hidehide
お名前(ニックネーム可)
メールアドレス
パスワード
性別
すでに会員の場合はログイン
 »  »  » うつ病だと思った時にまずおさえたい病院選びの4つのポイント

うつ病だと思った時にまずおさえたい病院選びの4つのポイント

公開日 2017年02月17日 |
カテゴリ: うつ病・憂うつな気分
うつ病だと思った時にまずおさえたい病院選びの4つのポイント

気分が落ち込み、食事や睡眠が充分にとれなくなっているという状態が続けば、ひょっとしたらうつ病かもしれません。そんな時は専門医を受診することをおすすめします。

でも、いざ受診となると「どこの病院に行けばいいのか」「精神科を受診するのは気が引ける」「心療内科でも診てもらえるのか」など気になることがいろいろありますね。ここでは、うつ病を診てもらう病院を選ぶ際の4つのポイントについて解説します。

「精神科」「心療内科」どう違うの?

内科や眼科など、わかりやすい診療科であれば迷うことはないのですが、心に関する不調について受診するとなると、「精神科」「心療内科」「メンタルヘルス科」などいろいろな名前の科があるので迷ってしまいますね。「精神科」と「心療内科」は似ているようで実は違います。「心療内科」はストレスなどが原因の体の病気を診る科になるので実は専門ではありません。うつ病かもしれない時に場合に受診するのは「精神科」になります。

しかし実際は、精神科医が心療内科も診察できるようスキルを磨いているという現状もあるので、心療内科を受診しても診察してもらえることが多いです。もし「心療内科で受診したい」場合は病院の看板をチェックしてみましょう。

「心療内科・精神科」と書かれてある場合は精神科医が、「心療内科・内科」と書かれている場合は内科出身の心療内科医であることを示しているので、参考にしてください。ほか、「メンタルヘルス科」「心の診療科」などの科名は精神科を親しみやすくしたものなので、選択肢に入れても大丈夫です。

クリニック、総合病院、精神科病院どれがいい?

医療機関は入院できるベッドの数で名称が変わります。厳密には19床以下をクリニック(診療所・医院)、20床以上を病院と呼びます。また、100床以上のベッドがあり、内科や外科などの一般診療科が一定数揃っている病院を総合病院といいます。そして大学病院は教育と研究機関を兼ねている病院をさします。

精神科の場合は精神科をメインに見る精神科病院があります。入院を考えるならば入院設備のある精神科病院が選択肢として考えられるでしょう。精神科病院というと、鍵のかかる部屋で拘束されるというイメージをお持ちの方もいるかもしれませんが、最近の精神科病院はストレスケア病棟という、ゆっくり心をいやせる温かい雰囲気の病棟がある病院も増えています。入院を検討される場合はそういった病棟があるところを探してもいいかもしれません。

糖尿病など持病がある場合は総合病院がいいでしょう。しかし、特定機能病院という、高度な機能を持つ病院に紹介状なしで受診した場合、「紹介状なし加算」という追加の医療費がかかる場合があります。

とりあえず通院で様子を見るならばクリニックを選択することになるでしょうか。夜間診療や土日の診療を行っているところが多いので、通いやすいという利点もあります。また、通院中に入院が必要になった場合は入院設備のある病院へ紹介してもらえるので安心です。

治療に通いやすいかどうかも大事

病院によっては、初診の患者さん用に診療時間が決まっていることがあります。また、予約が必要なことも少なくありません。受診前に電話などで聞いておくといいでしょう。また、初診の診察は詳しくお話を聞くために時間がかかります。多くは40分~1時間ぐらいでしょう。受診の予約を取る場合は、スケジュールに余裕を持たせておくといいです。

診察の結果、うつ病と診断された場合、数か月は受診に通うことが多いです。できれば自宅から近い、夜間診療があり仕事帰りに立ち寄れるなどの、通いやすい病院を選ぶのが理想的です。通いやすい病院だと、定期の受診日以外にも体調が変わった際、気軽に相談に行けるというメリットもあります。

医師の専門分野がわかればチェック

精神科医と言っても、治療方針はさまざまです。薬物療法を中心とした治療を行う医師もいれば、薬は最小限にとどめ、精神療法やカウンセリングをメインに行う医師もいます。病院のサイトに詳しく治療方針を載せている場合もありますが、実際に受診してみて医師の話を聞かないとわからない場合も。 ただし、どの治療法が患者さん自身の治療に合うかどうかは医師の判断になりますので、症状によっては希望が通らないこともあります。

心の不調も気軽に受診を

今の精神科は、昭和のころの精神医療のイメージとはずいぶん変わり、気軽に相談できる雰囲気があります。うつ病も重症化するとつらい時期を長く過ごさなくてはならなくなりますので、「おかしいな」と思った時点で早めに受診してください。

参考文献

精神科・心療内科の上手なかかり方がわかる本(渡辺登監修 講談社)

質問に答えてマイカウンセラーを見つける 今すぐ相談サービスはこちら

あなたにおすすめのコラム

>>> 同じカテゴリ(うつ病・憂うつな気分)のコラムをもっと見る
このページのトップへ