと。 「お金がなくなることが不安」なのか「職がなくなるかもという不安」なのか…抱えている不満・不安に正面から目を向けて、自分に問いかけてみましょう。

ちなみに、この整頓術を試した人の80%近くは、この第一段階に2日~3日程度を要しています。 「何が不安・不満なのか」に向かい合うのには、意外と時間がかかるものなのです。

2. 不満・不安に優先順位を付けてみよう

不安や不満を全て書き出すことができたら、今度はその「頻度」を考えていきましょう。 ほぼ毎日のように不安にかられるというもの、毎日イライラしているものに対しては赤などの目立つ色で下線をひいてみます。

週に一度、月に一度程度思い出すものは黄色。 「今回考えてみて、そういえば不満だった」という程度のものには緑などの下線を引いてみましょう。

さて、こうすることで対処すべき不満・不安の優先順位がつきましたね。 赤い下線のものに最も早く対処すべき、というわけです。

3. 不安・不満に対して「譲れない指針」と「自分が考え出せる対処法」を書き出してみよう

今度は対処すべき不満・不安の右側に矢印をひき、「どうしてもこの点だけは譲れない」という点を書いてみます。 例えば仕事に対する不満があっても「この職種はずっと続けていきたい!」と考えるのであれば、それを書くというわけです。

次に、その「譲れない点」を現実化するために、考えられる対処・対策法を全て書き出してみてください。 前述の「仕事に対する不満」であれば、「上司と話し合う」「このまま我慢する」「上司の更に上に相談してみる」「同じ職種で転職活動を始めてみる」…考えられる選択肢は様々ありますね。

「職(お金)を失う不安」であれば、「他の資格を取るための勉強を始める」「現在の出費を見直し、貯蓄を増やす」といったものも選択肢に出すことができます。 この対処法も、「こんなものは無理だろう」と思わず、自由な気持ちで書いてOKです。 ひとつの不満・不安に対して、対処法・対策は4つ~5つ程度出せるのが理想的。 時間をかけても良いので、じっくりと考えてみてください。

4. 現在できる選択肢を選んでみよう

さて、不満・不安に対する対処法を自分なりに考え出したら、その中から「これをやってみよう」という選択肢を選んでみます。 そして、その他の選択肢は黒ペンで二重に消し、「この選択肢は無い」と削除しましょう。

選択肢を選んだら、その対処について「今日から取り組めそうな点」を書き出してみます。 例えば前述の「転職活動」や「資格を取る勉強を開始する」といったものであれば、「転職サイトに登録してみる」「まずは学校の資料を取り寄せる」といった取組ならば、すぐにでも始めることができますね。

赤線を引いた不満や不安への対処法を考えだし終えたら、その次には黄色で下線を引いた不満・不安に対する対処法へと取り組んでいきます。 全ての不満・不安への対処法を選びとったら、「これで現在の指針は決まった」というわけです。

おわりに

この整頓術を全て書き終えるまでに、多くの人が7日~10日程度の時間を要しています。 あまり「早く作ってしまおう」と焦るより、自分自身にじっくりと向き合ってみましょう。

不満や不安は、目を背けて「考えないようにする」だけで増大し、あなたの心を蝕みやすいもの。 きちんと向き合って「今できること」を知るだけでも、心の中がスッキリとして落ち着いた気持ちになれますよ。

質問に答えてマイカウンセラーを見つける

あなたにおすすめのコラム

>>> 同じカテゴリ(もやもやする)のコラムをもっと見る
このページのトップへ