hidehide
お名前(ニックネーム可)
メールアドレス
パスワード
性別
すでに会員の場合はログイン
 »  »  » プロクラスティネーションって!?~先延ばし症候群~

プロクラスティネーションって!?~先延ばし症候群~

公開日 2015年03月11日 |
カテゴリ: 習慣を変えたい
プロクラスティネーションって!?~先延ばし症候群~

たいていの人は、仕事にとりかかるのをなにかしら先延ばしにした経験があるはずです。

さっさと仕事を終わらせてしまったほうが断然いいのに、ついテレビを観てしまったり、ネットサーフィンやマンガに逃げてしまったり……。このグズグズと先延ばしにする現象を心理学の用語で「プロクラスティネーション」といいます。

プロクラスティネーションによる金銭面のデメリット

グズグズ先延ばしにすると、結果として金銭的な損失を被ります。例えば、「レポート作成の着手を先延ばしにし、提出〆切に間に合わず、単位を落とし、留年した」大学生を例にとってみましょう。

留年すると学費が1年間分余計にかかるので、数十万~百万単位の損害です。それだけにとどまらず、留年したことによって就職活動の際、採用担当者がマイナスの評価を下すかもしれません。それによって社会に出てからも低賃金で働かざるを得ず、結果として数千万単位の損害になるかもしれません。

プロクラスティネーションによる健康面のデメリット

上記は極端な例だろうと思われるでしょうか。それでは、肥満などの生活習慣病はどうでしょうか。そうです。いわゆる「ダイエットは明日から」といった、健康管理の先延ばしが要因のひとつになっているのです。

肥満者の多くは、「痩せたい」と思っており、また、痩せるために食事制限や運動など、なんらかのアクションを起こさないといけないこともとうに熟知しています。しかし、目先の誘惑につい屈してしまい、痩せるという仕事を先延ばしにしているのです。結果として糖尿病などを発症し、健康面に悪影響を及ぼします。同様のことはお酒やタバコにも言えます。金銭的損害か、健康面での悪影響か、種類は異なりますが、先送りをしたツケは因果応報よろしく、必ずブーメランのように回ってきます。

プロクラスティネーションへの対策

1. とにかく作業を始めてみる

それが仕事であれば、とにかく「始めてみる」ことです。「作業興奮」という用語があります。これは、「イヤだな」と思う仕事でも、作業を始めて10分~15分経過すると意外とノッてくるという現象を差す言葉です。イヤイヤ始めた部屋の掃除が、いつの間にかノッてきて、すっかり部屋をキレイにしてしまった、という経験は誰にでもあるかと思います。「とりあえず10分!」と思って、仕事を始めてみましょう。

2. 「ダイエット宣言」をする/図書館で勉強する

人の目を利用しましょう。ダイエット宣言を友人・知人にしてしまえば、それを破ってしまった際に、自分の信用が損なわれるというデメリットがあるため、頑張れます。また、食べ過ぎを止めてくれるという具体的な効果もあります。

人間は人の目があると頑張れるもの。図書館での勉強はオススメです。要は、自分の意志によらず、外部の強制力を利用してしまうということです。

3. 「人生は有限である」ということを強く意識する

先延ばしをやめたほうがいいもっとも根源的な理由は、「人生は有限である」からです。仕事を先延ばしにしたっていいのです。あなたの人生が永遠に続くのであれば。人生はやがて終わりを迎えます。最期の日になって、「ああ、先延ばしばかりで、なにもしてない人生だった」とは思いたくありませんよね。できれば能率よく、いろいろなことを人生でやってみたいものです。そのためには、一刻も早くプロクラスティネーションをやめることです。

人生の選択をするのはあなた自身です。

あなたは、その仕事を「今」やりますか?それとも「明日」やりますか?

質問に答えてマイカウンセラーを見つける

あなたにおすすめのコラム

>>> 同じカテゴリ(習慣を変えたい)のコラムをもっと見る
このページのトップへ