hidehide
お名前(ニックネーム可)
メールアドレス
パスワード
性別
すでに会員の場合はログイン
 »  »  » 親子関係から読み解く「自分に自信が持てない」原因とは?

親子関係から読み解く「自分に自信が持てない」原因とは?

公開日 2015年06月13日 |
カテゴリ: 自信がない
親子関係から読み解く「自分に自信が持てない」原因とは?

自信がない、自信が持てないというのは多くの人が感じていることではないかと思います。特にうつ病や適応障害などになってしまうと、より一層自信を失ってしまうことが多くなります。しかし、なぜ一部の人は自信が持てなくなってしまうのでしょうか。そして、それに対してどう対処すればよいのでしょうか。

自分の人生(特に子ども時代)を振り返ってみる

これまでの自分の人生を振り返って、原因を丹念に探っていく作業をしてみましょう。自信を持つのに不可欠な自己肯定感(「あるがままの自分でいいんだ」、「あるがままの自分でも愛される資格がある」)という感覚は、子どものころに土台が形成されていきます。

この自己肯定感が育まれるためには、子どものころに関わる周囲の人たち、とりわけ親が重要な役割を果たします。親が自分を無条件で愛し、認めてくれたと感じることができたり、失敗しても受け入れてくれたりした経験のある子どもは、大人になってからも揺るぎない自己肯定感を抱くことができ、それが自信へとつながっていきます。

その一方で、親から無条件で愛情を受けることができなかった子どもは自己肯定感が育たず、自己嫌悪を植え付けられて成長することになることも多く、大人になってからもなかなか自信を持つことができなくなります。

例えば、親に怒られてばかりいた。身体的、精神的に虐待され、大きな心の傷を負った。素の自分では親から認められることがなかった。親から褒められたことがなかった。「あなたさえいなければ」、「男の子(女の子)だったらよかった」など、自身の存在を否定されていた。親の機嫌を良くしようと、自分を犠牲にしてでも「良い子」を演じていた。こういったケースでは大人になってからも自信が持てなくなってしまうことが多くなります。

また、親が過保護、過干渉で、自分の意思で何かを選択する機会がほとんど与えられず、いつも親から自分がやるべきことを与えられていたという場合も、自信が持てなくなることが多いようです。

自分の意思で何かを選択し、実行した場合には、その結果が成功であれ失敗であれ、その経験が自分のものとして獲得されます。失敗であってもそれは自分の意思に基づいたものですから貴重な経験となりますし、成功した場合には自分の意思のおかげで成功に至ったわけですから、偽りのない大きな喜びとして本人のもとに帰ってきます。そして、それも貴重な経験(成功体験)になり、自信にもつながっていきます。

つまり、失敗であっても成功であっても貴重な経験となるのです。

しかし、そういった自分で選ぶという経験が乏しく、いつも親からやるべきことを押しつけられてきた場合、それをやって仮に結果的に成功したとしても、それは自分のおかげなのか親のおかげなのかよく分かりませんから心から喜ぶことはできませんし、まして失敗した場合には親を恨んだり、自己嫌悪に陥ってしまい、それが自信の喪失にもつながってしまうのです。

自信を持つのに根拠はいらない

ここで今一度「自信」という言葉について考えてみましょう。「自信」とは文字通り「『自』分を『信』じる」ということです。ここで、「信じる」という言葉に注目してみましょう。「信じる」というのは、根拠がなくてもそれが本当だと強く思うことです。

例えば「神を信じる」という人は、神の存在が証明されたから信じる、というわけではないはずです。つまり「信じる」というのはその人の固い信念や決意を表すものであり、本来根拠はいらないものです。「自分を信じる」という「自信」も、根拠なく持ってもよいものではないでしょうか。

自分で自分を認める

大人になってからも自信が持てない人は、子どものころから親や周囲の人たちから認められたり愛されたりした経験が乏しいケースが多いと考えられます。そういった人は、自分で自分を認め、愛するように心がけてみましょう。

どんなに些細なことでも達成できたことについては自分を褒める。失敗したことであっても、自分の意思で誠実に行ったことについては、そのことに挑戦した自分を認める。こういったことを積極的に行ってみましょう。

自信のない人は失敗すると「自分はこんなこともできないダメな人間だ」という方向に思考が行きがちです。こうした思考の歪みを意識して、できるところから修正してみましょう。

おわりに

自信が持てないという人には必ず原因があります。これまでの人生を振り返って、どんな経験が自分から自信を奪ってしまったのか掘り下げてみましょう。自信を持つのに根拠は要りません。誰にだって自信を持つ権利があるはずです。意識して自分で自分を認めることから始めてみましょう。

質問に答えてマイカウンセラーを見つける

あなたにおすすめのコラム

>>> 同じカテゴリ(自信がない)のコラムをもっと見る
このページのトップへ