不安で眠れないあなたに|すぐ試せる3つの方法と心が楽になる考え方

更新日 2018年11月13日 |
カテゴリ: 感情をコントロールしたい
不安で眠れないあなたに|すぐ試せる3つの方法と心が楽になる考え方

「心配事を考えだすと、夜眠れない...」と悩んでいる人も多いのではないでしょうか。睡眠が不十分なことによる業務効率低下や体調不良に頭を抱えている人もいるかもしれません。

ここでは、不安で眠れなくなる原因を考えた上で、解決に向けてすぐに試せる方法と心が楽になる考え方を紹介します。

不安で眠れなくなる原因

病気かもしれないなどといった心配事がある

「自分はもしかしたら何かの病気ではないか」といった心配事がある時、これからのことを考えると不安で眠れなくなることがある人も少なくありません。特に医療機関の受診前の場合、インターネットで自分で調べた不確かな情報に踊らされ、ますます不安になってしまうこともあるでしょう。

生理前や妊娠初期などホルモンバランスの乱れ

女性の場合、生理前や妊娠初期に見られるホルモンバランスの乱れにより、不安感が高まることがあります。

例えば、生理前になると感情が不安定になり、日常生活を正常に送るのが難しい状態になる人が、生理がある女性のおよそ1.2%いるといわれています。また、妊娠初期の人の場合は、自身の体調変化の戸惑いや流産の心配も含めて不安になりやすいと考えられます。このような不安から、なかなか眠れない状態に陥る人がいます。

参考サイト:生理前に特に気分が不安定!月経前不快気分障害(PMDD) | NHK健康チャンネル

転職やクラス替えなど環境の変化があった

転職やクラス替えなどの環境変化があり、「これからうまくやっていけるか」といった不安を感じている人もいます。新しい仕事や人間観家は、どんな人にとってもストレスを感じるものです。そのストレスをネガティブなものとして捉えがちな人は、不安で眠れなくなることもあるでしょう。

離婚や仕事のミスでストレスがかかっている

離婚や仕事のミスなどのストレスを抱えている人は、夜なかなか寝付けなかったり、ぐっすり眠れなかったりするかもしれません。抱えている課題について、考えれば考えるほど頭が冴えてしまうことが原因として考えられます。

夜間は不安になりやすい

たとえ心配事があったり、イライラしていたりしても、日中に人と話すことでなんとか気を紛らわしている人もいるでしょう。一方、就寝前といった1人で過ごす時間は、じっくり問題に向き合うことができると同時に、ネガティブな方向に考え始めると歯止めをかけられなくなることがあります。

身体に症状が出ることも

ストレスがたまり、ぐっすり眠れない状態が続くと、身体に次のような症状が出てくることがあります。

  • ・息苦しさ
  • ・動悸
  • ・吐き気
  • ・食欲不振

このような症状は、ストレスに耐えられなくなった身体からのSOSと考えられます。すぐ治るだろうとそのままにせず、医療機関の受診を検討しましょう。

毎日不安で眠れない時のもやもやを対処する方法

1. 何が不安なのかを言葉にする

もやもやとした不安を紙に書き出したり、人に話したりすることで、自分の頭の中を整理することができます。漠然と将来について不安だという人も、「金銭面で不安なのか」「結婚できるか心配なのか」など、もやもやを明確にすることで、解決方法を考えることができます。

相談できる人がいない、近しい人には話したくない場合は、気軽に相談できるオンラインカウンセリングサービスを利用する方法があります。例えばcotreeなら、1回45分5000円から、ビデオ/電話によるカウンセリングを受けられます。

2. 音楽やアロマで落ち着かせる

音楽やアロマなど自分が心地よいと感じるものを使って、1人の時間を充実させましょう。仕事や人間関係といった不安の原因から、頭を離れさせる時間や空間を作り出すことがポイントです。

3. 病院を頼ってみる

自分で様々な方法を試してみたにも関わらず、症状の改善が見られない時は、精神科や心療内科といった医療機関を受診しましょう。医師は患者に合わせた治療を施してくれます。

主な症状が精神症状の場合は精神科、身体的症状の場合は心療内科という違いがありますが、明確な住み分けはされていないため、どちらでも対応可能のようです。

不安で眠れない時は、ストレス解消が大切

人と話す時間をつくり孤独感をなくす

悩みを誰にも相談できない孤独感は、不安感を高めてしまいます。また、物事をネガティブに考える癖を持っている人の場合、1人で問題を抱え込むとますます不安になってしまうことがあります。人と会話を楽しんだり、相談したりすることで新たな見方や解決方法を見つけられることが期待できます。

出かけてリフレッシュする

仕事や学校生活にストレスを感じている場合、オンとオフをはっきりと区別することで気持ちを切り替えましょう。遠い場所でも近い場所でも、いつもと違う環境に身を置くことでリフレッシュすることができます。

趣味に没頭する

時間が経つのを忘れてしまうほど夢中になれる趣味がある人は、趣味に没頭できる時間を作りましょう。どんなに忙しくてもあえて趣味を楽しむ時間を作ることは、ストレス解消につながるだけでなく、いつも頑張っている自分を労わることにもつながります。

さいごに

今回は、不安で眠れなくなることがある人に向けて、その原因と解決ヒントを紹介しました。不安で眠れない状態が続くと、仕事や勉強のパフォーマンス低下だけでなく、体調不良にもつながる可能性があります。今回の記事をぜひ参考にしてみてください。

わたしってどんな人?

「また同じことでイライラしてしまった」「こうい人とのコミュニケーション苦手…」と感じることはありませんか?

いつも同じようなことで苦しむのは、自分が変われていないように思えて、辛いですよね。

もしかしたら、まず、自分のことを知るところから始めてみたら、少し楽になるかもしれません。

cotreeでは、あなたの性格タイプとあなたにぴったりのカウンセラーを、簡単な質問に答えるだけで診断できます。

無料で性格タイプを診断(1分)

あなたにおすすめのコラム

>>> 同じカテゴリ(感情をコントロールしたい)のコラムをもっと見る