hidehide
お名前(ニックネーム可)
メールアドレス
パスワード
性別
すでに会員の場合はログイン
 »  »  » WAIS-Ⅲってなに!?~知能検査を知ろう~

WAIS-Ⅲってなに!?~知能検査を知ろう~

更新日 2018年10月02日 |
カテゴリ: 自分を変えたい
WAIS-Ⅲってなに!?~知能検査を知ろう~

知能検査というとIQ(知的能力)がわかる検査というイメージが強いのではないでしょうか。日本で行われる代表的な知能検査にはWAIS-Ⅲと田中ビネー検査が挙げられます。年齢に応じて各種検査がありますが、代表的なものはこの二つと思われておいてください。 では、WAIS-Ⅲで本当にIQがわかるのか、他にどんな目的があるのか詳しく見てみましょう。

WAIS-Ⅲってなに!?

WAISとはウェクスラー成人知能検査の略称で、1938年の登場から三回の改訂がされた知能検査です。日本での最新版がWAIS-Ⅲになります。この知能検査では、言語性知能と動作性知能という大きな二つの分類について知能を算出し、総合の知的能力が表されます。

受験の時に「偏差値」という数字を使いますね。偏差値50がIQ100と換算すると想像しやすいかもしれません。有名高校や有名大学になると偏差値70を超します。つまりはIQ140前後の人たちが通う学校と考えられます。

WAIS-Ⅲでは14項目の下位検査と呼ばれるカテゴリーがあり、それぞれの検査の得点が出ます。この得点のばらつきにより個人の性格や問題となるポイントが判明するのです。例えば国語や数学は得意なのに、社会や理科が苦手な人がいたとします。この人は頭を使って考えることが得意なのに、暗記力に問題があるのです。ということは、その場の対処はできるのにもかかわらず、継続的な作業が難しいということがわかるわけです。このようにして、たくさんの下位検査の得点のバランスから、特徴を調べることができる検査なのです。

どこで受けられるの?

現在では多くの医療機関で検査を受けることができます。代表的な診療科としては、精神科・神経科・心療内科など、心理士が在籍しているところになります。また、心理学の大学院に設置されている臨床心理センターでも検査を受けることができます。一般のカウンセリングルームでも準備しているところがありますので、尋ねてみてください。検査はとても長くかかります。早い人は90分で終わる人もいますが、平均すると2時間です。長い人になると3時間かかる方もいます。検査をする心理士の経験によって長さは変わりますが、おおむね2時間と考えておいてください。時間がそこまで取れないという人や、体調的に難しい場合は、数回に分けてすることも可能なので、心理士とよく相談してください。

お高いんでしょ?

検査項目が複雑で、結果をしっかりと出すことが難しいので、心理検査としては高めの金額になります。病院の保険診療の場合は三割の自己負担で1,350円です。個人のカウンセリングルームですと、8,000円前後となります。特異な所と苦手な所を組み合わせて結果を出すので、熟練の心理士から検査をしてもらうと、細かい結果が出ます。結果までの期間は約一週間です。

知能検査を受けてみたい

知能を知るために検査を受けるということは、医療機関では難しいと考えておいてください。知能は一つの指標であり、WAIS-Ⅲで判明した数値でしかないのです。そのため、検査結果でIQをお伝えしないことが多いです。この検査で判明する病気は、アスペルガー障害やADHDなどの疾患があるのではないかということです。さらに知的障害が存在するかどうかもわかります。おすすめするのは、仕事がうまくこなせないという悩みを抱えている方です。どこの能力に不得手があるのかが判明するので、職業選択や現職での工夫などがよくわかります。IQにこだわらず、自分の特徴をつかむための検査と考えましょう。

カウンセリングに興味が出てきた

cotreeのプログラムでは、カウンセリングやコーチングの専門家があなたの変化への道のりをサポートします。22の質問に答えることであなたにぴったりのカウンセラーがわかります。

質問に答えてマイカウンセラーを見つける

あなたにおすすめのコラム

>>> 同じカテゴリ(自分を変えたい)のコラムをもっと見る
このページのトップへ