hidehide
お名前(ニックネーム可)
メールアドレス
パスワード
性別
すでに会員の場合はログイン
 »  »  » なんとなく落ち着かない、そわそわして集中できない…不安の解消方法

なんとなく落ち着かない、そわそわして集中できない…不安の解消方法

更新日 2018年07月20日 |
カテゴリ: 感情をコントロールしたい
なんとなく落ち着かない、そわそわして集中できない…不安の解消方法

不安な気持ちを無視するとうつ病の可能性も

あなたはこんな気持ちに悩んでいませんか?

  • ・理由も無いのに怖くなる
  • ・心がずっとモヤモヤしている
  • ・何故か落ち着かない
  • ・ずっとソワソワしてしまう

実は、これはすべて『不安』という感情が強いために起こり得る『心の悲鳴』なのです。
最近、無理をして仕事や学業、または人間関係を築いていませんか?
もししてしまっているのなら、それはすべて『ストレス』となり、蓄積されるとともに姿の見えない『大きな不安』に変わっていきます。
更にその『大きな不安』に気付かぬフリをして無理に仕事を続けてしまうと、うつ病などの精神疾患を患ってしまう可能性もあります。

そうならないためにはどうしたら良いのか?どんな対処法があるのか?このコラムではそういった『不安』の感情に支配されないための対処法をご紹介したいと思います。

不安な気持ちを和らげる方法

不安な心理を受け止めよう

この方法は一見難しそうに見えますが、実は一番シンプルで1人でも出来てしまうとても簡単な方法なのです。まずは不安を肯定し、『自分が不安なのは仕方ないこと』と共感してあげます。そうする事によって『自分は辛い思いをしている』と感じることが出来ます。何故『辛い思いをしている』と感じると良いのか? それは辛い思いをしていると感じる事によって『自分の出来る事の限界』を許すことが出来るからです。

「もっと」から解放される

あなたはこんな事を考えていませんか?

  • 「自分ならもっと出来るはず」
  • 「もっと仕事をしなければみんなに迷惑が掛かってしまう」
  • 「あの子は何をしたら喜ぶだろうか?もっといい自分を見せたい」

この言葉たちに共通する『もっと』という言葉。

それは良い意味で捉えれば自分を奮い立たせる合言葉となりますが、その逆でもあります。
自分が極限状態まで追い詰められているにもかかわらずこの『もっと』という言葉を考え、使ってしまうと自分の限界を突破し、辛い思いがいっきに膨れ上がります。
それは精神的にも肉体的にも言える事ですが、肉体的に限界突破をすると必ず『もう無理サイン』が表面上に出て来て訴えます。

しかし精神的な事になると『もう無理サイン』は自分で気付くか、肉体に支障が出るまで自分を追い詰めない限り周りの人たちは気付いてくれません。
肉体に支障が出るまで追い詰められてしまった心は何らかの『精神疾患』を患ってしまうことがあります。

そうならないために自分の限界に気付き、『もうこれ以上頑張らなくていいんだ。自分は充分頑張った』と自分の限界を『許し、褒めてあげる』という事をしてあげましょう。そうする事で少なからずこの『不安』は解消されるでしょう。

不安にならないための心作り

さて、先程は『不安な気持ちを和らげる』方法をお伝えしました。 では、そもそも不安にならないためには、どうしたら良いのでしょうか。
あなたは『不安』という気持ちを悪い方向ばかりに捉えていませんか?
実は、『不安』な気持ちはただ意味も無く心に湧き上がって来る感情ではないんです。 『不安』は自分の現在・未来を暗示した、いわゆる『危険信号』なのです。

  • ・今この状態で前に進んで本当に大丈夫ですか?
  • ・自分の行動に自信を持ててますか?
  • ・何かやり切れていない事があるのではないですか?

この様に自分の気持ち・行動に納得していない、又は満足していない。そういう時に自分の現在・未来を案じた気持ちが『不安』となり心に湧き出るのかもしれません。

そう思うと『不安』という気持ちも自分に危険を知らせてくれる、良い現象に思えてきませんか?
もし『不安』になってしまったら、なぜ自分は不安になっているのか?と自分を今一度見直してみてください。
そうする事によって自分の改善点を見つけられ、更には心を支配している『不安』も自然に消えて行きます。
しかし『もっと』は危険なので、自分の限界を見極め、頑張り過ぎない事も必要不可欠です。時には頑張った自分を褒めてあげてリフレッシュ休暇を取るのもいいですね。

質問に答えてマイカウンセラーを見つける

あなたにおすすめのコラム

>>> 同じカテゴリ(感情をコントロールしたい)のコラムをもっと見る
このページのトップへ